迷惑メール フィルタの一覧に電子メール アドレスをインポートする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

迷惑メール フィルタで電子メール メッセージを評価するために使用できる電子メール アドレスの既存の一覧がある場合、一覧を 1 行に 1 エントリずつテキスト (.txt) ファイルに保存してインポートすることで、この一覧を Microsoft Office Outlook 2007 にインポートすることができます。

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。

  2. [初期設定] タブの [電子メール] で [迷惑メール] をクリックします。

  3. [差出人セーフ リスト]、[宛先セーフ リスト]、または [受信拒否リスト] タブをクリックします。

  4. [ファイルからインポート] をクリックします。

  5. [ファイルの場所] の一覧で、インポートするテキスト ファイルを含むドライブ、フォルダ、またはインターネット上の場所をクリックします。

  6. フォルダ一覧で、そのテキスト ファイルを含むフォルダを指定して開きます。

  7. インポートするテキスト ファイルをクリックし、[開く] をクリックします。

インポートする各ファイルについて、この操作を繰り返します。

注: Outlook の以前のバージョンで迷惑メールの移動、削除、または色分けのためにルールやフィルタを使用していて、迷惑メール送信者一覧をカスタマイズした場合またはこの一覧の例外を作成した場合は、このトピックの最初に説明した手順でこれらの変更内容を Outlook にインポートすることができます。関連するファイルは次のとおりです。

  • Adult Content Senders.txt

  • Junk Senders.txt

  • Exception List.txt

これらのファイルの格納場所は次のとおりです。

  • Windows Vista の場合   

    C:\Users\ユーザー名\AppData\Microsoft\Outlook

  • Microsoft Windows XP の場合   

    C:\Documents and Settings\ユーザー名\Application Data\Microsoft\Outlook

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×