診断ログを構成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

診断イベントを深刻度に応じてログに記録する方法を構成できます。さらに、管理対象のログ ファイルの最大数を設定し、1 つのログ ファイルにイベントを記録しておく期間を設定することができます。

Microsoft に対してカスタマ フィードバックと Watson のイベント データを報告するかどうかを指定することもできます。

  1. トップ ナビゲーション バーの [サーバー構成の管理] をクリックします。

  2. [サーバー構成の管理] ページの [ログおよびレポートの作成] セクションで [診断ログ] をクリックします。

  3. [診断ログ] ページが表示されたら、[カスタマ エクスペリエンス向上プログラム] セクションの [カスタマ エクスペリエンス向上プログラムへの参加] で、次のいずれかを選択します。

    • [カスタマ エクスペリエンス向上プログラムに匿名で参加する (推奨)]

    • [参加しない]

      [はい]を選択する場合、ユーザーは microsoft カスタマー エクスペリエンス向上プログラムのイベントを報告するかどうかを決定できます。詳細については、 Microsoft に継続的な改善のデータを返すを参照してください。

  4. [エラー報告] セクションの [エラーの報告] で、次のいずれかを選択します。

    • [エラー レポートを収集する]

      このオプションを選択した場合、エラー報告の収集方法を設定するためのオプションを 2 つ選択できます。次のチェック ボックスをオンまたはオフにします。

      • [システムの問題の特定に役立つファイルを定期的にダウンロードする]

      • [このコンピュータのエラー収集ポリシーを変更して、すべてのレポートを自動的に送信するようにする (選択すると、このコンピュータのエラー報告処理が変更され、ユーザーがログオンしているときは確認メッセージを表示せずにレポートを自動送信するようになります)]

    • [エラーを無視し、情報を収集しない]

  5. [記録されるイベントの設定] セクションの [カテゴリの選択] ボックスの一覧で、調整を構成するイベントのカテゴリを選択します。この調整により、イベントの重要度に応じてどのイベントを Windows イベント ログに記録するかが制御されます。

  6. [イベント ログの記録対象となる重要度の最も低いイベント] ボックスの一覧で、イベントを選択します。選択したイベントと重要度が同じイベント、または選択したイベントよりも重要度の高いイベントが、Windows イベント ログに記録されます。リストの項目は、重要度の高いものから低いものの順に並べ替えられます。

  7. [トレース ログの記録対象となる重要度の最も低いイベント] ボックスの一覧で、イベントを選択します。選択したイベントと重要度が同じイベント、または選択したイベントよりも重要度の高いイベントが、トレース ログに記録されます。リストの項目は、重要度の高いものから低いものの順に並べ替えられます。

  8. [トレース ログ] セクションの [パス] ボックスに、トレース ログのパスを指定します。

  9. [ログ ファイル数] ボックスに、作成可能なイベント ログの最大数を入力します。最大数に到達して新しいログ ファイルが必要な場合は、最も古いログ ファイルが削除されます。

  10. [1 つのログ ファイルを使用する時間 (分)] ボックスに、1 つのログ ファイルにイベントを記録しておく期間を分単位で入力します。

  11. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×