追加またはテキスト ボックスまたは [式] ボックスの数値に桁区切り記号を削除します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Microsoft Office InfoPath では、データの書式をテキスト ボックス、式ボックスで、日付、時刻、および数値の表示方法と、ユーザー フォーム テンプレートに基づくフォームに入力を指定するフォーム テンプレート上の日付選択コントロールを追加できます。

10 進または整数の数値では 10 進数または全体の数値のデータ型では、テキスト ボックス コントロールまたは式ボックス コントロールの書式設定される桁区切り記号を追加できます。選択したロケールによって、区切り記号はつまたは 3 つ未満の数字を区切ります可能性があります。追加または削除する桁区切り記号のみ表示されている値のデータ ソースに保存されている値に影響します。

  1. テキスト ボックス コントロールまたは式ボックス コントロールの書式を設定するデータをダブルクリックします。

  2. コントロールのプロパティ] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • テキスト ボックス コントロールを使用している場合は、[データ] タブをクリックします。

    • 式ボックス コントロールを使用している場合は、[全般] タブをクリックします。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • テキスト ボックスのデータ型のリストが適切なデータ型を表示することを確認し、[書式設定] をクリックします。

    • 式ボックスは、として書式設定] ボックスの一覧が適切なデータ型を表示していることを確認し、[書式設定] をクリックします。

  4. [データ型の書式設定] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • 数値に桁区切り記号を追加するには、桁区切り記号と特殊文字を使う] チェック ボックスで、[その他のオプション] でを選択します。

    • 番号から桁区切り記号を削除するには、桁区切り記号と特殊文字を使う] チェック ボックスで、[その他のオプション] でをオフにします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×