読み込んだデータをフィルター処理、整理、変換する (Power Query)

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

注: Power Query は、Excel 2016 では取得と変換として知られています。ここで提供される情報は両方に適用されます。 詳細については、「Excel 2016 で取得と変換を実行する」を参照してください。

Power Query を使ってフィルターを適用し、データ分析の要件に合わせて、クエリ ステップを編集して、インポートしたデータを整理できます。

テーブルのフィルター処理や並べ替え、列の削除、複数のテーブルのマージなど、非常に広範な種類のデータ分析ステップを実行できます。 データの整理の詳細については、Power Query for Excel のヘルプの「データを整理する」を参照してください。

インポートしたデータを Excel でフィルター処理および整理した後は、改善されたデータをクエリとして共有できるようになります。 詳細については、「クエリを共有する」を参照してください。

重要:  クエリを共有しているときでも、その基になっているデータ自体は共有されません。 ユーザーが提供したクエリとメタデータだけが共有されます。 Power Query でユーザーが検索したり、共有クエリを実行したりすると、共有クエリは Power Query の内部で実行され、それが参照しているデータが返されます。

関連トピック

内部と外部のデータ ソースに接続する

Power BI for Office 365 でのデータ管理の操作環境のヘルプ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×