複数レベルのリストを追加または新規作成は word for Mac

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

マルチレベル リスト (またはの枠線] ボックスの一覧)、単一レベルのようなできる箇条書きまたは段落番号: ですがさらに番号、文字、箇条書きを混在させることがあります。新しい箇条書きスタイルを作成するには、スタイル、色、および箇条書き、文字、または段落番号の配置をカスタマイズします。それらをカスタマイズすると、これらの設定、スタイルとして保存し、何度も使用できます。

アウトラインを作成する

  1. [ホーム] タブの [段落] グループで、アウトライン  アウトライン ] をクリックします。

  2. 箇条書きの書式をクリックします。

  3. 箇条書きの項目を入力し、各項目の末尾で Return キーを押します。

  4. アウトライン番号の付いた項目を適切なレベルに移動するには、次のいずれかの操作を行います。

    目的

    項目をクリックした後に行う操作

    番号のレベルの項目のレベルを下げる

    [ホーム] タブの [段落] で、[インデント] PowerPoint の [インデントを増やす] ボタン をクリックします。

    ヒント: キーボードを使用してインデントを増やすには、箇条書きの先頭にカーソルを移動して、Tab キーを押します。

    項目を高い番号のレベルを上げる

    [ホーム] タブの [段落] で、[インデント解除] [インデントを減らす] ボタン をクリックします。

    ヒント: キーボードを使用してインデントを減らすには、箇条書きの先頭にカーソルを移動して、Shift + Tab キーを押します。

新しい箇条書きスタイルを作成します。

  1. 外観を変更する、複数レベルのリストを選びます。

  2. [ホーム] タブの [アウトライン] の横にある矢印をクリックして、[新しいアウトラインの定義] をクリックします。

    [ホーム] タブの [アウトライン] アイコンと [新しいアウトラインの定義] が強調表示されています。

  3. 左下の矢印をクリックしてダイアログ ボックスを展開し、すべてのオプションを表示します。

    [アウトライン番号の書式設定] ダイアログ ボックスの下矢印が強調表示されています。

  4. [レベル] で、変更する一覧のレベルをクリックします。 既定では、[1] が選ばれています。

  5. 行頭文字にダッシュやかっこなどの別の値を追加するには、[番号書式] フィールドに入力します。 たとえば、番号をかっこで囲むには「(1)」と入力し、文字をかっこで囲むには「(A)」と入力します。

  6. フォント サイズ、スタイル、色を変更するには、[フォント] をクリックして、[フォント] タブおよび [詳細設定] タブで設定を選びます。

    • [フォント] タブでは、行頭文字のフォント、スタイル、サイズ、色、下線のスタイル、下線の色、文字飾りを変更します。

    • [詳細設定] タブでは、文字間隔および高度な体裁を変更します。

  7. スタイルを変更するには、[このレベルに使用する番号の種類] の横の矢印をクリックして、番号、文字、または別の連番の形式を選びます。 [開始番号] では、一覧を始める番号、文字、行頭番号を選びます。 番号の既定値は 1 です。

    注: 特定のレベルの後から段落番号を再開するには、[リストを開始するレベルを指定する] ボックス (ダイアログ ボックスの下部近くにある) をオンにして、リスト ボックスでレベルを選びます。

  8. 複数レベルの一覧でリーガル書式を適用するには、[リーガル書式の連番を付ける] ボックスをオンにします。

  9. 各レベルで上位レベルの番号を表示するには、どのレベルの番号を組み込むかを [次のレベルの番号を含める] で指定します。

  10. 番号の配置を変更するには、[番号の配置] で、[]、[中央]、[] のうちのいずれかをクリックします。 [整列] で、配置を開始する場所の値を指定します (0.5" など)。

  11. [字下げとぶら下げ] の [インデント] ボックスで、テキストをインデントする場所を選びます。 タブ位置を追加する場合は、[タブ位置の追加] にタブの位置を入力します。

  12. 複数レベルの一覧でレベルの書式設定オプションをカスタマイズし終わったら、[LISTNUM フィールドのリスト名] にリストの名前を入力します。 この名前は、ListNum フィールドが表示されるあらゆる場所に表示されます。

  13. [番号に続く空白の扱い] で、[タブ文字]、[スペース]、[なし] のいずれかをクリックして、各行頭文字の後に続く値を入力します。 [タブ文字] を選んだ場合は、[タブ位置の追加] をオンにして値を入力します。

