連続データを予測する

翌年の支出を予測する必要がある場合、または科学実験で一連の予測結果を予測する必要がある場合は、Microsoft Office Excel を使用して、既存のデータに基づいて将来値を自動的に生成したり、自動的に生成したりすることができます。線形傾向または指数曲線計算に基づく推定値。

[ フィル ハンドル ] または [連続データ] コマンドを使用して、単純な線形傾向や指数拡張の傾向に合わせて一連の値を入力することができます。 複雑なデータや非線形データを拡張するには、分析ツールアドインのワークシート関数または 回帰分析 ツールを使用できます。

連続する系列では、ステップ値、または系列の最初と次の値の差が開始値に追加され、後続の各値に追加されます。

選択セルの値

拡張線形系列

1、2

3、4、5

1、3

5、7、9

100、95

90、85

近似曲線の傾向を示す連続データを入力するには、次の操作を行います。

  1. 近似曲線の傾向を示す初期値が入力されている 2 つ以上のセルを選びます。

    傾向系列の精度を向上させるには、さらに多くの初期値を選択します。

  2. 値を増加させるか値を減らして、フィルハンドルをドラッグします。

    たとえば、セル C1: E1 の選択した開始値が3、5、8の場合は、フィルハンドルを右にドラッグして傾向の高い値を入力するか、左にドラッグして値を減らします。

ヒント: 連続データの作成方法を手動で制御するか、キーボードを使用して連続データを入力するには、[系列] ([ホーム] タブの [編集] グループの [塗りつぶし]) をクリックします。

乗算の連続データでは、開始値に step 値が乗算され、連続する次の値が取得されます。 結果として得られる製品と後続の各製品には、step 値が乗算されます。

選択セルの値

増え続ける連続データ

1、2

4、8、16

1、3

9、27、81

2、3

4.5、6.75、10.125

指数曲線の連続データを入力するには、次の操作を行います。

  1. 近似曲線の傾向を示す初期値が入力されている 2 つ以上のセルを選びます。

    傾向系列の精度を向上させるには、さらに多くの初期値を選択します。

  2. マウスの右ボタンを押しながら、値を増加させるか値を減らしてフィルハンドルをドラッグし、マウスボタンを離して、[ ショートカット メニューの [連続データ] をクリックします。

たとえば、セル C1: E1 の選択した開始値が3、5、8の場合は、フィルハンドルを右にドラッグして傾向の高い値を入力するか、左にドラッグして値を減らします。

ヒント: 連続データの作成方法を手動で制御するか、キーボードを使用して連続データを入力するには、[系列] ([ホーム] タブの [編集] グループの [塗りつぶし]) をクリックします。

[連続データの作成] コマンドをクリックすると、線形傾向または増加傾向の作成方法を手動で制御できます。次に、キーボードを使用して値を入力します。

  • 連続する系列では、最小二乗アルゴリズム (y = mx + b) に開始値が適用されて、系列が生成されます。

  • 乗算の連続データでは、指数曲線アルゴリズム (y = b * m ^ x) に開始値が適用されて、系列が生成されます。

どちらの場合も、ステップ値は無視されます。 作成される系列は、TREND 関数または GROWTH 関数によって返される値と同じです。

値を手動で入力するには、次の操作を行います。

  1. 連続データを開始するセルを選択します。 このセルには、系列の最初の値が含まれている必要があります。

    [連続データの作成] コマンドをクリックすると、選択されている元の値が連続データとして置き換えられます。 元の値を保存する場合は、別の行または列にコピーしてから、コピーした値を選択して連続データを作成します。

  2. [ホーム] タブの [編集] で [フィル] をクリックし、[連続データの作成] をクリックします。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • ワークシートの下方向に連続データを入力するには、[] をクリックします。

