スキップしてメイン コンテンツへ
複数モニターでプレゼンテーションを行う (および、発表者のノートを個別に表示する)

複数モニターでプレゼンテーションを行う (および、発表者のノートを個別に表示する)

PowerPoint for Office 365, PowerPoint 2019, PowerPoint 2016, PowerPoint 2013, PowerPoint 2010

2台のモニターでプレゼンテーションを行うことができます:発表者ツールを使用すると、発表者のノートを別のモニター (たとえば、より大きな画面など) に表示するのに最適です。投影しています)。

注: プレゼンテーションに使用しているデバイスが複数モニターの使用をサポートしていることを確認します。 複数モニターのサポートに関する最新情報については、製造元に問い合わせてください。

この手順を実行して、プロジェクター間でビューを分割するには、2番目の画面に接続する必要があります。

2 台のモニターで発表者ツールを使用するように PowerPoint をセットアップする

  1. [スライド ショー] タブの [モニター] で [発表者ツールを使用する] を選択します。

    [スライド ショー] タブの [モニター] グループ

    Windows の [表示設定] が開きます。

  2. [表示設定] ダイアログ ボックスの [モニター] タブで、発表者のノートを表示するモニターのアイコンを選び、[このモニターをメインにする] チェック ボックスをオンにします。

    [このモニターをメインにする] チェック ボックスがオンになっていて使用できない場合、そのモニターは既にプライマリ モニターとして指定されています。

  3. 参加者用の 2 台目のモニターのアイコンを選び、[Windows デスクトップをこのモニターに拡張する] チェック ボックスをオンにします。

注: Windows の [表示設定] が開かない場合は、次の操作を行います。

  • Windows 10 の場合: [スタート]、[設定]、[システム]、[ディスプレイ] の順にクリックします。 上部の [ディスプレイのカスタマイズ] で、コンピューターに接続されている画面の図が表示され、各画面に番号が付けられています。 プロジェクトに接続している場合、通常、画面 2 として図に表示されます。 図で画面 1 を選択し、下へスクロールします。 [これをメイン ディスプレイにする] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。 チェック ボックスの上の [複数表示] の一覧で [表示画面を拡張する] を選択します。

  • Windows 8 の場合: Windows の [スタート] ボタンを右クリックして、[コントロール パネル]、[ディスプレイ]、[解像度の調整] の順にクリックします。 [複数のディスプレイ] 一覧で、[表示画面を拡張する] をクリックします。 発表者のノートを表示するモニターを選択して、[これをメイン ディスプレイにする] をクリックします。

  • Windows 7 の場合:[スタート]、[コントロール パネル] をクリックし、[デスクトップのカスタマイズ] で [画面の解像度の調整] をクリックします。 [複数のディスプレイ] 一覧で、[表示画面を拡張する] をクリックします。 発表者のノートを表示するモニターを選択して、[これをメイン ディスプレイにする] をクリックします。

PowerPointをスマートフォン上でプレゼンテーションを実行し、スピーカーのノートを表示するリモコンとして使用することができます。 詳細については、「</c0>PowerPoint でプレゼンテーション中に、スマートフォンでレーザー ポインターを使用する」を参照してください。このページには、短いビデオもあります。

2 台のモニターでプレゼンテーションを実行する

  1. [スライド ショー] タブの [設定] グループで、[スライド ショーの設定] をクリックします。

    [スライド ショーの設定] ボタン

  2. [スライド ショーの設定] ダイアログ ボックスで必要なオプションを選び、[OK] をクリックします。 [自動] を選択すると、メイン ディスプレイとして選択したモニターに発表者のノートが表示されます。

    [スライド ショーの設定] ダイアログ ボックスのモニター オプション

    (PowerPoint 2010)    を選び、プライマリモニターに発表者のノートを表示します。 [スライドショーの表示] ボックスの一覧からセカンダリモニターを選択します。

    PowerPoint 2010 のモニター オプション

  3. プレゼンテーションの配信を開始するには、[スライド ショー] タブで [最初から] をクリックするか、PowerPoint ウィンドウの下部にある [スライド ショー] ボタン ステータス バーに表示されるコンピューター画面の画像をクリックするとスライド ショーが表示される をクリックします。

拡張と複製:スライド ショーが終了した後はどうなりますか

PowerPoint は、バックグラウンドで動作し、できる限り円滑かつ迅速に 2 台目のモニターでスライドショーを開始する処理を実行します。 スライド ショーに入ると、PowerPoint が自動的に表示設定 (ディスプレイ トポロジとも呼ばれます) を [拡張] に変更します。

スライド ショーが終了したの動作は、次のような混乱を招く可能性があります。

  • PowerPoint 2013では、スライドショーが終了すると、 PowerPoint は、表示トポロジを拡張として残します。 (この方法の利点は、次に2台目のモニターでプレゼンテーションを行うときに、最初のスライドが最小限の遅延で表示されることです。 欠点は、"複製" という優先表示設定を上書きして PowerPoint ことがあるということです。 この上書きを気にしない人もいます。)

  • 新しいバージョンでは、同じスライドショーの最後のシナリオで PowerPoint は既定の設定に戻り、[複製] を選択した場合は [複製] に戻ります。

PowerPoint 2013 を使用しているときに、[拡張] の設定を保持せずに PowerPoint を既定の設定に戻すには、次に示すように Windows レジストリに小さな変更を加えます。

この手順では、PowerPoint の Windows レジストリに新しい設定を追加するコマンドを作成し、そのコマンドを実行します。

  1. メモ帳で新しいファイルを作成します。

  2. 次の 3 行のテキストをメモ帳にコピーして貼り付けます。

    Windows Registry Editor Version 5.00 
    [HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\PowerPoint\Options] 
    "RestoreTopology"=dword:00000001
  3. メモ帳の [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックします。

