記号、分数、特殊文字を挿入する

場合によっては、外国の通貨記号、商標 (™)、分数 (例: 1/3) など、キーボードにはない文字を挿入することが必要になる場合があります。いくつかの記号と特殊文字は、オートコレクト機能を使って入力できます。その他の記号と特殊文字を入力する場合は、[挿入]、[記号と特殊文字] の順にクリックします。

記号ギャラリーを使用する

  1. その他の記号と特殊文字を挿入するには、[挿入]、[記号と特殊文字] の順にクリックします。

    [挿入] タブの [記号と特殊文字] コマンド

    追加の外国通貨の記号など、その他の記号と特殊文字が含まれた [記号と特殊文字] ギャラリーが開きます。

  2. 記号または特殊文字を選択して挿入します。

  3. その他の記号と特殊文字を表示するには、ギャラリーの下部にある [その他の記号] をクリックします。[記号] ダイアログ ボックスが表示されます。

    Word の [記号と特殊文字] ボックス

  4. 記号と特殊文字のリストをスクロールして、[フォント] ボックスの現在のフォント [(現在選択されているフォント)] で使用できるすべての記号と特殊文字を表示します。スクロールすると、[種類] ボックスの一覧のラベルが変わります。たとえば、不等号の記号に直接移動する場合は、[種類] ボックスの [数学記号] を選択します。

    [記号と特殊文字] ボックスの [種類] ボックス

    注記: 

    • [種類] ボックスが見つからない場合は、ダイアログ ボックスの右下隅に注目します。[コード体系] リストの [Unicode (16 進)] を選びます。

    • [記号と特殊文字] ボックスで Unicode (8 進数) が選択される

  5. 目的の記号または特殊文字が表示されない場合は、[フォント] ボックスで別のフォントを選択します。

  6. 目的の記号または特殊文字が表示されたら、[挿入]、[閉じる] の順にクリックします。記号または特殊文字を挿入しない場合は、[キャンセル] をクリックします。

    ヒント: 図に示すような文字が必要な場合は、[フォント] ボックスでいずれかの Wingding フォントに切り替えます。

オートコレクトでは、一連の入力文字列が記号と特殊文字に変換されます。最もよく使われるものを次に示します。

入力文字列

挿入される記号または特殊文字

(c)

©

(r)

®

(tm)

(e)

記号と特殊文字に変換される他の文字列を参照するには、[ファイル]、[オプション]、[文章校正]、[オートコレクトのオプション] の順にクリックし、[オートコレクト] タブのリストを下へスクロールします。[オートコレクト] タブでユーザー独自のオートコレクト文字を作成することもできます。そのためには、[修正文字列] ボックスに文字列を入力し、[修正後の文字列] ボックスに置き換える文字列を入力します。

一部の分数 (1/4、1/2、3/4 など) は、入力中に自動的に分数文字 (¼、½、¾) に変換されます。ただし、変換されない分数 (1/3、2/3、1/5 など) もあります。

  1. 分数を挿入するには、[挿入]、[記号と特殊文字]、[その他の記号] の順にクリックします。

  2. [種類] ボックスで、[数字の形] をクリックし、分数を選択します。

    注記: 

    • [種類] ボックスが見つからない場合は、ダイアログ ボックスの右下隅に注目します。[コード体系] リストの [Unicode (16 進)] を選びます。

    • [記号と特殊文字] ボックスで Unicode (8 進数) が選択される

  3. [挿入]、[閉じる] の順にクリックします。

    ヒント: 

    • Word、Outlook、PowerPoint、Excel、OneNote では、数式オートコレクトを使用して、その他の数学記号を自動的に挿入できます。[ファイル]、[オプション]、[文章校正]、[オートコレクトのオプション] の順にクリックします。[数式オートコレクト] タブをクリックすると、文書に入力して数学記号を挿入できるショートカット キーの一覧が表示されます。必ず、[入力中に自動修正する] チェック ボックスをオンにします。文書内の場所によっては、[数式エリア以外で数式オートコレクトを使用する] オプションを選ぶ必要があります。

    • Word、Outlook、PowerPoint では、オートフォーマットを使用して、入力した分数を分数記号に変換することができます。[ファイル]、[オプション]、[文章校正]、[オートコレクトのオプション] の順にクリックします。[入力オートフォーマット] タブの [入力時に自動で変更する項目] で [分数 (1/2、1/4、3/4) を分数文字 (組み文字) に変更する] を選びます。オート​​フォーマットの詳細についてはこちらを参照してください

