追加、編集、または自動修正をオフにします。

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

オートコレクト機能を使用して、誤入力やスペル ミスを修正したり、記号などの文字を挿入したりすることができます。オートコレクト機能には、一般的なスペル ミスと記号のリストが既定で設定されますが、このリストを変更することもできます。

オートコレクトをオンにする

Word、Excel、および PowerPoint では、オートコレクトは既定でオンになっています。

  1. [ツール] メニューの [オートコレクト] をクリックします。

  2. [入力中に自動修正する] チェック ボックスを必ずオンにします。

スペルミスをしやすい単語をオートコレクト リストに追加する

  1. [ツール] メニューの [オートコレクト] をクリックします。

  2. [入力中に自動修正する] チェック ボックスを必ずオンにします。

  3. [修正前の文字列] ボックスに、ミスタイプやスペルミスを犯しやすい単語 (apline など) を入力します。

  4. [修正後の文字列] ボックスに、単語の正しいスペル (alpine など) を入力します。

  5. [追加] をクリックします。

    ヒント: 入力をスピードアップするには、一連のテキストをオートコレクト項目として保存しておけば、数文字を入力するだけでテキストを挿入できます。 例えば、「bya」と入力するだけで、「Blue Yonder Airlines」が挿入されるオートテキスト項目を作成できます。

オートコレクトをオフにする

  1. [ツール] メニューの [オートコレクト] をクリックします。

  2. [入力中に自動修正する] チェック ボックスをオフにします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×