複数の宛先のラベルを印刷する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

宛先の住所ラベルを大量に作成して印刷する必要がある場合は、空のラベルの文書にすべての宛名を手動で入力することもできますが、差し込み印刷という方法を使用すると効率的に作成できます。このビデオで詳細をご確認ください。

さらに詳しく

Word で Avery ラベルを作成する

ラベルの差し込み印刷

ラベルを印刷する

差出人住所ラベルを作成する

複数の住所宛てにラベルを作成する場合、このように空白のラベル文書に

手動で入力できます。

もっと良い方法もあります。それは差し込み印刷といいます。具体的にご説明しましょう。

[差し込み文書] タブ、[差し込み印刷の開始]、[ラベル] の順にクリックします。

まず、ラベルのオプションを選びます。ここでは、ビデオ 1 で使用したラベルを選び、[OK] をクリックします。

すると、新規文書に未入力のラベルが追加されます。ラベルを表示するには、[表ツール] の [レイアウト] タブをクリッ

次に、ラベルに住所を追加するため、宛先リストを作成します。

[差し込み文書] タブに戻り、[宛先の選択]、[新しいリストの入力] の順にクリックします。

ヘッダー列の下のボックスをクリックして入力します。Tab キーを押すと右に、Shift キーと Tab キーを同時に押すと左に移動します。

必要な情報を入力したら、[新しいエントリ] をクリックして次の宛先を追加します。

宛先は必要なだけ追加でき、リストはいつでも変更できます。

完了したら、[OK] をクリックします。リストの名前を入力して保存します。

未入力のラベルとラベル用の宛先リストが作成できました。

最後に、住所のラベル上の表示形式を決定する必要があります。

最も簡単なのは、住所ブロックを追加する方法です。

最初のセクションで、名前の形式を選びます。ここでは、少しカジュアルな形式にしてみます。

ここでオプションを選択すると、ここにその形式を適用した名前のプレビューが表示されます。

この矢印をクリックすると、宛先が変わります。

次に、会社名の有無や、国名、地域名を含めるかどうかを選びます。

最後のオプションは、国や地域に応じてアドレスの形式を変更します。

とえば、フランスでは住所の形式が変わります。

住所ブロックの設定が完了したら、1 件目のプレビューに戻り、[OK] をクリックします。

つ目のラベルにブロックが追加されます。全ラベルに追加するには、[複数ラベルに反映] をクリックします。

差し込み印刷コードではなく、実際のラベルの表示を確認するには、[結果のプレビュー] をクリックします。

住所をラベルに直接入力する代わりに、リストを作成した理由は何でしょうか。

それは、今後差し込み印刷をするときのためです。[宛先の選択] をクリックするだけで、

リストを再利用できるので、繰り返し入力する必要がありません。

これは、ビデオ 4 でご説明します。Outlook の連絡先を利用することもできます。

これで、ラベルを印刷する準備が整ったのでしょうか。

多くの住所が途切れていて、小さなロゴも追加する必要があります。

次回は、ラベルの書式を整えて、グラフィックを追加します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×