迷惑メールを削減するための 10 のヒント

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

迷惑メールを受信する場合は、さまざまな理由が考えられます。ただし、受信する迷惑メールの量を減らす方法はあります。さらに、受信するリスクを低くします。迷惑メールを受信するリスクを軽減するには、次のガイドラインに従ってください。

  1. Microsoft Office Outlook で迷惑メール フィルターを利用する    Office Outlook では、迷惑メール フィルターを使用して迷惑メールの問題を軽減することができます。迷惑メール フィルターを使用すると、受信メッセージが自動的に評価され、迷惑メールと判定されると迷惑メール フォルダーに送られます。

  2. 迷惑メール送信者が Web ビーコンを使用する HTML 内の画像をブロックする    Office Outlook には、他にも迷惑メール対策機能があります。この機能の既定では、メッセージ内の自動的な画像のダウンロードや、サーバーにリンクされているその他の外部コンテンツがブロックされます。この機能が無効なときに外部コンテンツを含むメッセージを開くと、外部コンテンツが自動的にダウンロードされ、気づかないうちにこちらのメール アドレスが有効であるとサーバーに確認されることになります。その結果、メール アドレスが迷惑メール送信者に売られてしまう可能性があります。信頼している送信元からのメッセージの外部コンテンツは、ブロックを解除できます。詳細については、「電子メール メッセージの画像の自動ダウンロードをブロックまたはブロック解除する」を参照してください。

  3. 開封および配信確認メッセージと会議出席依頼の自動処理を無効にする    迷惑メール送信者は、会議出席依頼や、開封および配信確認メッセージの要求を含むメッセージを送信する可能性があります。このような会議出席依頼や開封確認に返信すると、迷惑メール送信者がこちらのメール アドレスを確認できる可能性があります。この機能は無効にすることができます。ただし、開封確認、配信確認、会議出席依頼の自動処理は便利な機能なので、安全な社内ネットワークでは安心して使用してください。

    注: 配信確認機能は、メール サーバー管理者が無効にする必要があります。

  4. メール アドレスを投稿する場所制限する    ニュース グループ、チャット ルーム、掲示板など、一般公開されている Web サイトにメール アドレスを投稿する際には注意が必要です。一般公開されているサイトにアクセスする際は、メインのメール アドレスではないメール アドレスを使用することをお勧めします。自分個人の Web サイトからは、メール アドレスを削除します。メール アドレスやそのリンクを掲載すると、迷惑メールの対象になる可能性が高くなります。

  5. Web サイトのプライバシー ポリシーを確認する    オンライン バンキング、ショッピング、ニュースレターなどに新規登録する場合は、そのサイトのプライバシー ポリシーをよく確認してから、メール アドレスなどの個人情報を入力してください。そのサイトの "プライバシーに関する声明"、"プライバシー ポリシー"、"契約条件"、"利用規約" などのリンクやセクションを探してください (通常は Web サイトのホーム ページの一番下にあります)。個人情報の使用方法が説明されていない Web サイトの場合は、そのサイトのサービスを使用しないことをお勧めします。

  6. あらかじめオンのチェック ボックスを確認する    オンライン ショッピングを利用する場合、ユーザーのメール アドレスを他の企業 (または "第三者") に販売または譲渡することに同意することを示すチェック ボックスがオンになっている場合があります。メール アドレスが共有されないようにするには、このチェック ボックスをオフにします。

  7. 迷惑メールに返信しない    送信元を知っていて信頼できる場合 (たとえば、サインアップしたサービス、オンライン ストア、またはニュースレターから送信されたメール メッセージの場合) を除き、メーリング リストの購読を解除する場合でも、迷惑メールには返信しないでください。迷惑メールに返信すると、こちらのメール アドレスが有効であることが迷惑メール送信者に気づかれてしまいます。

  8. 企業からメール メッセージを使用して個人情報を聞かれても、メッセージを送信して返信しない    多くの合法的な会社は、個人情報をメールで送信するように依頼しません。個人情報をメールで送信するように求められたら、疑ってください。このような依頼は、正規のメールに見せかけた偽装メール メッセージの可能性があります。このような手法はフィッシングと呼ばれます。取引相手である企業 (たとえば、クレジット カード会社など) から送信されたように見える迷惑メールの場合は、その企業に電話してそのメールを送信したかどうかを確認してください。ただし、メールに記載され電話番号にはかけず、電話番号案内、取引明細書、請求書など、他の手段を使って見つけた電話番号にかけてください。正規の依頼の場合は、その企業のカスタマー サービス担当者が対応できるはずです。迷惑メール フィルターには、不審なメッセージを特定して無効にすることができるフィッシング対策機能も含まれています。

  9. メールで送信された依頼に対する返信で寄付を行わない    残念ながら、善意に訴える迷惑メールもあります。慈善団体からの依頼をメールで受信した場合は、迷惑メールとして扱ってください。支援したい慈善団体の場合は、電話番号や Web サイトを特定し、寄付方法を確認してください。

  10. チェーン メール メッセージを転送しない    チェーン メール メッセージを転送すると、全体的なメール量が増えるだけでなく、デマの拡散に手を貸すことになる可能性があります。また、拡散している間に、こちらのメール アドレスを知っている相手を制御できなくなります。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×