超過コストを計算する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

既定では、 Microsoft Office Project 2007に割り当てられたリソースごとの標準単価を使用して、 タスクを完了に必要な作業が計算されます。Project では、 超過作業時間を使用して、その他の作業時間のコスト単価が入力されている超過作業時間を指定するまでは計算されません。たとえば、リソースを設定して、入力した実績作業時間の 10 個の時間の 1 日にしていて、8 時間、その他の 2 つの作業時間いない自動的と見なされます超過作業時間]。

  1. [表示] メニューの [タスク配分状況] をクリックします。

  2. [表示] メニューの [テーブル] をポイントし、[作業時間] をクリックします。

  3. [作業時間] フィールドをクリックします。

  4. [挿入] メニューの [] をクリックします。

  5. [フィールド名] ボックスの一覧の [超過作業時間] をクリックし、[OK] をクリックします。

  6. [超過作業時間] フィールドで、超過作業時間を入力する対象のリソース割り当てをクリックします。

    目的のフィールドが表示されていない場合は、Tab キーを押して、そのフィールドまで移動してください。

    リソースの割り当てが表示されない場合は、表示するのには、タスクのアウトライン記号 プラス記号 をクリックします。

  7. [超過作業時間] フィールドに、リソース割り当てに対する超過作業時間量を入力します。

    注: 作業時間は、作業時間全体を常に表しているため、指定した超過作業時間はタスクの作業時間には追加されません。超過作業時間は単に、作業時間全体のうち、超過作業時間と見なして単価計算する対象の時間を表します。超過作業時間を入力すると、タスクの種類が期間固定の場合以外は、タスクの期間が短縮される場合があります。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×