連絡先の誕生日または記念日を追加する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

誕生日や記念日は、Outlook の連絡先ごとに管理できます。どちらの日付も、毎年定期的に発生する終日イベントとして保存され、予定表および To Do バーに表示されます。

誕生日または記念日を入力するには、次の操作を行います。

  1. 開いている連絡先で、[連絡先] タブの [表示] で [詳細] をクリックします。

Outlook 連絡先のリボンの [表示] グループ

  1. [誕生日] ボックスまたは [記念日] ボックスに日付を入力します。

Outlook の連絡先の詳細ビュー

誕生日および記念日のアラーム

既定では、誕生日や記念日にアラームが追加されます。予定表アラームの既定時間 Backstage ビューの設定に基づいて、アラームが表示されます。既定値は 15 分、アラーム終日のイベントが予定表の日の開始する前に、15 分を表示、15 分の午前 0 時の前にします。

誕生日と記念日のアラームをさらに早めるには、予定表の定期的なアイテムを開き、アラーム時刻を変更します。

  1. 予定表で、Ctrl キーを押しながら G キーを押して日付を入力します。

誕生日または記念日が、指定した日の予定表グリッドの上部に表示されます。

  1. 誕生日または記念日をダブルクリックして、[定期的なアイテムを開く] ダイアログ ボックスを開きます。

  2. [定期的なアイテムとして開く] をクリックし、[OK] をクリックします。

  3. [定期的なイベント] タブの [オプション] で [アラーム] の時間を変更します。

アラームの時間は、イベントの 2 週間前までクリックできます。

  1. [アクション] の [保存して閉じる] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×