貼り付けたテキストを次のページまたはテキスト ボックスに流し込む

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

テキスト ボックスまたはオートシェイプの文書内でテキストを表示することがある場合、Publisher には、不要なテキストがオーバーフローに保存されます。別のテキスト ボックスまたはオートシェイプにテキストを移動して、リンクさせてオーバーフローしたし、ページにテキストを手動で移動することができます。テキスト ボックスにテキストを貼り付ける場合は、次のページまたはテキスト ボックスにテキストを自動的にフロー TE000128306を使用できます。

注: 手動でオーバーフロー領域からテキストを取り出す方法の詳細については、「参照」(インターネットに接続しているときに表示される) にあるリンクをクリックしてください。

貼り付けるテキストがテキスト ボックス内に収まらない場合 (たとえば、別の文書や別のプログラムからコピーしたテキストを貼り付ける場合) は、オートフロー機能を使用するかどうかを確認するメッセージが表示されます。このメッセージは、テキスト ファイルから挿入するテキスト ([挿入] メニューの [テキスト ファイル]) がテキスト ボックス内に収まらない場合にも表示されます。オートフロー機能は、オーバーフロー テキストを収める空のテキスト ボックスの検索や新しいテキスト ボックスの作成の際に便利です。

オートフロー メッセージが表示されたら、次のいずれかのオプションを選択して、文書内へのテキストの流し込み方法を管理できます。

  • 使用するリンクを空のテキスト ボックスを参照するか、余分なテキストを保持する新しいテキスト ボックスを作成します。

  • リンクを使用せずに、テキストを挿入する (テキストのオーバーフローに移動できるように)、した後を参照するかテキスト ボックスを作成、余分なテキストを押したままにします。

注: テキスト ボックスを使用せずに直接文書にテキストを貼り付けるときに、現在のページに 1 つの大きなテキスト ボックスが挿入され、リンクやオーバーフローを使わずに貼り付けたテキストが挿入されます。ここでは、次のページまたはテキスト ボックスにテキストを移動するに (その結果、余分なテキスト オーバーフロー)、テキスト ボックスのサイズを変更できます後、[参照するかテキスト ボックスを作成、余分なテキストを保留にします。

ページとテキスト ボックスを追加するためのヒント

オートフロー機能を使用して新しいページを作成すると、文書の最後に白紙のページが挿入されます。文書のレイアウトをより細かく調整する場合、オートフロー機能を使用する前にページを追加するか、テキスト ボックスを自分で作成できます。次の操作で、使用する書式を含めることもできます。

  1. 文書を開き、追加するページの前または後ろになるページを選択します。

  2. [挿入] メニューの [ページ] をクリックします。

  3. 複数の新しいページを文書に追加するには、[挿入するページ数] ボックスに追加するページ数を入力します。

  4. 次のいずれかを実行します。

    • 新しいページのそれぞれに 1 つのページ サイズ テキスト ボックスを追加するには、[テキスト ボックス付きで作成する] をクリックします。

    • 文書内の任意のページのすべてのオブジェクトと書式を新しいページのそれぞれにコピーするには、[指定ページのオブジェクトをすべて複製する] をクリックしてから、ボックスにコピーするページ数を入力します。

オートフロー機能を使用する

文書に少なくとも 1 つの空のテキスト ボックスがあり、オートフロー機能を使用してテキストをこのテキスト ボックスに移動するには、次の操作を行います。

  1. オートフロー機能を使用するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。

    文書内の最初の空のテキスト ボックスが選択され、選択されたテキスト ボックスへのテキストの流し込みを継続するかどうかを確認する新しいメッセージが表示されます。

  2. [はい] をクリックして、テキストを既存のテキスト ボックスに流し込みます。

    既存のテキスト ボックスに収まりきらないテキストを挿入すると、次の空のテキスト ボックスが選択され、同様のメッセージが表示されます。

    文書内の空のテキスト ボックスの空きが少なく、挿入されるテキストがすべて収まらない場合、テキスト ボックスを作成するかどうかを確認するメッセージが表示されます。

  3. [はい] をクリックして、リンクされたテキスト ボックス (文書に挿入したテキストすべてを収めるのに必要) ごとに 1 ページずつ新しいページを文書に追加します。

文書に空のテキスト ボックスがなく、オートフロー機能を使用してテキストを新しいテキスト ボックスに移動するには、次の操作を行います。

  1. オートフロー機能を使用するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。

    テキスト ボックスを作成するかどうかを確認するメッセージが表示されます。

  2. [はい] をクリックして、リンクされたテキスト ボックス (文書に挿入したテキストすべてを収めるのに必要) ごとに 1 ページずつ新しいページを文書に追加します。

オーバーフロー テキスト用のテキスト ボックスを検索または作成する

テキスト ボックスにテキストを挿入する場合よりしたテキスト ボックスに保持できる、リンクを表示しない、テキスト ボックスに、テキストを挿入、収まらないはテキスト オーバーフローに移動します。オーバーフロー インジケーター オーバーフロー インジケーター は、さらにテキストがオーバーフロー領域にあり、画面に表示されていないことを表示するのには、テキスト ボックスの下部に表示されます。

テキスト ボックスをリンクして文書内のオーバーフロー領域からテキストを取り出す

1. テキスト ボックス内のテキストが表示領域に収まらない場合、そのボックスの下にオーバーフロー インジケータが表示されます。

2. 収まりきらないテキストを流し込む先のテキスト ボックスを決定したら、新しいテキスト ボックスをクリックし、[テキスト ボックスのリンク] ツールバーの [テキスト ボックスのリンクの作成] をクリックして、選択されたテキスト ボックス内のオーバーフロー テキストを文書内の空のテキスト ボックスに移動します。

3. ポインタを文書内の空のテキスト ボックス上に置くと、ポインタが水差しの形に変わります。

4. オーバーフロー テキストが空のテキスト ボックスに流し込まれ、[前のテキスト ボックスに移動] インジケータが表示されて、テキスト ボックスがリンクされていることを示します。

オーバーフロー テキストを新規または既存のテキスト ボックスに移動して表示するには、次の操作を行います。

  1. 文書内に空のテキスト ボックスがない場合、希望するサイズと位置の新しいテキスト ボックスを作成します。

    方法

    1. 新しいテキスト ボックスを文書内の新しいページに表示するには、[挿入] メニューの [ページ] をクリックします。次に、[オプション] で [白紙のページを挿入する] をクリックし、[OK] をクリックします。

    2. [オブジェクト] ツールバーで、テキスト ボックス ボタン イメージ ] をクリックします。

    3. 文書内で、テキストを表示するテキスト ボックスの角の 1 つをクリックし、ボックスが目的のサイズになるまでマウスを斜めにドラッグします。

  2. テキストがオーバーフローしているテキスト ボックス (テキストが中に収まりきらないテキスト ボックス) をクリックします。

  3. [テキスト ボックスのリンク] ツールバーの [テキスト ボックスのリンクの作成] をクリックします。

    ポインターに変わったらピッチャー テキスト ボックスのリンクに使用するテキスト ボックス リンク ピッチャー。 します。

  4. 新しいテキスト ボックス (ポインターに変わったら傾けたピッチャー テキストをリンクされたテキスト ボックスに注いでいる水差し ) にカーソルを移動し、内をクリックします。

    リンクされたテキスト ボックスに、最初のテキスト ボックスのオーバーフロー テキストが表示されます。

  5. リンクしたテキスト ボックス オーバーフロー インジケーター オーバーフロー インジケーター が表示された場合は、すべてのテキストが表示されるまで、手順 1 ~ 4 を繰り返します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×