スキップしてメイン コンテンツへ

迷惑メール フィルターの概要

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

だれもスパムや迷惑メールをします。 Outlook の迷惑メール フィルターは、迷惑メール メッセージの配信を停止するが、ね: 迷惑メールの疑いのある [迷惑メール] フォルダーに移動します。

ヒント: 正しいメールが不正に迷惑メールに分類されてしまっていないかを確認するのに、[迷惑メール] フォルダー内のメッセージを定期的に確認するのはよい考えです。 迷惑メールではないメッセージが見つかった場合、[受信トレイ] または任意のフォルダーにドラッグして戻してください。 また、次の手順で、アイテムを迷惑メールではないメールとしてマークすることも可能です。

  • [ホーム]、[迷惑メール]、[迷惑メールではないメール] の順にクリックします。

既定では、迷惑メール フィルターは有効になっており、保護レベルは [自動処理なし] に設定されています。 の保護レベルを変更することを提供することと、フィルターがより強力です。 迷惑メール フィルターは、複数の要素に基づいて各受信メッセージを評価します。 これらの要素には、メッセージが送信された時刻およびメッセージの内容が含まれます。

迷惑メール フィルターのオプションを変更するには、次の操作を行います。

  • [ホーム]、[迷惑メール]、[迷惑メールのオプション] の順にクリックします。

迷惑メール フィルターのリスト

迷惑メール フィルターによって受信メールは自動的にチェックされますが、迷惑メール フィルターのリストを使用することで、どのようなメッセージをスパムと判断するかを制御できます。 これらのリストに、名前、電子メール アドレス、およびドメインを追加することによって、フィルターで、信頼できる送信者からのメッセージを許可したり、不明または信頼できない特定の電子メール アドレスおよびドメインから送信されたメッセージをブロックしたりできます。

信頼できる差出人のリスト     信頼できる差出人のリストのメール アドレスやドメイン名は、メッセージの内容にかかわらず迷惑メールとして処理されません。 このリストには、連絡先とその他の通信相手を追加できます。 ただし、設計、安全なドメインが認識されないかに既定では、Exchange Online または Exchange Online Protection します。 禁止ドメイン、ブロックされた送信者アドレス、信頼できる送信者アドレスが認識されます。 Microsoft Exchange Server アカウントを使用している場合、グローバル アドレス一覧 (GAL) のすべての名前とアドレスは、信頼できるものとして自動処理されます。 信頼できる差出人の上限は 1024 です。

信頼できる宛先のリスト     メーリング リストや配布リストに参加している場合は、そのリストの差出人を信頼できる宛先のリストに追加できます。 これらのメール アドレスに送信されたメッセージまたはドメイン名は、メッセージの内容にかかわらず迷惑メールとして処理されません。

受信拒否リスト     受信拒否リストに、特定の差出人のメール アドレスやドメイン名を追加して、特定の送信者からのメッセージを簡単にブロックできます。 このリストに名前またはメール アドレスを追加すると、Outlook では、その差出人からのすべての受信メッセージを [迷惑メール] フォルダーに移動します。 このリストのユーザーまたはドメイン名から送信されるメッセージは、メッセージの内容にかかわらず、常に迷惑メールとして分類されます。 受信拒否リストの上限は 500 です。

ブロックするトップレベル ドメイン リスト     他の国や地域からの迷惑メール メッセージをブロックするには、ブロックするトップレベル ドメイン リストに国/地域コードを追加します。 たとえば、リストの [CA (カナダ)]、[US (米国)] および [MX (メキシコ)] ボックスをオンにすると、.ca、.us、および .mx で終わるメール アドレスからのメッセージをブロックできます。

ブロックするエンコード リスト     他の文字セットまたはアルファベットの迷惑メール メッセージをブロックするには、ブロックするエンコード リストにエンコードを追加できます。

迷惑メール フィルターは、Exchange キャッシュ モードがオンかオフかによって異なります。

Exchange アカウントを使用する場合は、迷惑メールの対策に、より高度なツールを使用できます。

  • Exchange キャッシュ モードまたはデータ ファイルOutlook (.pst) へのダウンロードを使用している場合     迷惑メール フィルターのリストは、サーバーに保存され、任意のコンピューターから利用できます。 このフィルターのリストは、サーバーがメッセージを評価するのにも使用されます。 つまり、受信拒否リストに登録されている送信者からのメッセージはサーバー上の [迷惑メール] フォルダーに移動され、Outlook によって評価されません。

