識別番号の最後の 4 桁のみを表示する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

一般的なセキュリティ対策として、識別番号、管理番号、クレジット カード番号などの最後の 4 桁のみを表示し、残りの桁はアスタリスクで表示したい場合があります。セル内の数字が文字列、数値、または特殊な管理番号形式のいずれで書式設定されていても、同じ関数を使用して処理できます。識別番号の最後の 4 桁のみを表示するには、CONCATENATE 関数、RIGHT 関数、および REPT 関数を使用します。

使用例は空白のワークシートにコピーすると、計算結果を確認できます。

その方法は?

  1. 空のブックまたはワークシートを作成します。

  2. ヘルプ トピックから使用例を選択します。

    注: 行見出しまたは列見出しは選択しないでください。

    ヘルプから使用例を選択する

    ヘルプから使用例を選択する

  3. Ctrl キーを押しながら C キーを押します。

  4. ワークシートのセル A1 を選択し、Ctrl キーを押しながら V キーを押します。

  5. 計算結果の表示と、結果を返す数式の表示を切り替えるには、Ctrl キーと Shift キーを押しながら ` (アクサン グラーブ) キーを押すか、または [数式] タブの [ワークシート分析] グループで、[数式を表示] をクリックします。

1

2

3

A

B

データ

管理番号

555-55-5555

クレジット カード番号

5555-5555-5555-5555

説明 (結果)

=CONCATENATE("***-**-", RIGHT(B2,4))

管理番号の最後の 4 桁と "***-**-" というテキスト文字列を結合します (***-**-5555)。

=CONCATENATE(REPT("****-",3), RIGHT(B3,4))

"****-" というテキスト文字列を 3 回繰り返し、その結果をクレジット カード番号の最後の 4 桁と結合します (****-****-****-5555)。

セキュリティに関するお知らせ : この使用例では、元のデータが見えないように、列 B を非表示にしてワークシートを保護する必要があります。

関数についての詳細情報

CONCATENATE

右 RIGHTB

REPT

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×