記号と特殊文字、数式、または水平線をメッセージに追加する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

電子メール メッセージには、キーボード上にある文字、数字、いくつかの記号に限らず、さまざまな文字を入力できます。 特殊記号、セクションを分割する線、複雑な数式などもすべてメッセージに追加できます。

リボン上の [記号と特殊文字] グループ

記号と特殊文字

キーボード上に表示されていない記号 (¼ または © など) は、次のように入力します。

  1. 記号を表示させたいメッセージをクリックします。

  2. [挿入]、[記号と特殊文字] の順にクリックします。

  3. 目的の記号をクリックします。

  4. よく使われる記号の中に目的の記号が含まれていない場合は、[その他の記号] をクリックします。

全角ダッシュ (—) または省略記号 (…) などの特殊文字は [特殊文字] タブにあります。

数式

「2+2」のような形式は、特に次のような複雑な数式が必要な場合に適さない場合があります。

数式の例

ただし、Outlook に組み込まれた数式ツールを使えば、たいていの数式は入力できます。

  1. 数式を表示させたいメッセージをクリックします。

  2. [挿入] をクリックして >数式

水平線

メッセージを視覚的にセクションに分割するには、水平線を使うことをお勧めします。

  1. 線を表示させたいメッセージをクリックします。

  2. [挿入]、[水平線] の順にクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×