    • ワークシート上で連続データを入力するには、[] をクリックします。

  4. [増分値] ボックスに、連続データを増加させる値を入力します。

連続データの種類

増分値の結果

線形

ステップ値は最初の開始値に追加され、後続の各値に追加されます。

乗算

最初の開始値には、step 値が乗算されます。 結果として得られる製品と後続の各製品には、step 値が乗算されます。

  1. [種類] で [線形または増加率] をクリックします。

  2. [停止値] ボックスに、連続データの作成を停止する値を入力します。

注: 一連の開始値が複数ある場合に、Excel で trend を生成するには、[傾向] チェックボックスをオンにします。

傾向を予測する既存のデータがある場合は、グラフに 近似曲線 を作成できます。 たとえば、年の最初の数ヶ月の売上データを表示するグラフを Excel で使用している場合、グラフに近似曲線を追加することができます。これは、売上高の一般的な傾向 (増加または減少、または単調)、または前月の予測された傾向を示します。

この手順では、既存のデータを基にしたグラフを既に作成していることを前提としています。 この作業をまだ行っていない場合は、「グラフを作成する」を参照してください。

  1. グラフをクリックします。

  2. 近似曲線 または 移動平均を追加する データ系列 をクリックします。

  3. [レイアウト] タブの [分析] グループで [近似曲線] をクリックし、目的の回帰近似曲線または移動平均の種類をクリックします。

  4. 回帰近似曲線または移動平均のオプションや書式を設定するには、近似曲線を右クリックし、ショートカットメニューの [近似曲線の書式設定] をクリックします。

  5. 必要な近似曲線のオプション、線、および効果を選択します。

    • [多項式近似] を選択した場合は、[次数] ボックスに、独立変数の最大のべき乗を入力します。

    • [移動平均] を選択した場合は、[区間] ボックスに移動平均の計算に使用する区間数を入力します。

注: 

  • [系列に基づく] ボックスには、近似曲線をサポートするグラフのすべてのデータ系列が一覧表示されます。 別の系列に近似曲線を追加するには、ボックス内の名前をクリックし、目的のオプションを選択します。

  • 移動平均を散布図に追加する場合、移動平均はグラフで x の値をプロットする順序に基づいて計算されます。 目的の結果を得るには、移動平均を追加する前に x の値を並べ替える必要がある場合があります。

剰余の計算やプロットなど、より複雑な回帰分析を実行する必要がある場合は、分析ツールアドインの回帰分析ツールを使用できます。 詳細については、「分析ツールを読み込む」を参照してください。

Web 用 Excelでは、ワークシート関数を使用して一連の値を予測したり、フィルハンドルをクリックしてドラッグし、数値の線形傾向を作成したりすることができます。 ただし、フィルハンドルを使用して、連続データを作成することはできません。

次に、フィルハンドルを使用して Web 用 Excelで数値の線形近似曲線を作成する方法について説明します。

  1. 近似曲線の傾向を示す初期値が入力されている 2 つ以上のセルを選びます。

    傾向系列の精度を向上させるには、さらに多くの初期値を選択します。

  2. 値を増加させるか値を減らして、フィルハンドルをドラッグします。

    線形連続データを入力する

FORECAST 関数を使用する    予測関数は、既存の値を使用して、将来の値を計算または予測します。 予測する値は、指定した x の値に対する y の値です。 既存の x と既存の y から得られる回帰直線上で、x の値に対する従属変数 (y) の値を予測します。 この関数を使うと、将来の売上高、在庫要件、およびコンシューマーの傾向を予測することができます。

TREND 関数または GROWTH 関数を使用する    TREND 関数と GROWTH 関数を使用すると、既存のデータに最も近い直線または指数曲線を延長する将来のy値を予測することができます。 また、最も適合する直線または曲線の既知のx値に基づいて、 yの値のみを返すこともできます。 既存のデータを説明する直線または曲線をプロットするには、TREND 関数または GROWTH 関数によって返される既存のx値とy値を使用します。

LINEST 関数または LOGEST 関数を使用する    LINEST 関数または LOGEST 関数を使用して、既存のデータから直線または指数曲線を計算できます。 LINEST 関数と LOGEST 関数は、最も近似線の傾きと切片を含む、さまざまな回帰の統計情報を返します。

次の表には、これらのワークシート関数に関する詳細情報へのリンクが含まれています。

関数

説明

予測

プロジェクト値

よる

直線の傾向線に合わせて値を予測する

GROWTH

指数曲線に収まるプロジェクト値

LINEST

既存のデータから直線を計算する

LOGEST

既存のデータから指数曲線を計算する

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×