赤色の X でマークされている上にあるものは、この SmartArt グラフィックには含まれず、保存されません。

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

smartart グラフィックに使用するレイアウトに含まれる図形の数が限られていて、図形の最大数を超えている場合は、"赤色の X でマークされている上の何でも、この smartart グラフィックには保存されません" というメッセージがぼっとうに表示されます。SmartArt グラフィックのテキストウィンドウの m。

図形の最大数に制限されていない別のレイアウトに切り替えると、赤色の X の下にある情報が SmartArt グラフィックに表示されます。

SmartArt グラフィックを別のレイアウトに切り替えずに保存し、 2007 Microsoft Office system文書を閉じると、赤色の X でマークされている情報 (画像の塗りつぶしを含む) は保存されず、プライバシーを保護します。

重要: すべての情報が表示されるように別のレイアウトに切り替える場合は、新しいレイアウトで図形の最大数が制限されていないことを確認してください。そうでないと赤い X は消えません。レイアウトを切り替えてからドキュメントを保存する前に、すべての情報が表示され、赤い X が付いていないことを確認してください。

このメッセージは、次のような場合に表示されることがあります。

  • 図形の数が制限されていないレイアウトから、図形の数が固定されているレイアウトに切り替えた場合。

    注: [基本放射] など、レイアウトの中には最上位の図形が 1 つしか含まれていないものがあります。

  • 選択したレイアウトにおける図形の最大数を超えた場合。

  • 以前のバージョンの Microsoft Office で作成されたターゲット型図表またはベン図表を SmartArt グラフィックに変換した場合。以前のバージョンの Microsoft Office、または Microsoft Office Word 2007 の互換モードを使用して作成されたターゲット型図表やベン図表では、図形の数に制限はありません。ただし、対応する SmartArt グラフィックのレイアウトでは、ターゲット型図表の最上位の図形は 5 個まで、ベン図表の最上位の図形は 7 個までに制限されています。

  • Microsoft Office PowerPoint 2007では、箇条書きを smartart グラフィックに変換し、変換された箇条書きのすべての行頭文字を表示できない smartart グラフィックのレイアウトを選択しました。

情報の表示と保存が確実に行われるようにするには、すべての情報が表示される別のレイアウトに切り替えます

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×