  1. 特殊文字を挿入する位置をクリックします。

  2. [挿入]、[記号]、[その他の記号] の順にクリックします。

  3. [記号と特殊文字] ダイアログ ボックスで、[特殊文字] タブをクリックします。

  4. 挿入する文字をダブルクリックします。

  5. [閉じる] をクリックします。

[記号と特殊文字] ダイアログ ボックスで ASCII (10 進値) または Unicode 文字を選択すると、その文字コードが [文字コード] ボックスに表示されます。文字コードが既にわかっている場合は、[文字コード] ボックスに文字コードを直接入力して、ASCII 文字または Unicode 文字を検索することができます。

注: [コード体系] ボックスで、ASCII (16 進値) など、適切な文字セットが選択されていることをご確認ください。適切な文字セットが選択されていない場合、文字コードを入力しても、目的の文字と異なる文字が表示される場合があります。

[文字コード] ボックスの前に表示される名前は、ASCII または Unicode 標準での正式な文字名です。

  1. ASCII 文字または Unicode 文字を挿入する位置をクリックします。

  2. [挿入]、[記号]、[その他の記号] の順にクリックします。

  3. [記号と特殊文字] ダイアログ ボックスの [フォント] ボックスの一覧で、使用するフォントをクリックします。

  4. [コード体系] ボックスで [ASCII (10 進)]、[ASCII (16 進)]、または [Unicode] を選択します。

  5. [種類] ボックスが表示されている場合は、文字の種類を選択します。

  6. 挿入する記号をダブルクリックします。

  7. [閉じる] をクリックします。

注: [記号と特殊文字] ダイアログ ボックスを開くことなく ASCII (10 進) 文字を挿入するには、NumLock がオンになっていることを確認します。Alt キーを押しながら、テンキー (キーボードの上端に配置されている数字キーではありません) の 0 キーと文字コードを入力します。Alt キーを離します。文書に入力できるのは、ASCII (10 進) 文字コードのみです。

ハーベイ ボールは、定性情報を比較するために使用できる円記号です。

ハーベイ ボールは、比較による定性情報を伝えるために使用する円記号です。
  1. 記号を挿入する位置をクリックします。

  2. [挿入]、[記号] の順にクリックします (または [挿入]、[記号]、[その他の記号] の順にクリックします)。

    [記号と特殊文字] ダイアログ ボックスが開きます。

  3. アルファベット順の [フォント] ドロップダウン リストを開き、お使いのバージョンの Office にインストールされている Unicode フォントを選びます。

    • Arial Unicode MS (Office 2007、Office 2010、Office 2013)

    • Lucida Sans Unicode (Office 2016)

  4. [種類] ボックスで [幾何学模様] を選びます。

    [記号の挿入] ダイアログ ボックスの Unicode フォントには、ハーベイ ボール記号が含まれています。
  5. 挿入する記号を選び、[挿入] をクリックします。

  6. 記号の挿入が完了したら、[閉じる] をクリックします。

サイズを調整する

記号を挿入した後は、リボンの [ホーム] タブまたは [ファイル] タブを使用して、サイズと色を変更できます。具体的な手順については、「フォントのサイズを変更する」を参照してください。

プレゼンテーションを共有する場合は記号を埋め込む

このような記号を挿入したら、ドキュメントにフォントを埋め込むことをお勧めします。そうしないと、ドキュメントを他のユーザーと共有して、同じフォントがインストールされていない別のコンピューターで開くと、記号の文字が意図したとおりに表示されないことがあります。フォントを埋め込むには、[ファイル]、[オプション]、[保存]、[次の文書を共有するときに再現性を保つ]、[ファイルにフォントを埋め込む] の順に選びます。詳細については、「Word、PowerPoint、Excel でフォントを埋め込む」を参照してください。

関連項目

数学記号を挿入する

大文字/小文字の設定、スペルチェック、記号のオートコレクト オプションを選ぶ

テキストの自動書式設定を構成するかオフにする (オートフォーマット)

