誰かの代理によるオンライン会議の予約

別の人の Microsoft Outlook メッセージングおよびコラボレーション クライアント アカウントで代理人として設定されている場合は、その人の代わりにオンライン会議または電話会議を予約できます。代理人として設定されていない場合は、サポート チームに連絡するか、マネージャーにそのコンピューターでアクセス許可を委任してもらいます。詳細については、「Outlook のヘルプと使い方」の「自分のメールと予定表の管理を他のユーザーに許可する」を参照してください。

注:  自分とマネージャーの両方が Microsoft Lync 2010 通信ソフトウェアを使用している必要があります。

代理人として設定されたら、自分のコンピューターでマネージャーの Microsoft Outlook 予定表を開き、会議を予約できます。詳細については、「会議の予約」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×