迷惑メール フィルタの保護レベルを変更する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

迷惑メールメッセージ (スパムとも呼ばれます) は、受信トレイに迷惑をかけることがあります。Outlook の迷惑メールフィルターは、迷惑メールである可能性が高いメッセージを識別し、それらをジャンクの [ e-mail ] フォルダーに移動します。迷惑メールの保護レベルを簡単に変更したり、迷惑メールを自動的に削除したりすることができます。

迷惑メールからの保護レベルを変更する

既定では、迷惑メールフィルターの保護レベルは自動フィルター処理に設定されていません。フィルターをより攻撃的にして、より多くの迷惑メールをキャッチできるようにすることができます。保護レベルを高く設定すると、いくつかの正当なメッセージが迷惑メールとして識別され、そのリスクが [ジャンク] フォルダーに移動します。

  1. [ホーム]、[グループの削除]、[迷惑メール] の順にクリックします。

  2. 目的の保護レベルを選択します。

    • [自動処理なし]     この設定では迷惑メール フィルターの自動適用がオフになりますが、メッセージは [受信拒否リスト] に記載されたドメイン名と電子メール アドレスを使用して引き続き評価されます。

      注: 迷惑メール フィルターを無効にする場合は、迷惑メール フィルターの一覧から名前を削除することも必要です。

    • [低]     受信する迷惑メール メッセージの数が少ない場合、または明らかな迷惑メッセージのみにフィルターを適用する場合は、このオプションを選択します。

    •      受信している迷惑メール メッセージが多いが、信頼できるリストの送信者からのメッセージを制限したくない場合は、このオプションをオンにします。[迷惑メール] をときどきチェックして、必要なメッセージが誤って移動されていないか確認することをお勧めします。

    • セーフリストのみ    これは、最も制限の厳しいオプションです。差出人セーフリストに含まれていないメッセージ、または [宛先セーフリスト] のメーリングリストに含まれていない場合は、迷惑メールとして分類されます。

無条件に削除する

Outlook で、疑わしい迷惑メッセージをすべて、[迷惑メール] フォルダーに移動するのではなく削除するように指定できます。これにより、本当は迷惑メールではないメッセージを確認することができなくなるため、このオプションの使用するリスクを考慮してください。

  1. [メール] で、[ホーム]、[迷惑メール]、[迷惑電話] の順にクリックします。

  2. [オプション] タブの [迷惑メールを迷惑メール フォルダーに振り分けないで削除する] ボックスをオンにします。

迷惑メールからの保護レベルを変更する

既定では、迷惑メールフィルターは有効になっており、保護レベルは [] に設定されており、最もわかりやすいスパムをキャッチするように設計されています。迷惑メールフィルターの感度を調整することができます。迷惑メールフィルターによって検出されたメッセージは、[迷惑メール] フォルダーに移動します。任意の迷惑メールフィルターオプションを変更して、目的の種類の保護を行うことができます。

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックして [オプション] ダイアログ ボックスを開きます。

  2. [オプション] ダイアログボックスの [環境設定] タブの [電子メール] で、[迷惑メール] をクリックして [迷惑メールのオプション] ダイアログボックスを開きます。

  3. 必要な保護レベルを選択します。

    • 自動フィルター処理が不要    自動迷惑メールフィルターは無効になっていますが、Outlook は引き続き、受信拒否リストのドメイン名とメールアドレスを使用してメッセージを評価します。また、ブロックされた送信者からのメッセージを [迷惑メール] フォルダーに移動し続けます。

      注: 迷惑メールフィルターを完全に無効にする場合は、迷惑メールフィルターリストのエントリも削除する必要があります。

    •     多くの迷惑メールメッセージを受信しない場合、または最もわかりやすいメッセージのみをフィルター処理する場合は、このオプションを選択します。

    •     多くの迷惑メールメッセージを受信したが、安全なリストの差出人に表示されるメッセージを制限したくない場合は、このオプションを選択します。ただし、一部の正当なメッセージもある場合があるため、 [迷惑メール] フォルダーに移動したメッセージを定期的に確認する必要があります。

    • セーフリストのみ    多くのメールメッセージを受信した場合は、このオプションを選ぶことができます。差出人セーフリストに含まれていない、または宛先セーフリストのメーリングリストに含まれていない電子メールメッセージは、迷惑行為として扱われます。

注: 保護レベルを変更すると、コンピューター上の電子メールメッセージを配信して保存するメールアカウントだけが影響を受けます。これには、POP3 と IMAP を含む個人用フォルダーファイル (.pst) を使用しているすべてのメールアカウントと、オフラインフォルダーファイル (.ost) を使用する exchange キャッシュモードを使用するように構成された Microsoft Exchange アカウントが含まれます。

[迷惑メール] フォルダーに移動するのではなく、メッセージを削除する

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックして [オプション] ダイアログ ボックスを開きます。

  2. [オプション] ダイアログボックスの [環境設定] タブの [電子メール] で、[迷惑メール] をクリックして [迷惑メールのオプション] ダイアログボックスを開きます。

  3. [迷惑メールを [迷惑メール] フォルダに移動しないで削除する] チェック ボックスをオンにします。

注: 疑わしい迷惑メールメッセージを完全に削除すると、メッセージは直ちに削除され、[削除済みアイテム] フォルダーには移動されません。

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×