連絡先のプレゼンスを確認して連絡先に IM を送信する

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。
このビデオでは、プレゼンス インジケーターと、Skype for Business を使用する他のユーザーに IM を送信する方法について説明します。

同僚とコーヒーで休憩する場合を考えます。

同僚が対応可能であるかどうかを確認します。

  1. Skype for Business のメイン ウィンドウで、連絡先リストをスクロールし、同僚を見つけます (その同僚がまだ連絡先リストに存在しない場合は、このページの [前へ] をクリックして、最後のモジュール「連絡先を追加する」に戻ります)。

  2. 同僚の丸いプロファイル写真を確認します。写真の右下に緑色の点がある場合、その同僚は通常はコンピューターでの作業中であり、コーヒー休憩に応じる可能性が高いと考えられます。

コーヒー休憩するかどうかをたずねる IM を送信します。

  1. クイック メニューにアクセスするには、写真の上にマウスを置きます。

  2. IM ボタン [IM] ボタン をクリックします。

  3. IM ウィンドウで、「時間があればコーヒー休憩でもどう?」と入力します。

注: コーヒーを飲まないのであれば、適切な飲み物を選んで置き換えます。

一般的なプレゼンス インジケーター

表示される可能性があるプレゼンス インジケーターは数多くあります。最も頻繁に表示されるインジケーターは以下のとおりです。

プレゼンス インジケーターの表

さらに詳しく

Skype for Business では、自分の同僚が連絡可能であるかを確認したり、自分の状態を変更したりすることができます。

3 つの最も一般的な状態インジケーターは黄色で、それぞれ [連絡可能]、[取り込み中]、[退席中] を意味します。

Skype for Business はこれらのインジケーターを、アクティビティと Outlook のカレンダーに基づいて変更します。

Bonnie が連絡可能なので、インスタント メッセージを送信できます。

写真の上にマウス カーソルを合わせると、これらのボタンが表示されます。

最初の 1 つをクリックして、IM を開始します。

ユーザーの名前の隣に詳細情報が表示されることがよくあります。

Kari は電話会議中で、Rob は終日外出のようです。

2 つの他のインジケーターは、[応答不可] と [オフライン] です。

Skype for Business は、自分が発表しているときの在籍情報を自動的に [応答不可] に設定します。これにより、プレゼンテーションが IM や電話によって中断されることがなくなります。

Skype for Business をサインアウトすると、[オフライン] として表示されます。

下向きの矢印をクリックしてプレゼンスを手動で設定できます。

この機能は、取り込み中のときに、自分を退席中または応答不可として表示する場合に役立ちます。

ここをクリックして追加するか、他のユーザーに自分の場所を示します。

または、タイトル バーの下をクリックして、個人的な考えや自分の状態の詳細情報を入力します。

ユーザーが [外出中] であることを示す、紫のドットが連絡先の名前の隣に表示されます。

ただし、この状態でもそれらの連絡先に IM を送信することはできます。連絡先のユーザーはメッセージを不在着信した会話として電子メールで受信し、オンラインまたは連絡可能の状態に再び戻るときにそれらのメッセージを確認することになります。

Skype for Business の在籍状態インジケーターによって、自分が連絡可能になると全員が知ることができます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×