[記号と​​特殊文字] タブ   

フォント      記号と特殊文字の挿入に使用する文字セットのテキスト フォントを指定します。このボックスで、フォント名を選びます。

種類      使用可能な場合、選んだフォントの特殊文字の種類を指定します。フォントの種類には、ギリシャ語やロシア語 (キリル) などの言語文字、通貨記号などの文字のカテゴリの拡張一覧が含まれている場合があります。このボックスで、種類名を選びます。

[記号] リスト     選んだフォントと種類から挿入できる記号の完全な一覧です。

最近使用した記号      挿入した記号のうち、よく使われる記号が表示されます。

説明      選んだ記号のわかりやすい説明が表示されます。たとえば、£ 記号を選ぶと、"ポンド記号" という説明が表示されます。

文字コード      記号を表す一意のコードを表示したり、入力したりすることができます。

コード体系      文字コードの基になる文字セットを指定します。ASCII は、英語のアルファベットに基づく文字エンコード標準です。Unicode は、世界中の記述言語のほぼすべてを 1 つの文字セットを使用して表現できる文字エンコード標準です。

[特殊文字] タブ   

文字      よく使われる特殊文字とその説明のセットが表示されます。

ショートカット キー      一覧の各特殊文字に割り当てられているショートカット キーが表示されます。

フォント     記号と特殊文字の挿入に使用する文字セットのテキスト フォントを指定します。このボックスで、フォント名を選びます。

種類     使用可能な場合、選んだフォントの特殊文字の種類を指定します。フォントの種類には、ギリシャ語やロシア語 (キリル) などの言語文字、通貨記号などの文字のカテゴリの拡張一覧が含まれている場合があります。このボックスで、種類名を選びます。

[記号] リスト     選んだフォントと種類から挿入できる記号の完全な一覧です。

最近使用した記号     挿入した記号のうち、よく使われる記号が表示されます。

説明    選んだ記号のわかりやすい説明が表示されます。たとえば、£ 記号を選ぶと、"ポンド記号" という説明が表示されます。

文字コード     記号を表す一意のコードを表示したり、入力したりすることができます。

コード体系     文字コードの基になる文字セットを指定します。ASCII は、英語のアルファベットに基づく文字エンコード標準です。Unicode は、世界中の記述言語のほぼすべてを 1 つの文字セットを使用して表現できる文字エンコード標準です。

フォント     記号と特殊文字の挿入に使用する文字セットのテキスト フォントを指定します。このボックスで、フォント名を選びます。

種類     使用可能な場合、選んだフォントの特殊文字の種類を指定します。フォントの種類には、ギリシャ語やロシア語 (キリル) などの言語文字、通貨記号などの文字のカテゴリの拡張一覧が含まれている場合があります。このボックスで、種類名を選びます。

[記号] リスト     選んだフォントと種類から挿入できる記号の完全な一覧です。

最近使用した記号     挿入した記号のうち、よく使われる記号が表示されます。

説明     選んだ記号のわかりやすい説明が表示されます。たとえば、£ 記号を選ぶと、"ポンド記号" という説明が表示されます。

文字コード    記号を表す一意のコードを表示したり、入力したりすることができます。

コード体系     文字コードの基になる文字セットを指定します。ASCII は、英語のアルファベットに基づく文字エンコード標準です。Unicode は、世界中の記述言語のほぼすべてを 1 つの文字セットを使用して表現できる文字エンコード標準です。

フォント     記号と特殊文字の挿入に使用する文字セットのテキスト フォントを指定します。このボックスで、フォント名を選びます。

種類     使用可能な場合、選んだフォントの特殊文字の種類を指定します。フォントの種類には、ギリシャ語やロシア語 (キリル) などの言語文字、通貨記号などの文字のカテゴリの拡張一覧が含まれている場合があります。このボックスで、種類名を選びます。

[記号] リスト     選んだフォントと種類から挿入できる記号の完全な一覧です。

最近使用した記号     挿入した記号のうち、よく使われる記号が表示されます。

説明     選んだ記号のわかりやすい説明が表示されます。たとえば、£ 記号を選ぶと、"ポンド記号" という説明が表示されます。

文字コード     記号を表す一意のコードを表示したり、入力したりすることができます。

コード体系     文字コードの基になる文字セットを指定します。ASCII は、英語のアルファベットに基づく文字エンコード標準です。Unicode は、世界中の記述言語のほぼすべてを 1 つの文字セットを使用して表現できる文字エンコード標準です。