  14. Word の既存のスタイルをリスト内の各レベルに対して使うには、[レベルと対応付ける見出しスタイル] でスタイルを選びます。

  15. [変更の対象] で、[リスト全体]、[これ以降]、または [選択している文字列] をクリックして、変更を適用する場所を選びます。

  16. [OK] をクリックしてスタイルを保存します。

アウトラインを作成する

  1. [ホーム] タブの [段落] で、[アウトライン] アウトライン をクリックします。

  2. 箇条書きの項目を入力し、各項目の末尾で Return キーを押します。

  3. アウトライン番号の付いた項目を適切なレベルに移動するには、次のいずれかの操作を行います。

    目的

    項目をクリックした後に行う操作

    番号のレベルの項目のレベルを下げる

    [ホーム] タブの [段落] で、[インデント] PowerPoint の [インデントを増やす] ボタン をクリックします。

    ヒント: キーボードを使用してインデントを増やすには、箇条書きの先頭にカーソルを移動して、Tab キーを押します。

    項目を高い番号のレベルを上げる

    [ホーム] タブの [段落] で、[インデント解除] [インデントを減らす] ボタン をクリックします。

    ヒント: キーボードを使用してインデントを減らすには、箇条書きの先頭にカーソルを移動して、Shift + Tab キーを押します。

新しい箇条書きスタイルを作成します。

  1. 書式変更する項目をクリックします。

    注: アウトライン番号の付いた箇条書きの 1 つの項目の書式を変更すると、該当するレベルの項目すべてに変更が反映されます。

  2. [ホーム] タブの [段落] で、[アウトライン] アウトライン をクリックし、[新しいアウトラインの定義] をクリックします。

  3. 左下の矢印をクリックしてダイアログ ボックスを展開し、すべてのオプションを表示します。

  4. [レベル] で、変更する一覧のレベルをクリックします。 既定では、[1] が選ばれています。

  5. ダッシュ、かっこ、または別の値に箇条書きを追加するには、表示形式] フィールドに入力します。たとえば、かっこ、または(A)の文字をかっこでスタイルを設定すると、番号のスタイルを設定する場合は、 (1)を入力します。

  6. フォント サイズ、スタイル、色を変更するには、[フォント] をクリックして、[フォント] タブおよび [詳細設定] タブで設定を選びます。

    • [フォント] タブでは、行頭文字のフォント、スタイル、サイズ、色、下線のスタイル、下線の色、文字飾りを変更します。

    • [詳細設定] タブでは、文字間隔および高度な体裁を変更します。

  7. スタイルを変更するには、 [数字スタイルと選択番号、文字、または別の日付形式の横の矢印をクリックします。開始、番号、文字、または箇条書きを開始するには、目的の行頭文字を選択します。数値の既定値には1です。

    注: 特定のレベルの後に番号を振り直す] を振り直す] ボックス (ダイアログ ボックスの下部) を選択し、[リストのレベルを選択します。

  8. 法的マルチレベル リスト スタイルを適用するには、[有効なスタイルの段落番号] ボックスをオンにします。

  9. 前のレベルの番号には、各レベルより高いレベルの番号を表示するには、どのレベルの番号を追加するを指定します。

  10. [番号の配置] または [行頭文字の配置] の番号の配置を変更するには、中央、またはをクリックします。での調整] で、配置 (たとえば、0.5") を開始する位置の値を指定します。

  11. [テキストの位置]、[インデント] ボックスのテキストのインデントを設定する場所を選択します。タブ位置を追加するには場合、は、追加のタブにある[タブ位置を入力します。

  12. 複数レベルの一覧でレベルの書式設定オプションをカスタマイズし終わったら、[LISTNUM フィールドのリスト名] にリストの名前を入力します。 この名前は、ListNum フィールドが表示されるあらゆる場所に表示されます。

  13. [番号に続く空白の扱い] で、[タブ文字]、[スペース]、[なし] のいずれかをクリックして、各行頭文字の後に続く値を入力します。 [タブ文字] を選んだ場合は、[タブ位置の追加] をオンにして値を入力します。

  14. Word の既存のスタイルをリスト内の各レベルに対して使うには、[レベルと対応付ける見出しスタイル] でスタイルを選びます。

  15. 変更の対象] のリスト全体これ以降、または現在の段落をクリックして変更を適用したい場所を選択します。

  16. [OK] をクリックしてスタイルを保存します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×