追加および Outlook for Mac で代理人を管理します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Microsoft Exchange の予定表、連絡先、メールに代理人アクセスを設定し、代理人が実行できるアクティビティを定義する権限を設定できます。

代理人を追加する

重要: 代理人を使うには、自分と代理人に Microsoft Exchange アカウントが必要です。

  1. [ツール] メニューの [アカウント] をクリックします。

  2. [詳細設定] をクリックする代理人を追加するアカウントをクリックし、[代理人] をクリックします。

  3. [代理人が自分の代わりに機能するには、追加  追加 をクリックします。

  4. 代理人として追加するユーザー名を入力します。

  5. 検索結果の一覧で代理人の名前をクリックして、[追加] をクリックします。

  6. [アクセス許可] ボックスで、各アイテムの種類について、代理人に設定するアクセス許可レベルを選びます。

    注: 代理人がアイテムにアクセスする前に、その代理人の Microsoft Exchang アカウントで、自分を [代理人の依頼元] リストに追加してもらう必要があります。他の人の代理人になる方法の詳細については、「Outlook 2016 for Mac で代理人になる、または代理人をやめる」を参照してください。

複数の項目の種類の代理人の権限を管理します。

  1. [ツール] メニューの [アカウント] をクリックします。

  2. アクセス許可を変更、[詳細設定] をクリックし、[代理人] をクリックするアカウントをクリックします。

  3. [自分の代理人] で、代理人をクリックします。

  4. アクション ポップアップ メニューアクション] ボタンをクリックして、権限の設定] をクリックし、必要な変更を加えます。 

    注: [なし]に、アクセス許可レベルを設定すると、代理人は、[リストで、すばやくアクセス許可を後で再アクティブ化することができますままです。

代理人の権限を 1 つのフォルダーを管理します。

  1. ナビゲーション ウィンドウで、変更するフォルダーをクリックします。

  2. [整理] タブで、次の操作を行います。

    予定表で、[予定表のアクセス権] をクリックします。

    Outlook 2016 for Mac の [予定表のアクセス権] ボタン

    [メール] または [連絡先] では、[フォルダーのアクセス権] をクリックします。

    Outlook 2016 for Mac の [フォルダーのアクセス権] ボタン

  3. 権限を変更するユーザーの名前をクリックします。

  4. [アクセス許可レベル] の一覧で、目的のアクセス レベルを選びます。 この一覧での選択に基づいて、個々のアクセス許可レベルが自動的に下部に入力されます。

    ユーザーのアクセス許可レベルをカスタマイズするには、[読み取り]、[書き込み]、[削除]、[その他] の下にあるチェック ボックスをオンまたはオフにします。

    注: アクセス許可レベルを [なし] に設定した場合も、代理人はリストに残るため、権限を後で簡単に戻すことができます。 アクセス許可レベルの詳細については、「Outlook 2016 for Mac でフォルダーを共有および委任するためのオプション」を参照してください。

代理人を削除する

  1. [ツール] メニューの [アカウント] をクリックします。

  2. アクセス許可を変更、[詳細設定] をクリックし、[代理人] をクリックするアカウントをクリックします。

  3. [自分の代理人] で、代理人をクリックします。

  4. 削除削除] をクリックします。 

関連項目

共有と Outlook for Mac でフォルダーを委任するためのオプション

代理人になったり、Outlook for Mac で代理人をやめる

代理人を追加する

重要: 代理人を使うには、自分と代理人に Microsoft Exchange アカウントが必要です。

  1. [ツール] メニューの [アカウント] をクリックします。

  2. 代理人を追加するアカウントで、[詳細設定] をクリックして、[代理人] タブをクリックします。

  3. [代理人が自分の代わりに機能するには、追加  追加 をクリックします。

  4. 代理人として追加するユーザー名を入力して、[検索] をクリックします。

  5. 代理人の名前をクリックし、[OK] をクリックします。

  6. アイテムの種類ごとに、代理人に設定するアクセス許可レベルをポップアップ メニューから選びます。

    代理人のアクセス許可レベルの詳細については、「共有と代理人について」を参照してください。

    注: 代理人がアイテムにアクセスする前に、その代理人の Microsoft Exchang アカウントで、自分を [代理人の依頼元] リストに追加してもらう必要があります。 他の人の代理人になる方法の詳細については、「代理人になる、または代理人をやめる」を参照してください。

複数の項目の種類の代理人の権限を管理します。

  1. [ツール] メニューの [アカウント] をクリックします。

  2. 権限を変更するアカウントで、[詳細設定] をクリックして、[代理人] タブをクリックします。

  3. [自分の代理人] で、代理人をクリックします。

  4. アクション ポップアップ メニューアクション] ボタンをクリックして、権限の設定] をクリックし、必要な変更を加えます。 

    注: アクセス許可レベルを [なし] に設定した場合も、代理人はリストに残るため、権限を後で簡単に戻すことができます。 アクセス許可レベルの詳細については、「共有と代理人について」を参照してください。

代理人の権限を 1 つのフォルダーを管理します。

  1. ナビゲーション ウィンドウで、変更するフォルダーをクリックします。

  2. [整理] タブの [アクセス許可] をクリックします。

    [整理] タブ、[アクセス権]、[プロパティ]

  3. 変更する代理人の名前をクリックします。

  4. [アクセス許可レベル] ポップアップ メニューで、目的のアクセス レベルをクリックします。

    アクセス許可レベルをカスタマイズするには、目的のアイテムのチェック ボックスをオンにして、[アイテムの編集] および [アイテムの削除] で、目的のアクセス許可レベルをクリックします。

    注: アクセス許可レベルを [なし] に設定した場合も、代理人はリストに残るため、権限を後で簡単に戻すことができます。 アクセス許可レベルの詳細については、「共有と代理人について」を参照してください。

代理人を削除する

  1. [ツール] メニューの [アカウント] をクリックします。

  2. 権限を変更するアカウントで、[詳細設定] をクリックして、[代理人] タブをクリックします。

  3. [自分の代理人] で、代理人をクリックします。

  4. 削除削除] をクリックします。 

関連項目

共有と代理人について

代理人になる、または代理人をやめる

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×