複数のユーザーで Word 2010 の使用を開始する

ユーザーのグループに Microsoft Word 2010 を展開しますか。そのグループは Word 2003 または Word 2007 からアップグレードするグループですか。ここでは、Word 2010 の主な新機能と、スムーズな移行に役立つリソースをいくつかを紹介します。

この記事では、いくつかの新機能について説明します。新機能について詳しくは、「Word 2010 の新機能」をご覧ください。Word 2003 からアップグレードする場合は、「Word 2003 から Word 2010 へのアップグレードによる新機能」をご覧ください。

この記事の内容

作業を容易にする

リボンをカスタマイズする

Microsoft Office Backstage ビュー

長い文書内を移動および検索する

保存されていない作業を回復する

共同作業を効率化する

文書およびプレゼンテーションを Word から SharePoint に直接保存する

同じ文書で同時に作業する

保護ビューにより安全性を確保する

ファイル内の非表示のメタデータおよび個人情報を検索して削除する

文書の最終版への変更を防止する

文書のアクセシビリティを向上する

操作に早く慣れる

作業を容易にする

リボンをカスタマイズする

Word 2010 のリボンをカスタマイズすることにより、組織の作業で最も頻繁に使用されるコマンドを配置した、チーム固有または会社固有のタブおよびグループを作成できます。

リボンのカスタマイズ方法について詳しくは、「リボンをカスタマイズする」をご覧ください。

Microsoft Office Backstage ビュー

Microsoft Office Backstage ビューでは、ファイルのでの操作を除くすべての操作をファイルに対して実行することができます。Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイスの最新機能であり、リボンと連携する機能である Backstage ビューは、ファイルを管理する場所です。 文書の作成、保存、印刷、共有だけでなく、オプションの設定や、文書に非表示のメタデータや個人情報が含まれているかどうかの検査を行うことができます。

Word で [ファイル] タブをクリックしたときに表示される内容

詳しくは、「Backstage ビューについて」をご覧ください。

文書が SharePoint 2010 に関連付けられている場合、文書の作成者は文書のメタデータを入力することもできます。1 つのファイルを共同で作業する作成者は、Backstage ビューを使用して他の作成者のプロファイルにアクセスしたりワークフローに関与したりできます。

長い文書内を移動および検索する

Word 2010 では、長い文書内をすばやく移動できます。また、見出しをコピーして貼り付ける代わりに、ドラッグ アンド ドロップするだけで、文書を簡単に再構成できます。入力と同時に検索する機能を使用して内容を検索できるため、検索対象を正確に把握する必要がありません。

文書のナビゲーション

Word 2010 では、次の操作を実行できます。

  • 見出しマップの部分をクリックして、文書内の見出し間を移動できます。

  • アウトラインのレベルを折りたたんで、入れ子になった見出しを非表示にできるため、深く構造化された複雑な長い文書でもマップを簡単に操作できます。

  • 検索ボックスにテキストを入力して目的の場所をすばやく検索できます。

  • 文書内の見出しをドラッグ アンド ドロップして構造を並べ替えることができます。また、見出しとその内容を削除することもできます。

  • 特定の見出し、または見出しとその中で入れ子になっているすべての見出しを、階層内で簡単に上げ下げできます。

  • 文書に新しい見出しを追加して、基本的なアウトラインを作成したり、新しい見出しを挿入したりできます。文書を大きくスクロールしながら作業する必要がありません。

  • 共同編集インジケーターを含む見出しを参照することで、他のユーザーが内容を編集中であることがわかります。

  • 文書内のすべてのページを縮小表示し、その縮小表示をクリックして文書内を移動できます。

詳しくは、「文書内を移動する」をご覧ください。

ページの先頭へ

保存されていない作業を回復する

ファイルを保存せずに閉じたり、既に作業しているファイルの以前のバージョンを確認したり以前のバージョンに戻したりする必要がある場合、Word 文書を簡単に回復できるようになりました。以前のバージョンの Word と同じように、自動回復を有効にすると、ファイルへの作業中に指定した間隔でその時点のバージョンが保存されます。

新機能では、ファイルを保存せずに誤って閉じた場合に最後に自動保存されたバージョンのファイルを保持できるので、次回そのファイルを開くときに簡単に回復できます。また、ファイルへの作業中に、Microsoft Office Backstage ビューから自動保存されたファイルの一覧にアクセスできます。

ページの先頭へ

共同作業を効率化する

Word 2010 を使用すると、仕事仲間との共同作業をさらに効率化できます。Word 2010 には、情報の秘匿性を確保しながら作業を共有する機能や、危険性のあるファイルからコンピューターを保護する機能も用意されています。