  • オンラインで作業している場合     迷惑メール フィルターのリストは、サーバー上に保存されます。 これらのリストは任意のコンピューターから利用できますが、Outlook Web Access または Outlook Web App で迷惑メール機能が有効に設定されている場合だけです。 このフィルターのリストは、サーバーによるメッセージの評価にも使用されます。 つまり、受信拒否リストに登録されている送信者からのメッセージがサーバー上の [迷惑メール] に移動された場合、これらのメールは Outlook では評価されません。

迷惑メール フィルターの動作方法

迷惑メール フィルターは、いくつかの要因に基づいて、迷惑メールであるかどうかを評価する各受信メッセージを評価します。 これらには、メッセージが送信された日時およびメッセージの内容を含めることができます。 既定では、迷惑メール フィルターがオンになっていると、保護レベルが] に設定します。 このレベルは、最も明らかな迷惑メールのみを検出します。 の保護レベルを変更することを提供することと、フィルターがより強力です。

注: Outlook の迷惑メール フィルターは、迷惑メール メッセージの配信が停止しないが、疑いのある迷惑メールを迷惑メール] フォルダーに移動します。

[迷惑メールのオプション] ダイアログ ボックスで [迷惑メール フィルターの設定を調整することができます。

  • [ホーム] タブの [削除] で [迷惑メール] をクリックし、[迷惑メールのオプション] をクリックします。

[迷惑メール] フォルダー

迷惑メールの可能性がある場合は、すべてのメッセージは迷惑メール] フォルダーに移動します。 迷惑メール]フォルダーで正当なメッセージが誤って迷惑メールとして分類されるを確認するメッセージを定期的に確認することをお勧めします。 迷惑メール メッセージを検索する場合は、受信トレイに戻る、または任意のフォルダーにドラッグします。 また、次の手順で、アイテムを迷惑メールではないメールとしてマークすることも可能です。

  • [ホーム] タブの [削除] グループでは、迷惑メール] をクリックし、[迷惑メールではありません] をクリックします。

迷惑メール フィルターのリスト

ときに迷惑メール フィルターは、受信したメッセージを自動的にチェック、迷惑メール フィルターの一覧にしたと見なされる迷惑メールをより細かく制御します。 フィルターでは、信頼できるデータ ソースからのメッセージまたは特定の電子メール アドレスとドメインを確認または信頼できないからのメッセージがブロック、ように名前、電子メール アドレスとこれらのリストにドメインを追加することができます。

差出人セーフ リスト     信頼できる差出人のリストにあるメール アドレスおよびドメイン名は、メッセージの内容に関係なく、迷惑メールとして扱われることはありません。 このリストには、連絡先とその他の通信相手を追加できます。 ただし、設計、安全なドメインが認識されないかに既定では、Exchange Online または Exchange Online Protection します。 禁止ドメイン、ブロックされた送信者アドレス、信頼できる送信者アドレスが認識されます。 Microsoft Exchange Server アカウントを使用している場合、グローバル アドレス一覧 (GAL) のすべての名前とアドレスは、信頼できるものとして自動処理されます。

宛先セーフ リスト     メーリング リストや配布リストに参加している場合は、そのリストの差出人を信頼できる宛先のリストに追加できます。 これらのメール アドレスに送信されたメッセージまたはドメイン名は、メッセージの内容にかかわらず迷惑メールとして処理されません。

受信拒否リスト     受信拒否リストに、特定の差出人のメール アドレスやドメイン名を追加して、特定の送信者からのメッセージを簡単にブロックできます。 このリストに名前またはメール アドレスを追加すると、Outlook では、そのソースからすべての受信メッセージを迷惑メール] フォルダーに移動します。 このリストのユーザーまたはドメイン名から送信されるメッセージは、メッセージの内容にかかわらず、常に迷惑メールとして分類されます。

ブロックするトップレベル ドメイン リスト     別の国/地域から不要な電子メール メッセージをブロックするには、ブロックするトップレベル ドメイン リストに国/地域コードを追加できます。 たとえば、リストで CA [カナダ]、[米国] は、米国および MX [メキシコ] チェック ボックスを選択すると、.ca、.us、および .mx で終わるメール アドレスをからメッセージをブロックはします。

