送信済み電子メール メッセージの保存場所を変更する

送信済み電子メール メッセージの保存場所を変更する

Outlook では、送信したメール アイテムが保存されるフォルダーを指定できます。

Windows 用の Outlook 2016 および Outlook 2013 は Exchange ActiveSync (EAS) を使って Outlook.com (旧称 Hotmail) に接続しますが、Outlook.com では送信されたメッセージは送信元のフォルダーに保存されません。代わりに、[送信済みアイテム] フォルダーに保存されます。IMAP アカウントを使っているときは、送信済みメール メッセージの保存場所を変更できませんが、送信済みメッセージの保存を完全にオフにすることはできます。

Outlook.com アカウントや別の Exchange ActiveSync アカウントではないメール アカウントを持っている場合は、次の手順に従って、送信元フォルダーに送信メッセージを保存できます。

Exchange アカウントを使っているときに、送信済みメール メッセージの保存場所を変更する

  1. [ファイル]、[オプション]、[メール] の順にクリックします。

  2. [メッセージの保存] で、[送信済みアイテム フォルダーにメッセージのコピーを保存する] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。

  3. [受信トレイにないメッセージに返信した場合、その返信を元のメッセージと同じフォルダーに保存する] チェック ボックスをオンにします。

    元のフォルダーへのアイテムの保存

IMAP メール アカウントで送信済みアイテムの保存をオフにする

Outlook で IMAP アカウントを使っている場合は、送信したメッセージが 2 回保存されることがあります。これを解決するには、Outlook で送信済みアイテムの保存をオフにすることができます。

  1. [ファイル] メニューで、[アカウント設定]、[アカウント設定] の順にクリックします。

  2. [IMAP] を選び、[変更] をクリックします。

  3. [詳細設定] をクリックします。

  4. [インターネット電子メール設定] ダイアログ ボックスで、[詳細] タブをクリックし、[送信済みアイテムのコピーを保存しない] チェック ボックスをオンにします。

Exchange アカウントを使っているときに、送信済みメール メッセージの保存場所を変更する

既定では、送信した各メッセージのコピーは [送信済みアイテム] フォルダーに保存されます。

受信トレイ以外のフォルダーに保存されたメール メッセージに返信または転送する場合、送信済みメッセージのコピーを、元のメッセージと同じフォルダーに保存するように Outlook を設定できます。

  1. [ファイル]、[オプション]、[メール] の順にクリックします。

  2. [メッセージの保存] で、[送信済みアイテム フォルダーにメッセージのコピーを保存する] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。

  3. [受信トレイにないメッセージに返信した場合、その返信を元のメッセージと同じフォルダーに保存する] チェック ボックスをオンにします。

    元のフォルダーへのアイテムの保存

送信済みメッセージの保存場所を変更する (IMAP メール アカウントを使う場合)

  1. [ファイル] メニューで、[アカウント設定]、[アカウント設定] の順にクリックします。

  2. Exchange アカウント以外のメール アカウントをクリックし、[変更] をクリックします。

  3. [詳細設定] をクリックします。

  4. [インターネット電子メール設定] ダイアログ ボックスの [送信済みアイテム] タブをクリックします。

    [送信済みアイテム] タブでのフォルダーの選択

  5. [送信済みアイテムをサーバーの次のフォルダーに保存する] をクリックしてフォルダー一覧を展開し、フォルダーをクリックします。

    または、カスタム フォルダーを選んで送信済みアイテムを保存するには、[送信済みアイテムをサーバーの次のフォルダーに保存する] をクリックし、[新しいフォルダー] または [他のフォルダー] をクリックします。

Exchange アカウントを使っているときに、送信済みメール メッセージの保存場所を変更する

既定では、送信した各メッセージのコピーは [送信済みアイテム] フォルダーに保存されます。

受信トレイ以外のフォルダーに保存されたメール メッセージに返信または転送する場合、送信済みメッセージのコピーを、元のメッセージと同じフォルダーに保存するように Outlook を設定できます。

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックし、[初期設定] タブの [メール オプション] をクリックします。

  2. [メッセージの取り扱い] の [送信済みアイテム フォルダーにメッセージのコピーを保存する] チェック ボックスをオンにする必要があります。

    メッセージ処理オプション
  3. [メールの詳細オプション] をクリックします。

  4. [受信トレイ以外のフォルダーでは、返信/転送メッセージを元のメッセージと同じフォルダーに保存する] チェック ボックスをオンにします。

送信済みメッセージの保存場所を変更する (IMAP メール アカウントを使う場合)

注: IMAP アカウントを使って初めてメール メッセージを送信するときに、送信済みアイテムを保存するフォルダーを選ぶメッセージが表示されます。

  1. [ツール] メニューの [アカウント設定] をクリックします。

  2. Exchange アカウント以外のメール アカウントをクリックし、[変更] をクリックします。

  3. [詳細設定] をクリックします。

  4. [インターネット電子メール設定] ダイアログ ボックスの [フォルダー] タブをクリックします。

    送信済みのアイテムを保存するフォルダーを変更する

    1 送信済みアイテムを保存するカスタム フォルダーを選ぶには、[このアカウントで送信したアイテムの保存先として、既存のフォルダーを選択するか、新しいフォルダを作成する] をクリックします。

    2 送信済みアイテムを保存するフォルダーをクリックするか、[フォルダの作成] をクリックします。

    既定では、すべてのアカウントの送信済みメッセージは、Outlook の既定の [送信済みアイテム] フォルダーに保存されます。Outlook プロファイルに Exchange アカウントがある場合、既定のフォルダーは、Exchange メールボックスの [送信済みアイテム] です。

  5. [このアカウントで送信したアイテムの保存先として、既存のフォルダーを選択するか、新しいフォルダーを作成する] をクリックし、フォルダー一覧を展開してフォルダーをクリックします。通常は、選択したアカウントのデータ ファイルの [送信済みアイテム] をクリックします。

    注: [送信済みアイテム] フォルダーが [インターネット電子メール設定] ダイアログ ボックスに表示されるように、このフォルダーを購読していることをまず確認する必要があります (手順 4 参照)。IMAP アカウント フォルダーを購読する方法の詳細については、「関連項目」セクションをご覧ください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×