複数の文書の目次を作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

複数のドキュメントの見出しを結合する目次を作成するには、 RD (参照先文書) フィールドを使用することができます。

準備

  • 各文書で目次に使用するエントリに見出しスタイルまたはアウトライン レベルが適用されていることを確認します。

  • 可能な場合は、各文書を同じフォルダーに置き、ファイル パスの一部をコピーして貼り付けることができるようにします。

目次を作成する

  1. 目次を配置する文書を開き、目次を挿入する位置をクリックします。

  2. [参考資料] タブの [目次] で [目次] をクリックします。

    代替テキスト

  3. ギャラリーで目次をクリックし、[目次の挿入] をクリックし、必要なオプションをクリックして、[OK] をクリックします。

  4. "目次項目が見つかりません" というエラーが表示される場合、RD フィールドを追加するとエラーは表示されなくなります。

  5. TOC フィールド コードを表示するには、alt キーを押しながら F9 キーを押します。

  6. Enter キーを押して新しい行を開始します。

  7. [挿入] タブの [テキスト] で [クイック パーツ] をクリックし、[フィールド] をクリックします。

    テキスト グループ

  8. [フィールドの名前] ボックスの一覧で、[RD] をクリックします。

  9. [ファイル名または URL] ボックスに、含める文書のパスとファイル名を入力し、[OK] をクリックします。

注: [フィールド] ダイアログ ボックスを使用するのではなく RD コードを入力する場合は、ctrl キーを押しながら f9 キーを押すし、角かっこ ({}) でRDと二重円記号を使用して、パスを入力します。たとえば、 RD C:\\Manual\File1.docxを入力します。

  1. 含める文書ごとに手順 7. から 10. を繰り返します。

  2. Alt キーを押しながら F9 キーを押してフィールド コードを非表示にし、フィールドの結果を表示します。

  3. 目次を更新するには F9 キーを押します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×