論理関数 (リファレンス)

関数の詳細については、最初の列に表示されている関数名をクリックしてください。

注: バージョン マーカーは、関数が導入された Excel のバージョンを示します。 これらの関数は以前のバージョンでは使用できません。 たとえば、2013 というバージョン マーカーは、その関数が Excel 2013 とそれ以降のすべてのバージョンで使用できることを示します。

関数

説明

AND 関数

すべての引数が TRUE のときに TRUE を返します。

FALSE 関数

論理値 FALSE を返します。

IF 関数

値または数式が条件を満たしているかどうかを判定します。

IFERROR 関数

数式の結果がエラーの場合は指定した値を返し、それ以外の場合は数式の結果を返します。

IFNA 関数
 Excel 2013

式が #N/A に解決される場合は、指定した値を返します。それ以外の場合は、式の結果を返します。

IFS 関数
Excel 2016

1 つまたは複数の条件が満たされるかどうかをチェックして、最初の TRUE 条件に対応する値を返します。

NOT 関数

引数の論理値 (TRUE または FALSE) を逆にして返します。

OR 関数

いずれかの引数が TRUE のときに TRUE を返します。

SWITCH 関数
Excel 2016

値の一覧に対して式を評価し、最初に一致する値に対応する結果を返します。いずれにも一致しない場合は、任意指定の既定値が返されます。

TRUE 関数

論理値 TRUE を返します。

XOR 関数
 Excel 2013

すべての引数の排他的論理和を返します。

重要: x86 または x86-64 アーキテクチャの Windows PC と、ARM アーキテクチャの Windows RT PC との間で、Excel の数式やワークシート関数の計算結果が異なる場合があります。この相違の詳細については、こちらを参照してください

関連項目

Excel の関数 (カテゴリ別)

Excel の関数 (アルファベット順)

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×