送信したメッセージを取り消す、または置き換える

送信したメッセージを取り消す、または置き換える

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

メッセージを取り消すと、送信したメッセージを受信者がまだ開いていない場合はメールボックスから取得されます。代わりのメッセージで置き換えることもできます。たとえば、ファイルを添付し忘れた場合、メッセージを撤回した後、ファイルを添付した代わりのメッセージを送信できます。

メッセージの取り消し利用可能な送信] をクリックした後は、受信者が同じ組織の Exchange アカウントを持っている場合にのみ使用します。

この記事の内容

メッセージを取り消して置き換えるには

  1. フォルダー ウィンドウで送信済みアイテム フォルダーを選びます。

  2. 取り消すメッセージを開きます。メッセージを開くにはダブルクリックする必要があります。閲覧ウィンドウに表示されるようにメッセージを選択しても、メッセージを取り消すことはできません。

  3. [メッセージ] タブで、[操作]、[メッセージの取り消し] の順に選びます。

    メッセージを取り消す

    注: [メッセージの取り消し] が表示されない場合は、Exchange アカウントを保持していないか、組織でこの機能が使用できないようになっている可能性があります。

  4. [未読ならば、受信トレイから削除する] または [未読ならば、削除して別のメッセージに置き換える] をクリックし、[OK] をクリックします。

    [メッセージの取り消し] ボックス

  5. 代わりのメッセージを送信する場合、メッセージを作成し、[送信] をクリックします。

  1. ナビゲーション ウィンドウ の [メール] で、[送信済みアイテム] をクリックします。

  2. 取り消して置き換えるメッセージを開きます。

  3. [メッセージ] タブの [操作] で [その他の操作] をクリックし、[このメッセージを再送] をクリックします。

    [アクション] タブ

  4. 未読メ ッ セージのコピーを削除して新しいメッセージに置き換える、または未読のコピーを削除して新しいメッセージに置き換える] をクリックします。

    注: 多数のユーザーにメッセージを送信する場合は、[受信者ごとに取り消し状況を確認する] チェック ボックスをオフにすることもできます。

  5. 代わりのメッセージを送信する場合、メッセージを作成し、[送信] をクリックします。

[メッセージの取り消し] コマンドが表示されない場合は、Exchange Server アカウントがないか、Microsoft Office Outlook 2007 を使用していない可能性があります。取り消し機能を使用するには、両方が必要です。

Outlook の [アカウント設定] ダイアログ ボックスで、Outlook プロファイルのメール アカウントの種類を確認できます。

  1. [ツール] メニューの [アカウント設定] をクリックします。

  2. [電子メール] タブの [種類] 列に、各エントリのアカウントの種類が表示されます。

    画面の画像

ページの先頭へ

取り消しを確認するには

メッセージの取り消しが成功するか失敗するかは、受信者の Outlook の設定によって決まります。次の表に、5 つのシナリオを示します。

操作

結果

メッセージを他のユーザーに送信します。元のメッセージを取り消し、新しいメッセージに置き換えます。

受信者のコンピューターの [確認] では、[会議出席依頼、会議出席依頼への返信、投票を自動処理する] チェック ボックスがオンになっています。

注: この設定を表示するには、[ファイル] の [オプション] で [メール] をクリックします。[確認] セクションにスクロールします。

元のメッセージと取り消しメッセージの両方が受信者の受信トレイに届きます。

元のメッセージが未読であると想定した場合、元のメッセージは削除され、送信者がそのユーザーのメールボックスからメッセージを削除したことが受信者に通知されます。

注: 取り消しメッセージが処理されたときに元のメッセージが開封済みにされている場合 (このシナリオでは、閲覧ウィンドウでの表示は開封済みと見なされません) は、送信者がメッセージの削除を希望していることが受信者に通知されます。 ただし、メッセージは受信者の Outlook フォルダーに残ります。

メッセージを他のユーザーに送信します。元のメッセージを取り消し、新しいメッセージに置き換えます。

受信者のコンピューターの [確認] では、[会議出席依頼、会議出席依頼への返信、投票を自動処理する] チェック ボックスがオフになっています。

注: この設定を表示するには、[ファイル] の [オプション] で [メール] をクリックします。[確認] セクションにスクロールします。

元のメッセージと取り消しメッセージの両方が受信者の受信トレイに届きます。

受信者のコンピューターでは、次のような結果になります。

  • 受信者が取り消しメッセージを先に開いた場合、元のメッセージは削除され、送信者がそのユーザーのメールボックスからメッセージを削除したことが受信者に通知されます。

