負のパーセンテージの形式を見やすく設定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ワークシートに目を通す際、負のパーセンテージ値を見つけるのが困難な場合があります。負のパーセンテージ値に特別な書式を適用したり、条件付き書式のルールを作成したりすることで、それらの値が簡単に見つかるようにできます。

ユーザー定義の書式を作成する

  1. 負のパーセンテージ値を持つセルを選びます。複数のセルを選ぶには、Ctrl キーを押しながら各セルを選びます。

  2. [ホーム] タブで、[書式]、[セルの書式設定] の順にクリックします。

[ホーム] タブのメニューの [書式] ボタンおよび [セルの書式設定] ボタン

  1. [セルの書式設定] ボックスの [分類] の一覧で、[ユーザー定義] をクリックします。

  2. [種類] ボックスに、0.00%;[Red]-0.00% という書式を入力します。

負のパーセンテージ値を赤色で表示するユーザー設定の書式

これで、負のパーセンテージ値が赤色に書式設定され、目立つようになりました。

セル D3 の負のパーセンテージ値が赤色で書式設定された Excel データ

ヒント: 

  • ユーザー定義の書式は、ブックと共に保存されます。次回、この書式を適用する必要がある場合、上記の手順 2 と 3 に従うと、[種類] の一覧にこの書式が表示されます。他のブックでユーザー定義の書式を使うには、Book1.xltx または Book1.xltm (ブックにマクロが含まれる場合) という名前のテンプレートとして保存し、これ以降のブックがこのテンプレートに基づくようにします。

  • .

ユーザー定義の書式ルールを作成する

このルールは、それを作成したワークシートでのみ利用できます。

  1. ワークシート上で、負のパーセンテージ値を入力するセルの範囲を選びます。

  2. [ホーム] タブで、[条件付き書式]、[新しいルール] をクリックします。

[ホーム] タブの [条件付き書式] ボタン

  1. [新しい書式ルール] ボックスで、[指定の値を含むセルだけを書式設定] を選びます。

  2. [ルールの内容を編集してください] ボックスの [次のセルのみを書式設定] で、[次の値より小さい] を選びます。

    [条件付き書式のルールの編集] ボックス

  3. 最後のボックスに「0」と入力します。

  4. [書式] をクリックします。

  5. [セルの書式設定] ボックスで、フォントまたはセルの色を選び、[OK] を 2 度クリックします。

選択した範囲内の負のパーセンテージ値を入力すると、自動的に赤色に書式設定されます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×