連続データを予測する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Excel Online ではワークシート関数を使用して連続データを予測できます。また、フィル ハンドルをクリック、ドラッグして数値の連続データを作成できます。 ただし、フィル ハンドルを使用して乗算の連続データは作成できません。

Excel Online でフィル ハンドルを使用して数値の連続データを作成する方法をここで紹介します。

  1. 近似曲線の傾向を示す初期値が入力されている 2 つ以上のセルを選びます。

    傾向を示す連続データをより正確に自動入力する場合は、さらに多くの初期値を選びます。

  2. データの増加または減少を自動入力する方向に、フィル ハンドルをドラッグします。

    線形連続データを入力する

関数を使用して値を予測する

FORECAST関数では、計算の場合、または、既存の値に基づいて、将来の値を予測します。予測値は、特定の x の値の y の値です。既知の値は、既存の x の値と y の値、および回帰を使用して新しい値を予測します。この関数を使用すると、将来の売り上げ高、在庫要件については、コンシューマー傾向を予測します。

近似曲線およびGROWTH関数では、拡張直線や指数曲線の既存のデータを最も近い将来の y の値を予測できます。のみ y の値、直線または曲線の既知の x の値に基づいてを返すこともできます。線または既存のデータを示す曲線をプロットするには、既存の x 値と y の値は、近似曲線や GROWTH 関数から返されたを使用します。

Linest 関数またはLOGEST関数を使用して、直線または既存のデータから指数曲線を計算することができます。LINEST 関数と LOGEST 関数は、さまざまな回帰直線の傾きと最も適合する直線の切片を含むを返します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×