通信を管理する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

SharePoint Workspace の通信は、通信マネージャーで管理します。通信マネージャーを開くには、[ファイル] タブの [情報] をクリックします。次に、[接続設定] をクリックし、[通信マネージャー] をクリックします。

ヒント: 通信マネージャーは、タスク バーの SharePoint Workspace アイコンをクリックし、[通信マネージャー] をクリックして表示することもできます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

データ通信を表示します。

通信が一時停止します。

オフライン作業

表示またはネットワークの設定を更新します。

データ通信を表示する

通信マネージャーでは、全体的な通信状態、ワークスペースごとの通信状態、およびその他メッセージや招待などの処理ごとの通信状態が表示されます。ウィンドウの上部にあるデータ カウンターでは、現在送信中および受信中のデータ量が示されます。データ カウンターの左側に表示される状態メッセージでは、現在の通信状態が報告されます。次の表は、表示される状態メッセージの一覧です。

通信状態

状態メッセージ

正常に通信中

オンライン作業中で、通信処理は一時停止されていません。

正常に通信中 (ただし一部の処理は一時停止中)

オンライン作業中で、1 つ以上の通信処理が一時停止されています。

オフライン作業中 (yyyy/mm/dd/ hh:mm 以降)

オフライン作業中です。この状態が始まった時点が表示されます。

オフライン作業の準備をしています

オンライン作業からオフライン作業に移行中です。

オンライン作業の準備をしています

オフライン作業からオンライン作業に移行中です。

通信不能 (yyyy/mm/dd/ hh:mm 以降)

ローカル IP アドレスを検出できせん。この状態が始まった時点が表示されます。

通信なし (yyyy/mm/dd/ hh:mm 以降)

通信の試みがすべて失敗しました。この状態が始まった時点が表示されます。

ワークスペース別または処理別に通信を表示する

通信マネージャーの [処理] テーブルには、ワークスペース、メッセージ、および招待に関する状態情報が表示されます。また、このコンピューターに他のアカウントがある場合は、その状態情報も表示されます。

次の表は、各種の処理と状態メッセージの一覧です。

処理

状態メッセージ

Workspa 記入を同期します。

アイドル状態: SharePoint Workspace では、ワークスペースに対するデータの送受信を待機しています。一時停止中: ワークスペースは現在一時停止しています。

残りの送信データ: <データ>、残りの受信データ: <データ>: 現在送受信中のデータの量。

変更内容を統合しています: データをワークスペースに統合中です。

一時停止中: 残りの送信データ: <データ>、残りの受信データ: <データ>: データの送信または受信途中でワークスペースを一時停止しました。

<ワークスペース名> を送信しています

残りの送信データ: <データ>: SharePoint Workspace は、ワークスペースを送信中です。まだ送信されていないデータがあります。

一時停止中: 残りの送信データ: <データ>: データの送信中にワークスペースを一時停止しました。まだ送信されていないデータがあります。

<ワークスペース名> を受信しています

残りの送信データ: <データ>: SharePoint Workspace はワークスペースをインストール中です。まだ受信されていないデータがあります。

一時停止中: 残りの受信データ: <データ>: データを受信中にワークスペースを一時停止しました。まだ受信されていないデータがあります。

メッセージと招待

アイドル状態: SharePoint Workspace では、メッセージまたは招待の送受信を待機中です。

残りの送信データ: <データ>、残りの受信データ: <データ>: SharePoint Workspace で現在送受信中のメッセージまたは招待のデータ量。

一時停止中: メッセージ機能は現在一時停止中です。

一時停止中: 残りの送信データ: <データ>、残りの受信データ: <データ>: データの送信または受信途中でメッセージ機能を一時停止しました。

その他の通信

残りの送信データ: <データ>、残りの受信データ: <データ>: ワークスペースおよびメッセージの処理以外で送信中または受信中のデータ量。

ページの先頭へ

通信を一時停止する

選択したワークスペースまたはメッセージや招待の通信を一時停止できます。大量のデータの送受信を延期する場合などに必要です。

ワークスペースまたは処理の通信を一時停止するには、該当するチェック ボックスをオフにします。ワークスペースまたは処理の状態メッセージが "一時停止中" に変更されます。通信を再開するには、該当するチェック ボックスをオンにします。

