資料文献、引用文献、および文献目録を追加または変更する

引用、その一覧、または文献目録を追加する前に、文書にソースを追加する必要があります。 引用文献の一覧は資料文献の一覧で、通常は文書の最後に置かれています。文書の中で参照 (引用) するもので、 文献目録とは異なります。文献目録は、その文書を作成するときに参考にした資料文献の一覧です。 資料文献を追加すると、その情報に基づいて、引用文献の一覧または文献目録を自動的に生成できます。 新しい資料文献を作成するたびに、その資料文献情報がコンピューターに保存されます。 資料文献の管理機能を使用すると、自分が作成した資料文献を (他の文書に含まれている場合でも) 検索して再利用できます。

引用文献は、テキストの行内にかっこで囲まれて表示されます。 引用文献は、ページの下部や文書の最後に表示される脚注や文末脚注とは異なります。 引用文献ツールまたは資料文献の管理に保存されている資料文献情報を使用すると、引用文献、その一覧、または文献目録を作成できます。 しかし、引用文献ツールまたは資料文献の管理の情報を使用して脚注や文末脚注を作成することはできません。

APA スタイルなど、さまざまなスタイル用のテンプレートの詳細については、 Office for Macテンプレートの web サイトを参照してください。

手順 1. 資料文献を追加、編集、または削除する

引用文献、その一覧、または文献目録を文書に追加するには、最初に使用した資料文献の一覧を追加します。

資料文献の管理機能を使用して資料文献を追加する

資料文献の管理機能は、使用しているコンピューターにこれまでに入力されたすべての資料文献を一覧表示して、他の文書で再利用できるようにします。これは、たとえば、多くの同じ資料文献を使用している論文を書く場合に役に立ちます。引用文献を含む文書を開くと、その引用文献に対する資料文献が [現在のリスト] に表示されます。以前の文書または現在の文書でこれまでに引用したすべての資料文献が、[マスター リスト] に表示されます。

  1. [文書パーツ] タブの [引用文献と文献目録] で、[管理] をクリックします。

    [文書パーツ] タブの [参照設定] グループ

  2. 引用文献ツールの下部にある アクション ポップアップ メニュー をクリックし、[資料文献の管理] をクリックします。

  3. [新規作成] をクリックします。

  4. [資料文献の種類] ポップアップ メニューから資料文献の種類を選びます。

  5. 記載したい情報を各フィールドに入力します。 アスタリスク (*) の付いたフィールドは必須です。 これらのフィールドは、引用文献に最小限必要な情報です。

    注: 引用文献は、発行の詳細が一部不明な場合でも挿入できます。 発行の詳細を省略すると、引用文献が番号付きのプレースホルダーとして挿入されるので、 後で編集できます。 文献目録を作成する前には、文献に関する必須の情報をすべて入力する必要があります。

  6. 終了したら、[OK] をクリックします。

    入力した資料文献情報が、資料文献の管理の [現在のリスト] と [マスター リスト] に表示されます。

  7. 資料文献を追加するには、手順 3 から 6 を繰り返します。

  8. [閉じる] をクリックします。

    入力した資料文献情報が、引用文献ツールの [引用文献リスト] に表示されます。

引用文献ツールで資料文献を編集する

資料文献は、直接文書内で編集するか、または引用文献ツールで編集できます。 資料文献を変更すると、変更内容は文書内のその引用のすべてのインスタンスに適用されます。 ただし、文書内で特定の引用文献を手動で変更すると、変更内容はその引用文献のみに適用されます。 また、引用文献と文献目録を更新しても、その引用文献は更新または上書きされません。

  1. [文書パーツ] タブの [引用文献と文献目録] で、[管理] をクリックします。

    [文書パーツ] タブの [参照設定] グループ

  2. [引用文献リスト] で、編集する引用文献を選びます。

  3. 引用文献ツールの下部にある アクション ポップアップ メニュー をクリックし、[資料文献の編集] をクリックします。

  4. 必要な変更を加え、[OK] をクリックします。

    マスター リストと現在のリストの両方の変更内容を保存するかどうかを確認するメッセージが表示された場合、現在の文書のみを変更するときは [いいえ] をクリックし、資料文献に変更内容を適用して他の文書でも使用するときは [はい] をクリックします。

引用文献リストから資料文献を削除する

引用文献リストから資料文献を削除するには、先に、関連付けられたすべての引用文献を削除する必要があります。

  1. 文書から、削除する資料文献に関連付けられたすべての引用文献を削除します。

    ヒント: 検索フィールドを使用すると、引用文献を検索できます。 検索フィールド Word の検索フィールド に引用文献の一部を入力します。

  2. [文書パーツ] タブの [引用文献と文献目録] で、[管理] をクリックします。

    [文書パーツ] タブの [参照設定] グループ

  3. 引用文献ツールの下部にある アクション ポップアップ メニュー をクリックし、[資料文献の管理] をクリックします。

  4. [現在のリスト] で削除する資料文献を選び、[削除] をクリックします。

    その資料文献は、マスター リストにのみ表示されるようになります。

    注: [削除] ボタンが使用不可になっている場合、またはリストで目的の資料文献の横にチェック マークが付いている場合は、関連付けられた引用文献が文書内に 1 つ以上残っています。 関連付けられた残りの引用文献をすべて削除してから、資料文献の削除をやり直してください。