ブロックするエンコード リスト     他の文字セットまたはアルファベットの迷惑メール メッセージをブロックするには、ブロックするエンコード リストにエンコードを追加できます。

迷惑メール フィルターでサポートされているメール アカウントの種類

迷惑メール フィルターは、次の種類のメール アカウントを使用できます。

  • Exchange キャッシュ モードでの Exchange アカウント

  • Exchange アカウントをOutlook データ ファイル (.pst)に配信します。

  • POP3 アカウント

  • IMAP アカウント

  • Outlook.com (旧名 Hotmail) 用の outlook コネクタ

  • IBM Lotus Domino for Microsoft Outlook Connector

自分のプロファイルを変更する場合を Outlook に情報をインポートして、変更を行う前に、迷惑メールの一覧のコピーをエクスポートします。 これにより、迷惑メール フィルターの一覧を再作成する必要はありません。

迷惑メール フィルターは、Exchange キャッシュ モードがオンかオフかによって異なります。

Exchange アカウントを使用する場合の機能とツールは、迷惑メールの対策に、アクセス権のあます。

  • Exchange キャッシュ モードを使用して Outlook データ ファイル (.pst) にダウンロードするか     迷惑メール フィルターのリストは、サーバーに保存され、任意のコンピューターから利用できます。 このフィルターのリストは、サーバーがメッセージを評価するのにも使用されます。 送信者が、受信拒否リストに表示してからのメッセージの差出人が、サーバー上で迷惑メール] フォルダーに移動し、Outlook で評価いないになります。

  • オンラインで作業している場合     迷惑メール フィルターのリストは、サーバー上に保存されます。 これらは、任意のコンピューターから利用できるが、迷惑メール機能を Outlook Web Access または Outlook Web App で有効にした場合のみです。 このフィルターの一覧は、サーバーがメッセージを評価するためにも使用されます。 送信者が、受信拒否リストに表示してからのメッセージの差出人が、サーバー上で迷惑メール] フォルダーに移動し、Outlook で評価いないになります。

迷惑メール フィルターのしくみ

迷惑メール フィルターは各受信メッセージを評価し、いくつかの要因に基づいて迷惑メールの可能性があるかどうかを評価します。 これらには、メッセージが送信された日時およびメッセージの内容を含めることができます。 既定では、迷惑メール フィルターは有効になっており、保護レベルはに設定されています。 このレベルは、最も明らかな迷惑メールのみを検出します。 保護レベルを変更することにより、フィルターをより強力にすることができます。 また、迷惑メール フィルターを定期的に更新して、スパム送信者が受信トレイへの迷惑メールの送信に使用する最新の手法から保護することができます。

注: Outlook の迷惑メール フィルターは、迷惑メールの配信を停止するのではなく、迷惑メールの疑いがあるメッセージを、受信トレイではなく [迷惑メール] フォルダーに移動します。 このフィルターの前方で、より厳しい条件のサード パーティ ソリューションを使用できます。

ヒント: 迷惑メール フィルターの多くの設定は、[迷惑メールのオプション] ダイアログ ボックスで制御できます。 受信トレイの [アクション] メニューで [迷惑メール] をポイントし、[迷惑メールのオプション] をクリックします。

[迷惑メール] フォルダー

迷惑メール フィルターによって検出されたすべてのメッセージは特別な迷惑メールフォルダーに移動します。 迷惑メール] フォルダーではない大事なメッセージを表示するかどうかを確認するには、定期的にメッセージを確認することをお勧めします。 正当な場合は、戻すことができますに受信トレイに迷惑メールとしてマークしています。 任意のフォルダーにドラッグすることもできます。

[迷惑メール] フォルダー

迷惑メール フィルターの一覧

迷惑メール フィルターは受信メッセージを自動的にフィルター処理しますが、迷惑メール フィルター リストを使用すると迷惑メールとして判断するものをさらに細かく制御できます。 これらのリストにより、信頼できるソースからのメッセージを許可したり、知らない、または信頼できない特定のメール アドレスやドメインからのメッセージをブロックしたりできます。

