読み書き能力を向上させる学習ツール

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

学習ツールは、読み取りおよび書き込み、年齢または機能に関係なく、ユーザーを向上させるために実績の手法を実装するツールは無料です。学習ツールの機能と、次を提供するか、作業を開始するのには、製品を選択している製品詳細」をご覧ください。

Microsoft 製品で利用できるツールの機能の学習

学習ツールでサポートされる言語を確認してください。

機能

機能

Windows PC の OneNote

OneNote Online

Windows PC の Word

Word Online

iPhone の Office Lens

イマーシブ リーダー

画像やファイルからテキストを認識します。

ファイルの長さを短くします

X

X

閲覧モード (フォーカス モードとも呼ばれています)

行の長さを短くします

X

音声読み上げ

読み上げる単語を強調表示します

X

X

X

X

間隔

文字、単語、テキスト行の間隔を増やします

X

X

X

音節

単語を音節に分割します

X

X

X

理解

文章内の従属節を強調表示します

X

品詞

動詞、名詞、形容詞を異なる色で表示します

X

X

ディクテーション

読むときの正しい句読点で言葉を書きます

X

読む能力を向上させる:解読力、流ちょうさ、理解力

調査研究によると、読む力は 3 つの能力に区別されています。解読力、流ちょうさ、理解力です。

解読力:個々の単語を意味のあるまとまりに分解し、理解すること

学習ツールは解読力を向上させます。読み上げられると同時に単語が強調表示されます。これは Floyd 氏と Judge 氏が 2012 年に発表した調査研究を導入したものです。

イマーシブ リーダー (OneNote、iPhone の Office Lens) と閲覧モード音声読み上げ (Word) では、テキストと画像が区別され、読み上げられるときに単語が強調表示されます。

解読力の重要な部分に音の分割があります。書かれている単語を個別の音節に分解します。音節 (OneNote、Word) を利用すると、単語が音節に分割されて表示されます。

流ちょうさ:正確かつ速く読むこと

精度を上げる方法としては、Zorzi 氏が 2012 年に発表した調査研究で、間隔を増やすと、失読症の人の読み間違いが 50% 減ると報告されています。速度を上げる方法としては、Schneps 氏が 2013 年に発表した調査研究で、行の長さを短くすると読書速度が 27% 上がると報告されています。

間隔 (Word、iPhone の Office Lens、OneNote) 機能を利用すると、読むときに文字間、単語間、テキスト行間の間隔を増やしたり、行の長さを短くしたりできます。

理解力読んでいる内容を理解すること

理解は、参照するかを理解する機能です。グラーフに従って句と Torrey (1966) の間に改行を追加するだけで 30% の理解を向上できます。

理解 (OneNote デスクトップ) 機能を利用すると、文法的な句が表示されます。従属節が括弧で括られます。品詞理解機能の一部ですが、動詞、形容詞、名詞に色を付けます。

Microsoft が支援した Yu-Chi Tai 氏の調査研究によると、単語を音節に分割することで読書の理解力が 10% 上がることが報告されています。音節 (OneNote、Word) を利用すると、単語が音節に分割されて表示されます。

書く能力を向上させる:強化されたディクテーション

学習ツールは書く能力を向上させます。書くときに、正しく綴られた単語と正しく句読点が付けられた文章を読み上げ、確認できます。考えを整理することに集中し、考えに適した表現を取り入れることができます。ディクテーションは Windows PC の OneNote で利用できます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×