  5. [閉じる] をクリックします。

    削除した資料文献が [引用文献リスト] から除外されます。

手順 2. 引用文献を挿入、編集、または削除する (省略可能)

引用文献を挿入する

  1. 文書内の引用文献を挿入する場所をクリックします。

  2. [文書パーツ] タブの [引用文献と文献目録] で、[管理] をクリックします。

    [文書パーツ] タブの [参照設定] グループ

  3. [引用文献リスト] で、引用する資料文献をダブルクリックします。

    文書に引用文献が表示されます。

    APA スタイルの引用文献の例

特定の引用文献についてページ番号を追加する、または作成者、年、またはタイトルが表示されないようにする

次の方法を使用して、引用文献の自動更新機能を維持したまま、特定の引用文献に独自の変更を加えることができます。

注: この方法で行った変更は、この引用文献のみに適用されます。

  1. 引用文献のかっこ内のどこかをクリックします。 引用文献が枠で囲まれます。

    引用文献の周りのフレーム

  2. フレーム上の矢印をクリックし、[引用文献の編集] をクリックします。

    [引用文献のオプション] メニュー

  3. ページ番号を追加するか、[作成者]、[]、または [タイトル] のチェック ボックスを選び、その情報が引用文献に表示されないようにします。

特定の引用文献を手動で変更する

特定の引用文献を手動で変更する場合は、引用文献の文字列を固定テキストに変換すると、引用文献を自由に編集できます。 固定テキストに変換すると、その引用文献は自動的には更新されなくなります。 後で変更を加えるときは、手動で行う必要があります。

  1. 引用文献のかっこ内のどこかをクリックします。 引用文献が枠で囲まれます。

    引用文献の周りのフレーム

  2. フレーム上の矢印をクリックし、[引用文献を固定テキストに変換] をクリックします。

    [引用文献のオプション] メニュー

  3. 文書内で、引用文献に変更を加えます。

文書から単一の引用文献を削除する

  1. 文書内で、削除する引用文献を検索します。

    ヒント: 検索フィールドを使用すると、引用文献を検索できます。 検索フィールド Word の検索フィールド に引用文献の一部を入力します。

  2. かっこも含めて引用文献全体を選び、Delete キーを押します。

手順 3. 引用文献の一覧または文献目録を挿入または編集する

引用文献の一覧は、文書内で参照 (引用) したすべての著作の一覧で、通常は、MLA スタイルで資料文献を引用するときに使用されます。 引用文献の一覧は、その文書をまとめたときに参考にしたすべての著作の一覧である文献目録とは異なります。

引用文献の一覧または文献目録を挿入する

  1. 文書内で、引用文献の一覧または文献目録を挿入する場所をクリックします (通常は、文書の末尾で改ページした後に挿入します)。

  2. [文書パーツ] タブの [引用文献と文献目録] で、[文献目録] をクリックし、[文献目録] または [引用文献] をクリックします。

    [文書パーツ] タブの [参照設定] グループ

引用文献の一覧または文献目録のスタイルを変更する

文書の引用文献の一覧または文献目録に含まれているすべての引用文献のスタイルを、手動で引用文献のスタイルを編集することなく、一度に変更することができます。 たとえば、引用文献を APA スタイルから MLA スタイルに変更できます。

  1. [表示] メニューの [下書き] または [印刷レイアウト] をクリックします。

  2. [文書パーツ] タブの [引用文献と文献目録] で、[文献目録のスタイル] ポップアップ メニューをクリックして、文献目録の参照スタイルとして変更するものをクリックします。

    [文書パーツ] タブの [参照設定] グループの [文献目録のスタイル]

    文書の文献目録のすべての参照が新しいスタイルに変更されます。

引用文献の一覧または文献目録を更新する

文書に引用文献の一覧または文献目録を挿入した後で新しい資料文献を追加する場合、引用文献の一覧または文献目録にその新しい資料文献が含まれるように更新できます。

  1. 引用文献の一覧または文献目録をクリックします。 周囲に枠が表示されます。

  2. フレーム上の矢印をクリックし、[引用文献と文献目録の更新] をクリックします。

    文献目録の更新または変換メニュー

引用文献の一覧または文献目録を固定テキストに変換する

引用文献の一覧または文献目録がフィールドとして挿入されます。 フィールドの枠は、その引用文献の一覧または文献目録が文書の資料文献から自動的に作成されたことを示しています。 枠で囲まれたそのフィールドを固定テキストに変換して、他のテキストと同様に編集できます。

注:  引用文献の一覧または文献目録を固定テキストに変換すると、自動更新を使用できなくなるので、 その引用文献の一覧または文献目録を削除して、新しく挿入する必要があります。

  1. 引用文献の一覧または文献目録をクリックします。 周囲に枠が表示されます。

  2. フレーム上の矢印をクリックし、[文献目録を固定テキストに変換] をクリックします。

    文献目録の更新または変換メニュー

関連項目

脚注や文末脚注を追加または変更する

索引を作成または編集する

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×