計画を開始する

異なるテーブルに分割されたデータ

計画によって時間と労力を節約できます。

あなたは、このコースや一連の他のコースで、コンピューター、机など、会社の資産に関するデータを管理しているとします。 これまで、このようなデータを入力して管理するのにスプレッドシートを使ってきましたが、ファイルが非常に大きくなり、データの検索と変更が困難になっているほか、一部のレコードが正確でなくなっています。

このデータを Access データベースに移動すると作業が楽になりますが、どこから始めたらよいでしょうか。 それには、まずデータベースのデザインを理解してください。 データベースのデザインに関連する用語はかなり専門的な場合があり、"正規形" のような用語を耳にしますが、基本は次のとおりです。

キャプチャする必要があるデータに注目します。 どのくらいの量のデータが繰り返されていますか。 たとえば、スプレッドシートで何回、仕入先が表示されますか。 この繰り返しのデータを探し、そのデータを単独のテーブルに移動します。 さまざまな種類の繰り返しのデータを確認し、それぞれの種類のデータを単独のテーブルに移動するまで、この手順を繰り返します。

この手順の一部として、各テーブルに一意のデータが含まれることを確認します。 たとえば、資産データのテーブルには売上情報は含まれず、給与データのテーブルに医療レコードを含めることはできません。 データをより小さいテーブルに分割するプロセスを、"正規化" と呼びます。

データを正規化した後は、テーブルとリレーションシップをリンクしてデータを "再婚" させます。 それを示しているのがこの図です。 元のスプレッドシートではデータを 1 つの長いリストに配置していますが、データベースではデータをテーブルに分割します。 必要な情報を見つけ、データから意味のある情報を得られるような方法で、順番にテーブルを関連付けます。

どのリレーショナル データベースでも、この一連のテーブルとリレーションシップが基本となります。 これらがなければデータベースではありません。 これから学習を進める過程で、手順を追ってデザイン プロセスについて学びます。

トピック 1/11

次へ

(最初に戻る)

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×