連絡先に証明書を追加またはインポートする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

注: この記事は既に役割を終えており、間もなく提供終了となります。Microsoft では、「ページが見つかりません」の問題を避けるために既知のリンクを削除しています。このページへのリンクを作成された場合は、同様に、この問題を避けるためにリンクを削除してください。

Microsoft Outlookは、暗号化電子メール メッセージングより安全なコミュニケーションを実現するために、証明書を使用します。送信電子メール メッセージを受信すると、暗号化を使用するには、最初証明機関 (CA) から、 デジタル IDを取得する必要があります。メッセージに送信者の証明書と公開キーを適用するメッセージにデジタル署名します。証明書は、その受信者に認証するために、メッセージと共に送信されます。

証明書には連絡先の公開キーが含まれています。証明書を連絡先リストに追加またはインポートすると、証明書を使用して、その連絡先から受信したデジタル署名されたメールを検証できます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

連絡先と連絡先リストに電子メール メッセージで受信した証明書を追加します。

証明書を連絡先リストにインポートします。

証明書をグローバル アドレス一覧に追加します。

連絡先と電子メール メッセージで受信した証明書を連絡先リストに追加する

  1. 受信者からのデジタル署名付きのメッセージを開きます。

  2. [差出人] ボックスの名前を右クリックし、ショートカット メニューの [Outlook の連絡先に追加] をクリックします。

  3. 差出人の連絡先が既に登録されている場合は、[選択した連絡先の情報を更新する] をクリックします。

注: 

  • 連絡先の証明書を表示するには、[連絡先] フォルダで連絡先をダブルクリックして開き、[証明書] タブをクリックします。

  • 証明書] タブを表示したときに、連絡先の証明書 (.cer) ファイルを Outlook にインポートするには、インポート] をクリックします。連絡先に送信する添付ファイルとしては、通常は、証明書をインポートします。

ページの先頭へ

証明書を連絡先リストにインポートする

  1. [連絡先] で、証明書をインポートする連絡先の連絡先フォームを開きます。

  2. [連絡先] タブの [表示] で [証明書] をクリックし、[インポート] をクリックします。

  3. 目的の証明書ファイルを見つけて選択し、[開く] をクリックします。

注: 証明書ファイルには、.p7c または .cer のファイル拡張子が付きます。

ページの先頭へ

証明書をグローバル アドレス一覧に追加する

この機能では、Microsoft Exchange Server 2000、Exchange Server 2003 または Exchange Server 2007 のアカウントを使用する必要があります。大部分のホーム ユーザー アカウントおよび個人用アカウントは Microsoft Exchange を使用していません。

  1. [ツール] メニューの [セキュリティ センター] をクリックします。

  2. [電子メールのセキュリティ] をクリックします。

  3. [グローバル アドレス一覧に発行] をクリックします。

注: 

  • サーバーは、各ユーザーの証明書をグローバル アドレス一覧に自動的に保存することで、暗号化された電子メール メッセージを組織内で簡単に交換できるようにします。また、使用するコンピュータに証明書を保存し、それをグローバル アドレス一覧に発行することで、発行元の異なる既定の暗号証明書を追加することもできます。

  • グローバル アドレス一覧に証明書を発行するときには、現在のセキュリティ設定が使用されます。セキュリティ設定が設定されていない場合、証明書はグローバル アドレス一覧から削除されます。

  • 期限切れなどでグローバル アドレス一覧の証明書を置き換えるときは、使用するコンピュータに新しい証明書をインストールしてから、上記の手順で証明書を発行します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×