迷惑メール フィルターの保護レベルを変更する

迷惑メールとも呼ばれる迷惑メール、受信トレイにされます。Outlook で迷惑メール フィルターは、迷惑メールの可能性があり、迷惑メール] フォルダーに移動するメッセージを特定します。

既定では、迷惑メール フィルターの保護レベルは [自動処理なし] に設定されています。フィルターの条件をさらに厳しくして、迷惑メールの検出率を上げることができます。保護レベルを高くすると、一部の正当なメッセージが迷惑メールと判断され、[迷惑メール] フォルダーに移動される可能性が高まります。

  1. [ホーム]、[迷惑メール]、[迷惑メールのオプション] の順にクリックします。

  2. 目的の保護レベルを選択します。

    • 自動処理なし     自動的な迷惑メール フィルターは無効にされますが、メッセージは引き続き、受信拒否リストに含まれるドメイン名と電子メール アドレスを使用して評価されます。

      注:  迷惑メール フィルターを無効にする場合は、迷惑メール フィルターの一覧から名前を削除することも必要です。

    •      受信している迷惑メール メッセージが多くない場合、または間違いなく迷惑メール メッセージであるもののみにフィルターを適用する場合は、このオプションをオンにします。

    •      受信している迷惑メール メッセージが多いが、信頼できるリストの送信者からのメッセージを制限したくない場合は、このオプションをオンにします。[迷惑メール] をときどきチェックして、必要なメッセージが誤って移動されていないか確認することをお勧めします。

    • [セーフ リスト] のみ     これが最も制約の厳しいオプションです。信頼できる差出人のリストのだれからか送信されたメッセージでもなく、また信頼できる宛先のメーリング リストに送信されるメッセージでもないものは、迷惑メールとして扱われます。

無条件に削除する

Outlook で、疑わしい迷惑メッセージをすべて、[迷惑メール] フォルダーに移動するのではなく削除するように指定できます。これにより、本当は迷惑メールではないメッセージを確認することができなくなるため、このオプションの使用するリスクを考慮してください。

  1. [メール] で、[ホーム]、[迷惑メール]、[迷惑メールのオプション] の順にクリックします。

  2. [オプション] タブの [迷惑メールを迷惑メール フォルダーに振り分けないで削除する] ボックスをオンにします。

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×