[記号と​​特殊文字] タブ   

フォント     記号と特殊文字の挿入に使用する文字セットのテキスト フォントを指定します。このボックスで、フォント名を選びます。

種類     使用可能な場合、選んだフォントの特殊文字の種類を指定します。フォントの種類には、ギリシャ語やロシア語 (キリル) などの言語文字、通貨記号などの文字のカテゴリの拡張一覧が含まれている場合があります。このボックスで、種類名を選びます。

[記号] リスト     選んだフォントと種類から挿入できる記号の完全な一覧です。

最近使用した記号     挿入した記号のうち、よく使われる記号が表示されます。

説明     選んだ記号のわかりやすい説明が表示されます。たとえば、£ 記号を選ぶと、"ポンド記号" という説明が表示されます。

文字コード     記号を表す一意のコードを表示したり、入力したりすることができます。

コード体系     文字コードの基になる文字セットを指定します。ASCII は、英語のアルファベットに基づく文字エンコード標準です。Unicode は、世界中の記述言語のほぼすべてを 1 つの文字セットを使用して表現できる文字エンコード標準です。

[特殊文字] タブ   

文字     よく使われる特殊文字とその説明のセットが表示されます。

ショートカット キー     一覧の各特殊文字に割り当てられているショートカット キーが表示されます。

フォント     記号と特殊文字の挿入に使用する文字セットのテキスト フォントを指定します。このボックスで、フォント名を選びます。

種類     使用可能な場合、選んだフォントの特殊文字の種類を指定します。フォントの種類には、ギリシャ語やロシア語 (キリル) などの言語文字、通貨記号などの文字のカテゴリの拡張一覧が含まれている場合があります。このボックスで、種類名を選びます。

[記号] リスト     選んだフォントと種類から挿入できる記号の完全な一覧です。

最近使用した記号     挿入した記号のうち、よく使われる記号が表示されます。

説明     選んだ記号のわかりやすい説明が表示されます。たとえば、£ 記号を選ぶと、"ポンド記号" という説明が表示されます。

文字コード     記号を表す一意のコードを表示したり、入力したりすることができます。

コード体系     文字コードの基になる文字セットを指定します。ASCII は、英語のアルファベットに基づく文字エンコード標準です。Unicode は、世界中の記述言語のほぼすべてを 1 つの文字セットを使用して表現できる文字エンコード標準です。

[記号と​​特殊文字] タブ   

フォント      記号と特殊文字の挿入に使用する文字セットのテキスト フォントを指定します。このボックスで、フォント名を選びます。

種類      使用可能な場合、選んだフォントの特殊文字の種類を指定します。フォントの種類には、ギリシャ語やロシア語 (キリル) などの言語文字、通貨記号などの文字のカテゴリの拡張一覧が含まれている場合があります。このボックスで、種類名を選びます。

[記号] リスト     選んだフォントと種類から挿入できる記号の完全な一覧です。

最近使用した記号      挿入した記号のうち、よく使われる記号が表示されます。

説明      選んだ記号のわかりやすい説明が表示されます。たとえば、£ 記号を選ぶと、"ポンド記号" という説明が表示されます。

文字コード      記号を表す一意のコードを表示したり、入力したりすることができます。

コード体系      文字コードの基になる文字セットを指定します。ASCII は、英語のアルファベットに基づく文字エンコード標準です。Unicode は、世界中の記述言語のほぼすべてを 1 つの文字セットを使用して表現できる文字エンコード標準です。

オートコレクト      [オートコレクト] ダイアログ ボックスが表示されます。このダイアログ ボックスで、文字の入力時に、選んだ記号に置き換えことができる語句を指定できます。

ショートカット キー      [キーボードのユーザー設定] ダイアログ ボックスが表示されます。このダイアログ ボックスで、選んだ記号に関連付けるキーボード ショートカットを割り当てることができます。

[特殊文字] タブ   

文字      よく使われる特殊文字とその説明のセットが表示されます。

ショートカット キー      一覧の各特殊文字に割り当てられているショートカット キーが表示されます。

オートコレクト      [オートコレクト] ダイアログ ボックスが表示されます。このダイアログ ボックスで、文字の入力時に、選んだ記号に置き換える語句を指定できます。

ショートカット キー     [キーボードのユーザー設定] ダイアログ ボックスが表示されます。このダイアログ ボックスで、選んだ特殊文字に関連付けるキーボード ショートカットを割り当てることができます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×