  • 受信者が元のメッセージを先に開いた場合、取り消しは失敗し、古いメッセージと新しいメッセージの両方が閲覧可能になります。

注: 取り消しメッセージが処理されたときに元のメッセージが開封済みにされている場合 (このシナリオでは、閲覧ウィンドウでの表示は開封済みと見なされません) は、送信者がメッセージの削除を希望していることが受信者に通知されます。 ただし、メッセージは受信者の Outlook フォルダーに残ります。

メッセージを他のユーザーに送信します。元のメッセージを取り消し、新しいメッセージに置き換えます。

受信者のコンピューターでは、ルールまたは受信者の操作のどちらかによって元のメッセージが受信トレイから別のフォルダーに移動され、取り消しメッセージが受信トレイに残ります (または別のフォルダーに移動されます)。

取り消しメッセージと元のメッセージが別個のフォルダーに存在する場合、受信者は、取り消し試行が失敗したことを示すメッセージを受け取ります。この状況は、Outlook の構成やメッセージの開封状況に関係なく発生します。

受信者は、元のメッセージと新規メッセージの両方を閲覧できます。

メッセージを他のユーザーに送信します。元のメッセージを取り消し、新しいメッセージに置き換えます。

受信者のコンピューターでは、ルールまたは受信者の操作のどちらかによって両方のメッセージが同じフォルダーに移動されます。この場合は、Outlook がメッセージを自動的に処理するように構成されていないときと同じように動作します。

受信者のコンピューターでは、次のような結果になります。

  • 受信者が最初に取り消しメッセージを開いた場合、元のメッセージは削除され、送信者がそのユーザーのメールボックスからメッセージを削除したことが受信者に通知されます。

  • 受信者が最初に元のメッセージを開き、取り消しに失敗した場合は、古いメッセージと新しいメッセージの両方が閲覧可能になります。

メッセージをパブリック フォルダーに送信します。元のメッセージを取り消し、新しいメッセージに置き換えます。

次のいずれかの結果になります。

  • 取り消しメッセージを読んだ受信者がパブリック フォルダー内のすべてのアイテムに対する読み取りアクセス権を持ち、なおかつ元のメッセージを読んでいない場合、取り消しは成功し、新規メッセージだけが残ります。送信者は、取り消しが成功したことを示すメッセージを受信します。

  • 受信者によって元のメッセージが既に開封済みにされている場合は、取り消しが失敗したことが送信者に通知され、取り消しメッセージだけが削除されます。

他のパブリック フォルダーの権限を持つユーザーが取り消しメッセージを開いた場合、取り消しは失敗し、送信者は取り消しが失敗したことを示すメッセージを受信します。この場合、古いメッセージと新しいメッセージの両方がパブリック フォルダーに残ります。

  • 受信者が元のメッセージを読んだ後に未読としてマークした場合、そのメッセージはまだ読まれていないと見なされ、正常に取り消されます。

  • パブリック フォルダーでは、取り消しが成功するか失敗するかは送信者ではなく受信者の権限によって決まります。

取り消しの成功または失敗は、受信者の Microsoft Outlook の設定によって決まります。次の 4 つのシナリオでは、さまざまな状況での実行内容について説明し、追加のシナリオでは、Microsoft Exchange のパブリック フォルダーに送信されたメッセージの取り消しについて説明します。

操作

結果

メッセージを他のユーザーに送信します。元のメッセージを取り消し、新しいメッセージに置き換えます。

受信者のコンピューターの [確認オプション] で、[会議出席依頼を自動処理する] チェック ボックスがオンになっています

(この設定を表示するには、[ツール] メニューの [オプション] をクリックして、[電子メール オプション] をクリックし、[確認オプション] をクリックします)。

元のメッセージと取り消しメッセージの両方が受信者の受信トレイに届きます。

元のメッセージが未読であると想定した場合、元のメッセージは削除され、送信者がそのユーザーのメールボックスからメッセージを削除したことが受信者に通知されます。

注: 取り消しメッセージが処理されたときに元のメッセージが開封済みにされている場合 (このシナリオでは、閲覧ウィンドウでの表示は開封済みと見なされません) は、送信者がメッセージの削除を希望していることが受信者に通知されます。ただし、メッセージは受信者の Outlook フォルダーに残ります。

