通話の発信と着信

通話の発着信は、Office Communications Server Attendant で実行する最も一般的なタスクです。その手順は、インスタント メッセージの送受信に似ています。詳細については、「インスタント メッセージの送受信」を参照してください。

通話を開始する

[連絡先リスト] にある相手に電話をかけるには、相手の名前をダブルクリックするか、名前の横にある電話アイコンをクリックします。

既定では、[連絡先リスト] で名前をダブルクリックすると、その相手への通話が発信されます。既定を変更して、ダブルクリックによって通話の代わりにインスタント メッセージが送信されるように設定できます。ツール バーの [オプション] アイコンをクリックし、ドロップダウン リストで [オプション] をクリックして、[アクションと通知] タブをクリックします。[連絡先をダブルクリックしたときに実行する操作] の横のドロップダウン リストで、[インスタント メッセージの送信] をクリックします。

連絡先を検索するには、[検索] ボックスに名前を入力します。名前を入力すると、一致する名前が [連絡先リスト] に表示されます。

電話番号を使用して電話をかけるには、[検索] ボックスに番号を入力し、検索結果をダブルクリックします。

通話に応答する

他のユーザーから着信があると、メイン ウィンドウの [着信] 領域に通知が表示されます。この着信に応答するには、通知上の任意の場所をダブルクリックするか、[承諾] をクリックします。

注: 同じ発信者が繰り返し電話をかけてきた場合 (つまり、同じ連絡先が 30 分以内に 2 回以上電話をかけてきた場合) は、異なる着信通知が表示されます。通知をダブルクリックするか、[承諾] または [辞退] をクリックして、通常の通知の場合と同じように通話に応答してください。

通話中に実行可能なタスク

着信に応答すると、通話は [アクティブ] 領域に表示されます。通話コントロールを使用すると、次のようなさまざまなタスクを実行できます。

  • 通話を保留にする

  • 通話を転送する

  • 通話を受信者に取り次ぐ前に相談する

  • 他のユーザーを通話に招待する

  • 通話を終了する (電話を切る)

通話を辞退する

音声通話を辞退するには、着信通知で [辞退] をクリックします。ボイス メールが使用可能な場合は、通話がボイス メールにリダイレクトされます。

ボイス メールにリダイレクトする

通話をボイス メールにリダイレクトするには、着信通知で [ボイス メールに送信] をクリックし、別の電話番号または [ボイス メール] をクリックします。

注: このオプションは、安全な転送では使用できません。

注: ボイス メールが使用できない場合は、システム管理者に問い合わせてください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×