迷惑メール フィルター リストには、5 つの種類があります。

差出人セーフ リスト

宛先セーフ リスト

受信拒否リスト

インターナショナル - ブロックするトップレベル ドメイン リスト

インターナショナル - ブロックするブロックするエンコード リスト

差出人セーフ リスト

信頼できる差出人

場合は、フィルター誤って迷惑メールとしてメール メッセージ、メールの送信者をブロックすることができます。 [迷惑メールのオプション] ダイアログ ボックスで、手動で差出人セーフ リストを作成することもできます。 差出人セーフ リストのメール アドレスとドメイン名は、メッセージの内容に関係なく、迷惑メールとして扱われなくなります。 ただし、設計、安全なドメインが認識されないかに既定では、Exchange Online または Exchange Online Protection します。 禁止ドメイン、ブロックされた送信者アドレス、信頼できる送信者アドレスが認識されます。

  • [迷惑メールのオプション] で [連絡先からの電子メールも信頼する] チェック ボックスをオンにしている場合 (既定の設定)、[連絡先] にあるすべての電子メール アドレスも差出人セーフ リストに追加されます。 この設定によって、[連絡先] フォルダーにある送信者からのメッセージも迷惑メール メッセージとして処理されることはありません。

  • [電子メールの送信先を自動的に [差出人セーフ リスト] に追加する] チェック ボックスをオンにしている場合、[連絡先] に登録されていなくても、電子メールをやり取りしている相手の電子メール アドレスは差出人セーフ リストに追加されます。 このチェック ボックスは既定ではオフになっています。

    • 受信者の電子メール アドレスは、既定では、Outlook で手動でメッセージを作成して送信する場合にのみ保存され、メッセージがプログラムで自動的に生成された場合は保存されません。

    • このチェック ボックスをオンにしても、個人用配布リストを追加することはできません。

    • このチェック ボックスがオンになっているときに、スパム送信者の電子メール メッセージに (たとえば、スパム送信者のメーリング リストからの登録解除を要請するために) 誤って返信してしまった場合、スパム送信者の電子メール メッセージが差出人セーフ リストに追加されます。 その後、スパム送信者からのメッセージが [受信トレイ] に入っていることに気付いた場合は、そのスパム送信者の電子メール アドレスを受信拒否リストに追加し、対応するエントリを差出人セーフ リストから削除する必要があります。 同じアドレスが、受信拒否リストと差出人セーフ リストの両方に登録されている場合は、差出人セーフ リストが優先され、そのアドレスは安全ではないと見なされなくなります。

  • Exchange アカウントを使用している場合 (家庭用または個人用のメールよりビジネス設定で多く使用されます)、グローバル アドレス一覧 のすべての名前と電子メール アドレスは自動的に安全と見なされます。

  • 差出人セーフ リスト内のユーザーからのメッセージだけを受け取るように Outlook を構成することもできます。 この構成は、[迷惑メールのオプション] の [オプション] タブにあります。

宛先セーフ リスト

信頼できる宛先

メーリング リストや配布リストに参加している場合は、リストの送信者を信頼できる宛先のリストに追加できます。 これらの電子メール アドレスやドメインに送信されるメッセージは、メッセージの内容に関係なく、迷惑メールとして扱われることはありません。

受信拒否リスト

受信拒否リスト

送信者の電子メール アドレスまたはドメイン名を受信拒否リストに追加すると、特定の送信者からのメッセージを簡単にブロックできます。 このリストに名前または電子メール アドレスを追加すると、その送信者からのすべての受信メッセージは [迷惑メール] フォルダに移動されます。 受信拒否リストにある送信者またはドメイン名からのメッセージは、メッセージの内容に関係なく、常に迷惑メールとして処理されます。

  • 安全な、またはブロックされた名前とアドレスの既存の一覧がある場合は、Outlook にインポートできます。

  • [受信トレイ] または他のメール フォルダーにメッセージを右クリックし、[迷惑メール] をポイントして目的のオプションをクリックすることにより、メッセージの送信者または受信者を任意の迷惑メール フィルター リストに追加できます。

インターナショナル - ブロックするトップレベル ドメイン リスト

インターナショナル

別の国/地域から不要な電子メール メッセージをブロックするには、メールの送信者をブロックすることができます。

このリストを使用すると、指定したトップレベル ドメインで終わる電子メール アドレスをブロックできます。 たとえば、一覧内の [CA [カナダ]]、[US [米国]]、および [MX [メキシコ]] の各チェック ボックスをオンにすると、末尾に .ca、.us、および .mx が付く電子メール アドレスからのメッセージがブロックされます。 これ以外の国/地域コードも一覧から選択できます。

