迷惑メール フィルタの保護レベルを変更する

迷惑メール フィルターは、スパムとも呼ばれる迷惑メールを受信ボックスから削除するように設計されています。

既定では、迷惑メール フィルターは有効になっており、保護レベルは [] (明らかに迷惑メールとわかるものを検出) に設定されています。迷惑メール フィルターのレベルをカスタマイズできます。また、迷惑メール フィルターによって検出されたメッセージは、[迷惑メール] フォルダーに移されます。

注: Outlook 迷惑メール フィルターは受信するスパムの大部分から保護しますが、すべての迷惑メール メッセージを検出できるフィルターはありません。

迷惑メールからの保護レベルを変更する

  1. [メール] の [ホーム] タブの [削除] で [迷惑メール] をクリックし、[迷惑メールのオプション] をクリックします。

  2. [オプション] タブで、目的の保護レベルを選択します。

    • [自動処理なし]     この設定では迷惑メール フィルターの自動適用がオフになりますが、メッセージは [受信拒否リスト] に記載されたドメイン名と電子メール アドレスを使用して引き続き評価されます。

      注: 迷惑メール フィルターを無効にする場合は、迷惑メール フィルターの一覧から名前を削除することも必要です。

    • [低]     受信する迷惑メール メッセージの数が少ない場合、または明らかな迷惑メッセージのみにフィルターを適用する場合は、このオプションを選択します。

    • [高]     大量の迷惑メール メッセージを受信するが、セーフ リストに記載されている送信者からのメッセージについては表示を制限しない場合は、このオプションを選択します。ただし、通常のメールも [迷惑メール] フォルダーに移動されている可能性があるため、定期的に [迷惑メール] フォルダーに移動されたメッセージを確認する必要があります。

    • [[セーフ リスト] のみ]     。これは最も制限の厳しいオプションです。[差出人セーフ リスト] の一覧にない送信者からの電子メール メッセージや、[宛先セーフ リスト] の一覧にないメーリング リストへの電子メール メッセージを、すべて迷惑メールとして分類します。

      注: 保護レベルの変更によって影響を受けるのは、メッセージをコンピューターに送信して保存するメール アカウントだけです。これには、Outlook データ ファイル (.pst) を使用するすべての電子メール アカウント (POP3、IMAP など) が含まれます。なお、Exchange キャッシュ モードを使用するよう構成された Microsoft Exchange Server アカウント (オフラインの Outlook データ ファイル (.ost) を使用する) は保護されます。

ページの先頭へ

メッセージを [迷惑メール] フォルダーに移動しないで削除する

  1. [メール] の [ホーム] タブの [削除] で [迷惑メール] をクリックし、[迷惑メールのオプション] をクリックします。

  2. [オプション] タブの [迷惑メールを迷惑メール フォルダーに振り分けないで削除する] チェック ボックスをオンにします。

注: 迷惑メールの疑いのある電子メール メッセージを削除すると、他のメッセージとは違って、[削除済みアイテム] フォルダーには移されません。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×