複数の予定表からアイテムを結合する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

アイテムが 1 つの予定表に表示されるように、2 つの Outlook データ ファイル (.pst) またはナビゲーション ウィンドウでは、内での予定表フォルダーで予定表アイテムを組み合わせて使用できます。

注: アイテムを結合すると、1 つの予定表ですべてのアイテムが保存されます。ただし、さまざまな予定表] で、アイテムを保存するが、それらを一緒に表示する場合は、予定表のオーバーレイ機能を使用して検討してください。詳細については、予定表に並べて表示または重ねてを参照してください。

2 つの手順は、予定表の情報を結合します。最初に、1 つの予定表のアイテムがエクスポートされます。次に、エクスポートされた予定表の情報では、予定表のすべての予定表アイテムを表示する場所が差し込まようにがインポートされます。

予定表の情報をエクスポートします。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [オプション] をクリックします。

  3. [詳細設定] をクリックします。

  4. [エクスポート] で、[エクスポート] をクリックします。

  5. [ファイルへエクスポート] を選んで、[次へ] をクリックします。

  6. [Outlook データ ファイル (.pst)] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  7. エクスポート含めるサブフォルダー] チェック ボックスをオフにして [次へ] をクリックする予定表フォルダーをクリックします。

  8. としてエクスポートされたファイルを保存する] ボックスに、フォルダーの場所とファイル名を入力するか、参照をフォルダーを選択し、[ファイル名を入力する] をクリックします。

  9. [完了] をクリックします。

注: 予定表アイテムをエクスポートするが、アイテムのコピーを作成、予定表から、アイテムは削除されません。

予定表の情報をインポートします。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [開く] をクリックします。

  3. [インポート] をクリックします。

  4. [他のプログラムまたはファイルからのインポート] をクリックして、[次へ] をクリックします。

  5. [Outlook データ ファイル (.pst)] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  6. 参照前のセクションで作成したファイルを選択する] をクリックし、[ OK] をクリックします。

  7. [オプション] では、重複するアイテムはインポートしない] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  8. [インポートするフォルダーの選択] で、予定表フォルダーをクリックします。

  9. サブフォルダーを含める] チェック ボックスをオフにします。

  10. 同じフォルダーにアイテムをインポートする] をクリックします。複数のアカウントを使っている場合は、Outlook データ ファイルがあります。接続先のアカウントの予定表アイテムを表示する場所をクリックします。

  11. [完了] をクリックします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×