複数の TOC を文書に追加する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

このビデオを見て、フィールド コードを使用して文書に複数の目次を追加する方法を学習します。

さらに詳しく

目次 (TOC) の概要

目次を書式設定またはカスタマイズする

目次 (TOC) の応用

Word のフィールド コード

非常に長く複雑な文書では、

セクションごとに目次を用意すると読みやすくなります。

それにもやはりフィールド コードを使います。

アウトライン表示にすると、この文書にはサブセクションを含む 3 つのセクションがあることがわかります。

読みやすくするため、各セクションに目次を追加してみましょう。

まず、各サブセクションの見出しに TC フィールドを追加します。その機能は後でわかります。

最初のセクションで、1 番目のサブセクションの見出しの前をクリックします。

[挿入] タブの [クイックパーツ] で [フィールド] をクリックします。

下にスクロールして [TC] をクリックし、サブセクションの名前を入力して、[複数の目次を作成するための TC (目次登録) フィールド] をオンにします。

これで F スイッチがコードに追加され、複数の目次を追加できます。

次に [アウトライン レベル] をオンして「1」と入力します。これで目次フィールドが目次 1 のスタイルで書式設定されます。[OK] をクリックします。

次に、[ホーム] タブで編集記号を有効にして、フィールド コードを確認します。

F スイッチが追加されています。

これで、フィールドに種類識別子を割り当てることで、文書に複数の目次を追加できます。F の後をクリックします。

どの文字でも識別子に使えますが、ここでは種類を「x」とし、スペース、x と入力します。

次に、他のサブセクションの見出しを設定するため、フィールド コードを選び、コピーします。

引用符内の文字列を削除し、サブセクション名を入力します。

1 つのセクションが完了したら、次のセクションに移ります。文字列と識別子を変更します。

このセクションは「y」とします。すべてのサブセクションの見出しで、フィールド コードに「y」を追加します。

3 番目のセクションは、f スイッチの値を「z」に変更します。

そして、そのフィールド コードを他の見出しに追加します。

これで、各セクションのサブセクションに x、y、z が設定されました。

ここで目次を追加します。最初のセクションの見出しの下をクリックし、

[参考資料] タブの [目次] をクリックして、[ユーザー設定の目次] を選びます。

[オプション] をクリックし、[スタイルを指定する] と [アウトライン レベル] をオフにし、[目次登録フィールドを使用する] をオンにします。

これで、TC フィールド コードで設定された文字列だけが表示されます。[OK]、さらに [OK] をクリックします。

TOC フィールド コードが追加されましたが、目次が表示されていません。では、Alt キーを押しながら F9 キーを押してフィールド コードを表示してみましょう。

コードに f スイッチが追加されていますが、種類の識別子がありません。

識別子がないと、既定の種類 c と認識されます。

f スイッチの後に「x」と入力し、コードを右クリックしてフィールドを更新します。Alt キーを押しながら F9 キーを押して、目次を表示します。

これで、このセクションで種類「x」を含む見出しだけが目次に表示されます。

次に、TOC フィールド コードを他のセクションにコピーします。

f スイッチを「y」、そして「z」に変更します。

最後に、文書の最初にレベル 1 の目次を追加したいと思います。

[目次]、[ユーザー設定の目次] をクリックし、1 レベルのみを選び [OK] をクリックします。

これで、見出し 1 の文字列のみで目次が作成されます。

以上で、自動作成の目次を自由にカスタマイズする方法をご理解いただけたと思います。

さらに知りたい方は、その他の目次に関するコースをご覧ください。フィールド コードの詳細も学習できます。

目次やフィールド コードの詳細については、コースのまとめに記載されたリンクをご確認ください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×