複数の Office テンプレートをドキュメント ライブラリに追加する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

この記事では、一般的なを簡単に作成するユーザーを有効にするドキュメント ライブラリに空白またはカスタム テンプレートを関連付けることについて説明または Microsoft Office ドキュメントをテンプレートに基づく高度にカスタマイズします。この情報を便利に固有のイベントが PowerPoint のスライド、または出張レポート ブランド経費明細書などのドキュメントの特定の種類の一貫性のある使用を有効にする場合は、検索されます。ライブラリを特定の種類、法律、人事管理など、組織内の特定のグループのドキュメントの作成に使用するテンプレートとして保存することのカスタム テンプレートがドキュメント ライブラリに追加された後、または IT します。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

概要

ドキュメント テンプレートのコンテンツ タイプを作成します。

新しいドキュメントを作成するときに、選択肢として、新しいテンプレートを表示します。

カスタマイズしたライブラリをテンプレートとして保存します。

概要

特定のライブラリに対して新規ドキュメントを作成する場合、使用できるドキュメント テンプレートの種類は既定で Microsoft Word 文書になります。では、Microsoft Excel ワークシート、Microsoft OneNote ドキュメント、または Microsoft PowerPoint プレゼンテーションをドキュメント ライブラリに追加する場合は、どうしたらよいでしょうか。また、ドキュメントの種類をそれぞれ特定のテンプレートに基づかせて、特定の種類のすべてのドキュメントに一貫性を持たせるには、どうしたらよいでしょうか。

この記事は、ドキュメント ライブラリ内のさまざまなファイルの種類のテンプレートとして使用するコンテンツ タイプを作成するための手順と、それを追加するための手順に分かれています。

新しいアイテムをライブラリに追加するとき、複数のテンプレートから選ぶ

ドキュメント テンプレートのコンテンツ タイプを作成する

注: この手順を完了するサイト コレクションの所有者でなければなりません。

  1. サイト コレクションのトップ レベルに移動して、[サイトの操作] メニューの [サイトの設定] をクリックします。

  2. [サイトの設定] ページの [ギャラリー] セクションで、[サイト コンテンツ タイプ] をクリックします。

    注: 、既定では、Word の新しいコンテンツ タイプがある [グループ ワーク コンテンツ タイプ] セクションに注意してください。これは、通常、すべてのドキュメント ライブラリに新しいドキュメントを追加する際に使用可能な選択肢です。

    ドキュメント ライブラリに新しいドキュメントを追加する

  3. [サイト コンテンツ タイプの設定] ページの上部で [作成] をクリックします。

  4. [新しいサイト コンテンツ タイプ] ページで、次の操作を行います。

    • [名前] フィールドに、「PowerPoint」と入力します。

    • [説明] フィールドに、「このライブラリ内に新しいプレゼンテーションを作成する」と入力します。

    • [親コンテンツ タイプの選択元] ボックスの一覧の [ドキュメント コンテンツ タイプ] をクリックします。

    • [親コンテンツ タイプ] ボックスの一覧の [ドキュメント] をクリックします。

    • [OK] をクリックします。

  5. [サイト コンテンツ タイプ > PowerPoint] ページの [設定] で、[詳細設定] をクリックします。

  6. ドキュメント テンプレート] セクションで、[新しいドキュメント テンプレートをアップロード] を選びます、参照] をクリックし、PowerPoint のスライドまたは使用するテンプレートをダブルクリックします。

    注: 生成された Office ドキュメントを作成するためにインストールされた Microsoft Office が必要です。

  7. [OK] をクリックします。

    注: ファイルの種類ごとに、上記の手順を繰り返して、新しい Excel、OneNote または Word テンプレートを追加することもできます。

    注: 複数を作成し、同じ種類のテンプレート ファイルの種類。

 ページの先頭へ

新規ドキュメントの作成時に新しいテンプレートを選択肢として表示する

PowerPoint、OneNote、および Excel のテンプレートのコンテンツ タイプを作成したら、コンテンツ タイプをドキュメント ライブラリに追加する必要があります。この手順を実行することで、作成したコンテンツ タイプがリボンの [新しいドキュメント] の選択肢として確実に表示されるようになります。

  1. 新しいコンテンツ タイプを関連付けるライブラリに移動します。

  2. リボンの [ライブラリ] タブで、[ライブラリの設定] をクリックします。リストを使用している場合は、[リストの設定] をクリックします。

  3. [全般設定] の [詳細設定] をクリックします。

  4. [コンテンツ タイプ] セクションの [コンテンツ タイプの管理を許可する] で [はい] をクリックして、[OK] をクリックします。

  5. [ライブラリの設定] ページのコンテンツ タイプ] の [既存のサイト コンテンツ タイプから追加] をクリックします。

  6. [コンテンツ タイプの追加] ページの [サイト コンテンツ タイプの選択元] で、[すべてのグループ] をクリックします。

  7. [利用可能なサイト コンテンツ タイプ] で、このライブラリに追加する新しいコンテンツ タイプを探してクリックし、[追加] をクリックします。

    注: < Ctrl キーを押し >キーを押しながら、一覧で、いくつかのコンテンツ タイプ] をクリックして、コンテンツ タイプの複数選択できます。

  8. アイテムを追加するライブラリのリボンで [新規作成] を次にクリックしたときに、新しいテンプレートのコンテンツ タイプがボックスの一覧に選択肢として表示されます。

ページの先頭へ

カスタマイズしたライブラリをテンプレートとして保存する

PowerPoint、OneNote、および Excel のテンプレートのコンテンツ タイプを作成して、ドキュメント ライブラリに追加したら、このライブラリをテンプレートとして保存できます。こうすると、別のドキュメント ライブラリに対して同じような操作を行う場合に、上記の手順を繰り返す必要がありません。

注: この作業者の権限が必要です。

  1. テンプレートとして保存するドキュメント ライブラリに移動します。

  2. リボンの [ライブラリ ツール] で [ライブラリ] タブをクリックします。

  3. リボンの [設定] で [ライブラリの設定] をクリックします。

  4. [権限と管理] で [ドキュメント ライブラリをテンプレートとして保存] をクリックします。

  5. ファイル名、テンプレート名、およびテンプレートの説明を、対応するフィールドに入力します。

  6. この新しいドキュメント ライブラリ テンプレートから作成したドキュメント ライブラリを、ドキュメント ライブラリ内の既存のアイテムに含めるには、[コンテンツを含む] チェック ボックスをオンにします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×