通知オプションの設定

[Lync - オプション] ダイアログ ボックスを使用して、Microsoft Lync Online 通信ソフトウェアで、問題発生時に表示される通知の一部をカスタマイズできます。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

通知オプションを開く

連絡先として追加されたときの通知を設定する

応答不可オプションを設定する

通知オプションを開く

Lync メイン ウィンドウから、次の 2 つの方法のいずれかにより、通知オプションを開くことができます。

  • [オプション] をクリックし、[通知] をクリックします。

  • [オプション] の隣にある [メニューを表示] 矢印をクリックし、[ツール]、[オプション]、[通知] の順にクリックします。

ページの先頭へ

連絡先として追加されたときの通知を設定する

既定では、自分がだれかの連絡先として追加されると、その承諾を求める通知が届きます。その後、その相手を自分の連絡先リストに追加して、プライバシー関係を割り当てることができます。必要に応じて、このような招待通知を自動的に承諾するように設定することも可能です。この設定により、その連絡先には [仕事仲間] の関係が自動的に割り当てられます。

  • 通知オプションを開き、自分が連絡先として追加されたときに通知を受けないようにするには、[だれかの連絡先リストに追加された場合に通知する] チェック ボックスをオフにします。

ページの先頭へ

応答不可オプションを設定する

非常に忙しいときには、割り込まれることが少なくなるよう、状態を [応答不可] に設定しておくと便利です。ただし、重要な連絡先からの連絡のみは受けたい場合もあります。そのために、[ワークグループ] 関係を割り当てた連絡先 (通常は最も近い関係にある仕事仲間) について例外を設定できるようになっています。

通知オプションを開いて、次のいずれかの操作を行います。

  • 自分の状態を [応答不可] に設定したときに、割り込まれないようにすべての Lync 通知を非表示にするには、[通知を表示しない] をクリックします。

  • 自分の状態を [応答不可] に設定したときに、ワークグループのメンバーから送られる会話への招待のみを表示し、その他の通知をすべて非表示にするには、[「ワークグループ」のプライバシー関係の人からの会話の通知のみ表示する] をクリックします。

  • 自分の状態を [応答不可] に設定したときに、通知をすべて表示し、会話への招待の表示はワークグループのメンバーから送られたものだけに制限する場合は、[すべての通知を表示するが、会話の通知は「ワークグループ」のプライバシー関係の人からの通知のみを表示する] をクリックします。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×