インターナショナル - ブロックするブロックするエンコード リスト

インターナショナル

他の言語で記述された不要な電子メール メッセージをブロックするには、ブロックするエンコード リストにエンコードを追加します。

このリストを使用すると、指定した言語エンコード (文字セットとも呼ばれる) を使用するすべての電子メール アドレスをブロックできます。 最近の迷惑メールの大半は、US-ASCII エンコードを使用して送信されます。 残りはさまざまな言語エンコードを使用して送信されます。 ブロックするエンコード リストを使用すると、理解できない言語で記述された海外からの不要な電子メールを除外することができます。

注: 

  • Unicode エンコードでは、ブロックするエンコード リストに含まれていません。

  • 不明なエンコードを使用するメッセージやエンコードが指定されていないメッセージは、通常の迷惑メール フィルタによるフィルタ処理の対象になります。

迷惑メール フィルターでサポートされる電子メール アカウントの種類

迷惑メール フィルターは、次の種類の電子メール アカウントで使用できます。

  • Exchange キャッシュ モードでの Exchange アカウント

  • 個人用フォルダー ファイル (.pst) に配信する Exchange アカウント

  • HTTP (Windows Live メール) アカウント

  • POP3 アカウント

  • IMAP アカウント

  • Microsoft Office Outlook Connector for IBM Lotus Domino

  • Outlook Connector for MSN

同じ Outlook メール プロファイル内の電子メール アカウントはすべて、同じ迷惑メール フィルターの設定および一覧を共有します。 Exchange アカウントと Windows Live メールのアカウントがある場合は、それぞれのメール アカウントに [迷惑メール] フォルダーがあります。 ただし、Exchange アカウントと POP3 アカウントがある場合は、両方のアカウントの迷惑メールは Exchange アカウントの [迷惑メール] フォルダーに保存されます。

プロファイルを変更する場合は、変更する前に迷惑メール リストのコピーをエクスポートし、Outlook に情報をインポートする必要があります。 この方法では、迷惑メール フィルター リストを作成し直す必要がありません。

迷惑メール フィルターとさまざまなバージョンの Microsoft Exchange

Microsoft Exchange 環境で Outlook を使用すると (家庭または個人メールよりビジネスで一般的)、迷惑メール対策の別の機能やツールが提供されます。

Microsoft Exchange Server 2003

  • Exchange キャッシュ モードを使用している場合、または個人用フォルダ ファイル (.pst) にダウンロードする場合     迷惑メール フィルタの一覧は、サーバー上に格納され、任意のコンピュータから利用できます。 このフィルタの一覧は、サーバーがメッセージを評価するためにも使用されます。 したがって、受信拒否リストに登録されている送信者からのメッセージはサーバー上の [迷惑メール] フォルダに移動され、Outlook では評価されません。

  • オンラインで作業している場合     迷惑メール フィルターの一覧は、サーバー上に格納されます。 この一覧は任意のコンピューターから利用できますが、Outlook Web Access で迷惑メール機能を有効にしている場合だけです。 このフィルターの一覧は、サーバーがメッセージを評価するためにも使用されます。 したがって、受信拒否リストに登録されている送信者からのメッセージはサーバー上の迷惑メール フォルダーに移動され、Outlook では評価されません。

Microsoft Exchange Server 2000 以前

  • Exchange キャッシュ モードを使用している場合、または個人用フォルダ ファイル (.pst) にダウンロードする場合     サーバー上に格納され、任意のコンピュータから利用できる迷惑メール フィルタの一覧を作成および使用できます。 ただし、Exchange キャッシュ モードを使用し、かつ既定の配信場所として個人用フォルダ ファイル (.pst) にダウンロードするオプションを指定している場合、迷惑メール フィルタの一覧は、名前やアドレスの追加に使用したコンピュータでのみ利用できることに注意してください。

  • オンラインで作業している場合     迷惑メール フィルターは利用できません。

フィッシング詐欺メッセージをフィルター処理する

一部の迷惑メールには、危険なものや、詐欺を目的としたものもあります。 迷惑メール フィルターは各受信メッセージを自動的に評価し、不審なもの、詐欺の可能性があるもの、またはフィッシング攻撃の一部であるものを検出します。 

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×