メッセージを他のユーザーに送信します。元のメッセージを取り消し、新しいメッセージに置き換えます。

受信者のコンピューターの [確認オプション] で、[会議出席依頼を自動処理する] チェック ボックスがオフになっています

(この設定を表示するには、[ツール] メニューの [オプション] をクリックして、[電子メール オプション] をクリックし、[確認オプション] をクリックします)。

元のメッセージと取り消しメッセージの両方が受信者の受信トレイに届きます。

受信者のコンピューターでは、次のいずれかが発生します。

  • 受信者が取り消しメッセージを先に開いた場合、元のメッセージは削除され、送信者がそのユーザーのメールボックスからメッセージを削除したことが受信者に通知されます。

  • 受信者が元のメッセージを先に開いた場合、取り消しは失敗し、古いメッセージと新しいメッセージの両方が閲覧可能になります。

注: 取り消しメッセージが処理されたときに元のメッセージが開封済みにされている場合 (このシナリオでは、閲覧ウィンドウでの表示は開封済みと見なされません) は、送信者がメッセージの削除を希望していることが受信者に通知されます。ただし、メッセージは受信者の Outlook フォルダーに残ります。

メッセージを他のユーザーに送信します。元のメッセージを取り消し、新しいメッセージに置き換えます。

受信者のコンピューターでは、ルールまたは受信者の操作のどちらかによって元のメッセージが別のフォルダーに移動され、取り消しメッセージが受信トレイに残ります (または別のフォルダーに移動されます)。

取り消しメッセージと元のメッセージが別個のフォルダーに存在する限り、受信者は、取り消し試行が失敗したことを示すメッセージを受け取ります。この状況は、Outlook の構成やメッセージの開封状況に関係なく発生します。

受信者は、元のメッセージと新規メッセージの両方を閲覧できます。

注: 受信者が元のメッセージを読んで、未読としてマークした場合は、Outlook は、未読として扱い、正常に取り消されます。

メッセージを他のユーザーに送信します。元のメッセージを取り消し、新しいメッセージに置き換えます。

受信者のコンピューターでは、ルールまたは受信者の操作のどちらかによって両方のメッセージが同じフォルダーに移動されます。この場合は、Outlook がメッセージを自動的に処理するように構成されていないときと同じように動作します。

受信者のコンピューターでは、次のいずれかが発生します。

  • 受信者が最初に取り消しメッセージを開いた場合、元のメッセージは削除され、送信者がそのユーザーのメールボックスからメッセージを削除したことが受信者に通知されます。

  • 受信者が最初に元のメッセージを開き、取り消しに失敗した場合は、古いメッセージと新しいメッセージの両方が閲覧可能になります。

注: 受信者が元のメッセージを読んで、未読としてマークした場合は、Outlook は、未読として扱い、正常に取り消されます。

電子メール メッセージをパブリック フォルダーに送信します。元のメッセージを取り消し、新しいメッセージに置き換えます。

次のいずれかが行われます。

  • 取り消しメッセージを読んだ受信者がパブリック フォルダー内のすべてのアイテムに対する読み取りアクセス権を持ち、なおかつ元のメッセージを読んでいない場合、取り消しは成功し、新規メッセージだけが残ります。送信者は、取り消しが成功したことを示すメッセージを受信します。

  • 受信者によって元のメッセージが既に開封済みにされている場合は、取り消しが失敗したことが送信者に通知され、取り消しメッセージだけが削除されます。

他のパブリック フォルダーの権限を持つユーザーが取り消しメッセージを開いた場合、取り消しは失敗し、送信者は取り消しが失敗したことを示すメッセージを受信します。この場合、古いメッセージと新しいメッセージの両方がパブリック フォルダーに残ります。

注: 

  • 受信者が元のメッセージを読んで、未読としてマークした場合は、Outlook は、未読として扱い、正常に取り消されます。

  • パブリック フォルダーでは、取り消しが成功するか失敗するかは送信者ではなく受信者の権限によって決まります。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

共有 Facebook Facebook Twitter Twitter メール メール

この情報は役に立ちましたか?

ありがとうございます。その他のフィードバックはありませんか?

改善内容をお聞かせください

ご意見をいただきありがとうございます。

×