追加クエリ (Power Query)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

注: Power Query は、Excel 2016 では取得と変換として知られています。ここで提供される情報は両方に適用されます。 詳細については、「Excel 2016 で取得と変換を実行する」を参照してください。

Power Query では、追加操作は、2 番目のクエリからすべての行が続く最初のクエリからすべての行が含まれる新しいクエリを作成します。

セキュリティに関するお知らせ : [プライバシー レベル] を設定すると、個人または組織が所有する複数のデータ ソースのデータが、不注意で結合されることがなくなります。クエリによっては、ユーザーが個人的なデータ ソースから悪意のある別のデータ ソースに不注意でデータを送信する可能性があります。Power Query では、各データ ソースが分析され、定義済みのプライバシー レベル (公開、組織、非公開) に分類されます。プライバシー レベルの詳細については、「プライバシー レベル」を参照してください。

追加操作を実行する

[中間追加] または [インライン追加] という 2 種類のマージ操作を実行できます。 [中間追加] を使用すると、追加操作ごとに新しいクエリが作成されます。 [インライン追加] を使用すると、最終結果に到達するまで、データが既存のクエリに追加されます。 結果は、現在のクエリの終了時に新しいステップになります。

インライン追加

  1. クエリ エディターで、[query Preview ] グリッドで表アイコン ( [テーブル] アイコン ) をクリックし、[クエリの追加]をクリックします。

    [エラーの削除] メニュー - クエリ エディター

中間追加

  1. POWER QUERYまたはクエリ エディターリボンで、[結合] グループで、 [追加] をクリックします。クエリ エディターリボンを使用して、追加の操作のプライマリ テーブルとして作業中のクエリが選択されます。

  2. [追加] ダイアログ ボックスでは、追加する最初と 2 番目のテーブル (クエリ) を選びます。

    作業の開始

  3. [OK] をクリックします。

    追加操作が完了すると、Power Query では、新しいクエリがクエリ エディターに表示されます。

関連トピック

複数のデータ ソースからデータを結合する

注: クエリ エディターは、Power Query を使用して新しいクエリの読み込み、編集、または作成を行うときにのみ表示されます。 次のビデオは、Excel ブックからクエリを編集した後で表示される [クエリ エディター] ウィンドウを示します。 既存のブック クエリを読み込んだり編集したりせずにクエリ エディターを表示するには、[Power Query] リボン タブの [外部データの取り込み] セクションから [その他のデータ ソース]、[空のクエリ] の順に選びます。 次のビデオは、クエリ エディターを表示する 1 つの方法を示します。

Excel でクエリ エディターを表示する方法

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×