見開きページと表紙

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

このビデオでは、見開きページと組み合わせる表紙の挿入方法について説明します。この他、ページ番号の修正方法についてもご紹介します。

さらに詳しく

ページの余白を設定する

上の余白が見つからない

テキスト ボックスまたは図形の余白を変更する

見開きページとページ番号を設定したので、 今回はタイトル ページを追加したいと思います。

ご覧のように、最初のページは、この部分に表紙の内容があり、

その下に本文が続いています。

これら 2 つの内容を分けたいと思います。

まずここにカーソルを置きます。[ページ レイアウト] を選び、[区切り]、[改ページ] の順にクリックします。

これで、表紙と本文を正しく分けることができました。

本の体裁には、一般的な慣例があります。

ほとんどの本には表紙があり、表紙を開くと左側のページは空白です。

そして、右側のページから本文が始まります。

Word でこのようにするにはどうすればよいのか、 ご紹介しましょう。 先ほど挿入した改ページは使いません。

まず、上へスクロールして、最初のページを表示します。 編集記号を表示して、処理の経過をわかりやすくしましょう。

[ホーム] タブの [編集記号の表示/非表示] ボタンをクリックします。 これでよし。

これが先ほど挿入した改ページです。 BACKSPACE キーを使って削除します。

ここに、改ページの代わりにセクション区切りを挿入します。

[ページ レイアウト] をクリックして、 [区切り] を選び、[セクション区切り] の [奇数ページから開始] をクリックします。

このオプションをクリックすると、3 つの処理が行われます。

まず、最初の表紙の下に区切りが挿入されます。

次に、区切りの下の本文が次の奇数ページ、 つまり 3 ページ目に移動します。

そして、そこに空白のページも追加されます。 では、やってみましょう。 [奇数ページから開始] をクリックします。

すると、表紙が 1 ページになり、本文がここ 3 ページから始まります。

たぶん、先ほどお話しした空白のページがどこにあるのか、気になっていると思います。

空白のページはあるのですが、このビューには表示されません。

印刷プレビューで確認してみましょう。先頭ページに戻って [ファイル] を選び、[印刷] をクリックします。

ここには、1 ページの表紙が表示されています。下にスクロールすると、空白のページがあります。

本文は、ここ、次の奇数ページ 3 ページから始まります。

この状態で 1 つ気になるのは、この表紙のページ番号ではないでしょうか。

通常、表紙にはページ番号はありません。

ですから削除しましょう。 そして、本文の 1 ページ目からページ番号を振りたいと思います。

修正するには、まず戻って、フッターまでスクロールします。

ここで注意したいのが、[前と同じ] という表示です。

これは、このフッターの設定が上の表紙ページの設定を継承しているということです。

今回は、継承したくありません。

ですから、この機能をオフにします。この上部にある [前と同じヘッダー/フッター] の選択を解除します。

次にこのページ番号の書式を変更します。選んで右クリックし、

[ページ番号の書式設定] を選び、[開始番号] を「1」にします。 これでよし。 希望どおりになりました。

あとは、表紙のページ番号を削除するだけです。

BACKSPACE キーを押して消したら、フッターを抜けます。

作成したら、印刷プレビューで確認してみましょう。

[ファイル]、[印刷] の順に選ぶと、このとおり、表紙にページ番号がありません。

下にスクロールすると、空白のページがあり、本文が 1 ページから始まります。

もちろん、ページ番号は続いてふられています。

見開きページ、ページ番号、セクション区切りについて詳しくは、コースのまとめをご覧ください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×