追加し、出席依頼が開封済みメッセージと配信通知を読む

追加し、出席依頼が開封済みメッセージと配信通知を読む

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

配信済みメッセージにより、自分の送信した電子メール メッセージが相手側のメールボックスに配信されたことを確認できますが、それだけでは、相手がそのメッセージを読んだかどうかはわかりません。メッセージが開封されたことを確認できるのが、開封済みメッセージです。

Outlookメッセージの受信者を開封済みメッセージを送信する辞退することができます。場所開封済みメッセージ送信されないなど、受信者のメール プログラムが開封済みメッセージをサポートしない場合、その他のシナリオがあります。

注: 配信レポートでは、web 版 Outlook では使用できません。

すべての送信メッセージについて確認を要求する

  1. [ファイル] タブで、[オプション]、[メール] の順に選びます。

  2. [確認] で [メッセージが受信者の電子メール サーバーに配信されたことを確認する配信済みメッセージ] チェック ボックスまたは [受信者がメッセージを読んだことを確認する開封済みメッセージ] チェック ボックスをオンにします。

    ヒント: 確認は、すべてのメッセージではなく、重要なメッセージに対してその都度行うことをお勧めします。送信者からメッセージを受信するたびに開封済みメッセージが要求されるよりも、要求の通知を受け取る機会が少ない方が、受信者が開封済みメッセージを送信する可能性は高くなります。

送信メッセージごとに確認を要求する

  • メッセージで、[オプション] タブの [確認] で [配信確認の要求] または [開封確認の要求] チェック ボックスをオンにします。

    リボンの [開封確認の要求] コマンド

確認要求に対する応答を調べる

  1. 配信済みメッセージまたは開封済みメッセージを要求して送信したメッセージを開きます。通常、このメッセージは [送信済みアイテム] フォルダーにあります。

  2. [メッセージ] タブの [表示] グループで、追跡] を選びます。

    注: [確認] は確認メッセージが少なくとも 1 通届くまでは表示されません。また、最初の確認メッセージが受信トレイに届いた後も、[確認] ボタンを使用できるようになるまでには数分かかる場合があります。

すべての送信メッセージについて確認を要求する

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。

  2. [電子メール] の [メール オプション] をクリックします。

  3. [メッセージの取り扱い] の [確認オプション] をクリックします。

  4. 開封済みメッセージ] チェック ボックスをオンまたは配信済みメッセージ] チェック ボックスを選択します。

    すべてのメッセージで開封済みメッセージを要求する

    ヒント: ベスト プラクティスとして、1 回だけのすべてのメッセージではなく、重要なメッセージの追跡を検討することをお勧めします。場合によっては、電子メール メッセージの開封済みメッセージを要求する通知を受け取る宛先が今後のメッセージの開封済みメッセージをすべてオフにするには少なくなります。

送信メッセージごとに確認を要求する

  • メッセージで、[オプション] タブの [確認] で [配信確認の要求] または [開封確認の要求] チェック ボックスをオンにします。

    配信確認の要求

確認要求に対する応答を調べる

  1. 配信済みメッセージまたは開封済みメッセージを要求して送信したメッセージを開きます。通常、このメッセージは [送信済みアイテム] フォルダーにあります。

  2. [メッセージ] タブの [表示] で [確認] をクリックします。

    追跡を表示する

    注: [確認] は確認メッセージが少なくとも 1 通届くまでは表示されません。また、最初の確認メッセージが受信トレイに届いた後も、[確認] ボタンを使用できるようになるまでには数分かかる場合があります。

確認要求に対する応答の処理を変更する

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックして >電子メール オプション>オプションを管理します。

  2. 次のいずれかの操作を行って、任意の処理オプションを選択します。

    • 元のアイテムに返信を自動的に記録   
      要求を処理し [会議出席のチェック ボックスをオンにします。 

    • 配信または開封通知を削除する   
      プロセスの確認メッセージチェック ボックスをオンにします。 

    • 受信トレイから処理後に移動する   
      処理後に確認メッセージを移動する] チェック ボックスをオンにします。 

      受領処理オプション する

  3. 以外は、 [削除済みアイテムフォルダーを選択するには、参照] をクリックし、[コピー先のフォルダー] を選びます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×