文書およびプレゼンテーションを Word から SharePoint に直接保存する

Word 2010 文書は、Backstage ビューから SharePoint 2010 ドキュメント ライブラリに直接保存できます。Backstage ビューの [保存と送信] をクリックし、[SharePoint に保存] をクリックすると、最近アクセスしたドキュメント ライブラリが一覧表示されます。

詳しくは、「Office 2010 から SharePoint にドキュメントを保存する」をご覧ください。

同じ文書で同時に作業する

Word 2010 では、Word 内で直接共同作業を行うことができます。メールの添付ファイルで送信したり、下書きの文書を TSP_final_2_FINAL.docx などの名前で保存したりする必要はありません。文書を開き、作業を開始するだけで済みます。共同作業をしている他のユーザー、およびそのユーザーが編集している場所を確認できます。ワークスペースをサポートする Microsoft SharePoint Foundation 2010 サイトまたは OneDrive に保存されているどの文書でも共同作業を行うことができます。

共有文書を開くと、その文書をオフラインで変更できるように文書が自動的にキャッシュされ、オンラインに戻ったときに変更が自動的に同期されます。オフィスから離れて作業する必要がある場合、ローカル コピーを保存したり、オフィスに戻ったときに変更をサーバーの文書に手動でまとめたりする必要はなくなりました。

Word 2010 では、複数の作成者が 1 つの文書に対して同時に作業可能で、Office Online プログラムを使用して文書で作業できます。

メモ SkyDrive は OneDrive に、SkyDrive Pro は OneDrive for Business になりました。この変更の詳細については、「SkyDrive から OneDrive へ」を参照してください。

複数の作成者が 1 つの文書を同時に編集し、各作成者の変更内容と同期を維持できます。作成者は、文書で作業している間、その文書領域へのアクセスを禁止できます。

保護ビューにより安全性を確保する

保護ビューでは、編集機能が無効な状態でファイルが開かれます。インターネットや電子メールの添付ファイルなどの安全性に不安のある場所から取得したファイルや、マクロ、データ接続、ActiveX コントロールなどのアクティブ コンテンツを含むファイルを、保護ビューで検証し、開くことができます。信頼できる場所から取得したファイルは、[編集を有効にする] をクリックすることで編集を有効にできるほか、Microsoft Office Backstage ビューで、ファイルに関するデータを調べることができます。

保護ビューについて詳しくは、「保護ビューとは」をご覧ください。

ファイル内の非表示のメタデータおよび個人情報を検索して削除する

文書を他のユーザーと共有する前に、ドキュメント検査機能を使用して、文書に含まれている非表示のメタデータ、個人情報、またはコンテンツを確認できます。

ドキュメント検査では、次のような情報を検索し、削除することができます。

  • コメント

  • バージョン

  • 変更履歴

  • インク注釈

  • 隠し文字

  • 文書のプロパティ

  • カスタム XML データ

  • ヘッダーとフッターの情報

ドキュメント検査を実行すると、他のユーザーと共有する文書に、非表示の個人情報や組織が公開したくない非表示のコンテンツが含まれないようにすることができます。さらに、ドキュメント検査を組織に合わせてカスタマイズして、チェックする非表示のコンテンツの種類を追加することもできます。

ドキュメント検査について詳しくは、「ドキュメントを検査して非表示のデータと個人情報を削除する」をご覧ください。

文書の最終版への変更を防止する

最終版の文書を共有する前に、[最終版にする] コマンドを使用して、文書を読み取り専用にし、共有している文書が最終版であることを他のユーザーに通知することができます。最終版の状態になっている文書では、入力操作、編集コマンド、および校正マークが無効になるため、文書の閲覧者が誤って文書を変更することを防止できます。

[最終版にする] コマンドはセキュリティ機能ではありません。最終版の状態になっている文書は、[最終版にする] 機能をオフにすることによって、だれでも編集できるようになります。

詳しくは、「文書の最終版への変更を防止する」をご覧ください。

文書のアクセシビリティを向上する

アクセシビリティ チェック機能を使用すると、文書内のアクセシビリティの問題を識別して解決できるため、障碍のあるユーザーがコンテンツにアクセスできなくなる可能性がある問題を修正できます。

文書内にアクセシビリティの問題がある場合、Microsoft Office Backstage ビューで通知が表示されるため、文書内の問題をすべて確認し、必要に応じて修正することができます。この通知を表示するには、[ファイル] タブの [共有準備] にある [問題のチェック] をクリックし、[アクセシビリティ チェック] をクリックします。

詳しくは「アクセシビリティ チェック」をご覧ください。

ページの先頭へ

操作に早く慣れる

ユーザーが必要なコマンドや機能を見つけてすぐに使用できるようになるために役立つリソースを次に示します。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×