  4. ファイル名を変更します。 (ファイル名拡張子は.regである必要があります)。

  5. [ファイルの種類] ボックスで [すべてのファイル (*.*)] を選びます。

  6. ファイルの保存先となるフォルダーをメモします。 そして、[保存] をクリックして、メモ帳を閉じます。

  7. [スタート] メニューからエクスプローラーを開いて、Update.reg ファイルを保存したフォルダーに移動します。

  8. [Update.reg] をダブルクリックします。

  9. その後に表示される 2 つのプロンプトに [はい] と答えます。

これが完了したら、PowerPoint はスライド ショーの終了時に、既定のディスプレイ トポロジに戻るようになります

(この PowerPoint プログラム マネージャーが回答したコミュニティ フォーラムの投稿で技術的な詳細をご覧ください)。

ヒント: Check out these YouTube videos from PowerPoint community experts for more help with presenting slideshows!

関連項目

ビデオ: 発表者ツールを使う

スライド ショーの実行時に発表者のノートを表示する

ビデオ: スライド ショーのタイミングをリハーサルする

スライド ショー表示でスライドの一部を拡大する

PowerPoint のスライド、配布資料、およびノートを印刷する

自動プレゼンテーションを作成する

プレゼンテーションを開始してノートを発表者ビューで見る

PowerPoint 2016 のビデオがセカンダリ モニターで再生されない

発表者ツールを使用するための前提条件

発表者ツールを使用する前に、次の手順どおりに行います。

  • プレゼンテーションに使用するコンピューターが、複数のモニターの使用をサポートしていることを確認します。 最近では、ほとんどのコンピューターに複数のモニターのサポートが組み込まれていますが、組み込まれていない場合は 2 つのビデオ カードが必要です。

    ヒント: 複数のモニターのサポートに関する最新情報は、コンピューターの製造元の Web サイトでご確認ください。

  • PowerPoint でプレゼンテーション用に使用できるモニターの数は 2 台までです。 ただし、1 台のコンピューターに接続されている 3 台以上のモニターでプレゼンテーションを実行するように構成することは可能です。 3 台以上のモニターを使用するように構成するには、この資料を下にスクロールして「複数のモニターのサポートを有効にする (3 台以上のモニターの場合)」セクションを参照してください。

  • 発表者ツールを使用するように PowerPoint を構成する

2 台のモニターで発表者ツールを使用するように PowerPoint を構成する

  1. [スライド ショー] タブの [モニター] グループで [発表者ツールを使用する] をクリックします。

    注: Windows の [コントロール パネル] で [表示設定] ダイアログ ボックスが表示される場合があります。 表示されない場合は、既にセットアップされています。 設定を変更する場合は、Microsoft Windows のヘルプを参照し、ご使用の Windows の [表示設定] を見つけて、手順 2 から 4 に従ってください。

  2. [表示設定] ダイアログ ボックスの [モニター] タブで、発表者のノートを表示するために使用するモニターのアイコンをクリックして、[このモニターをメインにする] チェック ボックスをオンにします。

    [このモニターをメインにする] チェック ボックスがオンになっていて使用できない場合、そのモニターは既にプライマリ モニターとして指定されています。 一度に選択できるプライマリ モニターは 1 台のみです。 別のモニターのアイコンをクリックすると、[このモニターをメインにする] チェック ボックスがオフになり、再び使用できるようになります。

  3. 参加者用に表示する 2 台目のモニターのアイコンをクリックし、[Windows デスクトップをこのモニターに拡張する] チェック ボックスをオンにして [OK] をクリックします。

  4. [スライド ショー] タブの [モニター] グループで、参加者用にプレゼンテーションを表示するモニターが [表示先] リストに表示されていることを確認します。

2 台のモニターでプレゼンテーションを実行する

  1. [スライド ショー] タブの [設定] グループで、[スライド ショーの設定] をクリックします。

  2. [スライド ショーの設定] ダイアログ ボックスで必要なオプションを選び、[OK] をクリックします。

  3. プレゼンテーションの実行を開始するには、[表示] タブの [プレゼンテーションの表示] グループで、[スライド ショー] をクリックします。

複数のモニターのサポートを有効にする (3 台以上のモニターの場合)

3 台以上のモニターが接続されているコンピューターでプレゼンテーションを実行するには、その前に複数モニターのサポートを有効にする必要があります。

  1. [スライド ショー] タブの [モニター] グループで [発表者ツールを使用する] をクリックします。

    ヒント: Windows の [コントロール パネル] に [表示設定] ダイアログ ボックスが表示される場合があります。 表示されない場合は、Microsoft Windows のヘルプを参照し、Windows の表示設定を見つけます。

  2. [表示設定] ダイアログ ボックスの [モニター] タブで、発表者のモニターのアイコンをクリックし、[このモニターをメインにする] チェック ボックスをオンにします。

    ヒント: [このモニターをメインにする] チェック ボックスがオンになっていて使用できない場合、そのモニターは既にプライマリ モニターとして指定されています。 一度に選択できるプライマリ モニターは 1 台のみです。 別のモニターのアイコンをクリックすると、[このモニターをメインにする] チェック ボックスがオフになり、再び使用できるようになります。

  3. 参加者用に表示する追加の各モニターについて、モニター アイコンをクリックし、[Windows デスクトップをこのモニターに拡張する] チェック ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。

    注: 

    • 複数モニターのサポートを無効にするには、[表示設定] ダイアログ ボックスの [モニター] タブで、2 台目のモニターを選び、[Windows デスクトップをこのモニターに拡張する] チェック ボックスをオフにします。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×