また、[すべて一時停止] をクリックすると、すべてのワークスペースおよびメッセージ処理の通信を同時に一時停止できます。この機能は、多数のワークスペースがある場合に、1 つ (または少数) のワークスペースを除くすべてのワークスペースの通信を一時停止する場合に便利です。[すべて一時停止] をクリックした後に特定のワークスペースのチェック ボックスをオンにすると、そのワークスペースの通信を再開できます。

ワークスペースまたは通信のアクティビティを一時停止する場合は、受け取る受信データ SharePoint Workspace のクライアントが静的 IP アドレスのモードを使って通信する場合とします。

  • 一時停止したワークスペースの他のメンバーが以前のバージョンの SharePoint Workspace を実行している場合

  • 以前のバージョンの SharePoint Workspace を実行している連絡先からメッセージまたは招待が送信される場合

注: SharePoint Workspace クライアントが中継サーバーを介して通信している場合は、ワークスペースまたは通信処理を一時停止すると、データは受信されません。

ページの先頭へ

オフラインで作業する

オフライン作業により、すべての SharePoint Workspace データ通信が中断され、他の SharePoint Workspace ユーザーに対して "オフライン" という状態が表示されます。

オフライン作業は、更新を送受信せずにローカルで作業する場合、および一時的に切断中であることを他のユーザーに知らせる場合に特に便利です。

オフラインで作業を開始するには、オフライン作業通信マネージャーでの] をクリックします。次のようには、Windows 通知領域の変更内容の SharePoint Workspace アイコン: Groove のオフライン アイコン

オンライン作業を再開するには、通信マネージャーで [オンライン作業] をクリックします。

ヒント: タスク バーの SharePoint Workspace アイコンをクリックして [オフライン作業] をクリックして、オフライン作業とオンライン作業を切り替えることもできます。

ページの先頭へ

ネットワーク設定を表示または更新する

自分のアカウントの ID に関するネットワーク設定または診断情報は、通信マネージャーで表示できます。診断情報は、テクニカル サポートを受ける際に必要になる場合があります。また、ネットワーク アドレスは、自動アドレス (自動的にコンピューターに割り当てられるデバイス URL) と静的アドレス (指定したデバイス URL) を切り替えることができます。

自分の設定を表示する

他の SharePoint Workspace ユーザーとの通信に自分の ID で使用されているネットワーク設定を表示またはコピーするには、次の操作を行います。

  1. 通信マネージャーを開きます。

  2. [ネットワーク設定] をクリックします。

    [ネットワークの詳細設定] ダイアログ ボックスに、選択した ID のネットワーク設定が表示されます。別の ID のネットワーク設定を表示するには、その ID を一覧から選択します。

  3. 別のアプリケーションに貼り付けることができるように、[クリップボードにコピー] をクリックして、ネットワーク設定の一覧全体をコピーします。

  4. [OK] をクリックします。

ネットワーク アドレスを変更する

[ネットワークの詳細設定] ダイアログ ボックスでは、使用しているコンピューターのネットワーク アドレスを変更することもできます。

  1. [<コンピューター名> のネットワーク アドレス] をクリックし、[変更] をクリックします。

  2. [自動] (既定値) または [指定] をクリックします。[指定] をクリックした場合、表示されたボックスに新しいアドレスを入力します。

    注: [指定] をクリックした場合は、すべてのデバイスで静的 IP アドレスを使用する必要があります。

  3. [OK] をクリックします。

    SharePoint Workspace では、静的アドレスが検証され、無効な場合は警告が表示されます。アドレスが有効な場合は、[ネットワークの詳細設定] ダイアログ ボックスのデバイスの一覧が更新され、変更が反映されます。

  4. [OK] をクリックします。

自動 IP アドレスに切り替えると、SharePoint Workspace では、静的 IP アドレスが削除されて、コンピューターに存在するデバイスが復元され、以前の中継サーバー情報が復元されます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×