複数のフォーム テンプレートで再利用するテンプレート パーツをデザインする

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

1 つのテンプレート パーツをデザインし、フォーム テンプレートで使用する組織内の他のフォーム テンプレートに配布できます。これは、機能は、複数のフォーム テンプレート全体で一貫したデザインできるようにする場合に便利です。

たとえば、設計し、一連のフォーム テンプレートを管理しているチームを管理して、フォーム テンプレートの会社のロゴやユーザーからの連絡先情報を収集するためのいくつかのテキスト ボックスを含める必要があります。テンプレート パーツ (.xtp) ファイルとして、ロゴとコントロールをデザインする場合は、一般的な場所にファイルを保存し、チームを加えますの空き時間情報に注意してください。チーム メンバーは、[コントロール] 作業ウィンドウにテンプレート パーツを追加、ユーザー設定] 見出しの下に表示し、フォーム テンプレートに挿入できます。

既存のテンプレート パーツを変更するには、ために必要な変更を加え、テンプレート パーツを保存開き、フォーム デザイナーに配布します。フォームコントロール] 作業ウィンドウに、最新バージョンのテンプレート パーツを追加するフォーム テンプレートで使用ができます。以前のバージョンのテンプレート パーツを含むフォーム テンプレートを開く、Microsoft Office InfoPath には、最新バージョンにそのテンプレート パーツを更新するように要求されます。

この記事の内容

テンプレート パーツの概要

テンプレート パーツで使用できない機能

テンプレート パーツをデザインします。

既存のテンプレート パーツのデザインを再利用します。

テンプレート パーツの概要

テンプレート パーツは、複数のフォーム テンプレートで再利用するために保存できるフォーム テンプレートの一部です。一般的なテンプレートのパーツは、コントロールと、 データ ソースで構成され、データ接続、 データの入力規則、およびルールなどの機能を含めることもします。

作成して、テンプレート パーツを使用するには、組織内のフォーム テンプレートがトーン、構造、および動作の一貫性のあることを確認できます。たとえば、人事部門ですべてのフォーム テンプレート「連絡先情報」のテンプレート パーツを 1 つを使用する可能性があります。

フォーム テンプレートのテンプレート パーツ

フォーム テンプレートには、テンプレート パーツの内容はセクション コントロールに表示されます。通常のセクションからのテンプレート パーツを区別できます単語セクション (テンプレート パーツ: 名) Name は、テンプレート パーツの名前] セクション ラベルとして表示されます。

テンプレート パーツをデザインするには、フォーム テンプレートのデザイン] 作業ウィンドウでフォーム テンプレート] オプションではなくテンプレート パーツオプションを選択する必要があります。テンプレート パーツを開くと、InfoPath のタイトル バー、テンプレート パーツをデザインするための適切なモードであることを示す(テンプレート パーツのデザイン)プレフィックスが表示されます。

フォーム テンプレートとは異なり、デザインが終了したときにテンプレート パーツを発行するしません。代わりに、テンプレート パーツ (.xtp) ファイルとして保存します。できます .xtp ファイル使用できるようにする他のフォーム デザイナーを使用する必要があるします。たとえば、組織のネットワーク上のファイル サーバーに .xtp ファイルをコピーして、目的のテンプレート パーツがある場所、および情報では、[コントロール] 作業ウィンドウに追加する方法を説明するフォームを電子メール メッセージを送信パス。

フォーム デザイナーでは、フォーム テンプレートのテンプレート パーツを挿入して、フォーム テンプレートの一部となるフォーム デザイナーは、必要に応じてカスタマイズしてにことができます。

注: フォーム テンプレートを挿入したら、テンプレート パーツを変更するフォームを作成しないようにする方法はありません。テンプレート パーツをカスタマイズするのには他のユーザーたくない場合は、配布するときにオフにするをする必要があります。

InfoPath フォーム テンプレートのテンプレート パーツを挿入するには、フォームを作成する必要があります最初のテンプレート パーツを追加コントロール] 作業ウィンドウ カスタム コントロールの追加ウィザードを使用しています。ウィザードを完了すると、コントロール] 作業ウィンドウの [ユーザー設定] の下のテンプレート パーツが表示されます。

[コントロール] 作業ウィンドウのカスタム見出しの下のテンプレート部分

テンプレート パーツを変更するには、必要な変更を加え、テンプレート パーツを [保存して、InfoPath デザイン モードで開きます。テンプレート パーツの元のバージョンを使用しているフォームの作成者に更新されたテンプレート パーツに送信する必要があります。フォーム デザイナーでは、カスタム コントロールの追加ウィザードを使用して、コントロール] 作業ウィンドウに更新されたバージョンのテンプレート パーツを追加します。これは後、は、各影響を受けるフォーム テンプレートを開くし、infopath が元のテンプレート パーツを新しいバージョンで置換ができます。

注: 組織では、多数のテンプレート パーツを作成する場合は、共有フォルダー、Web サーバーでは、Microsoft Windows SharePoint 上に置かれたフォーム ライブラリなど、会社のネットワーク上の共有の場所からアクセスできるテンプレート パーツのリポジトリを構築できます。サービスのサイトです。テンプレート パーツは、自動的に InfoPath がインストールされているユーザーの [コントロール] 作業ウィンドウに表示されるように、レジストリに InfoPath の設定を構成することはできます。これを実行するには、または組織内の InfoPath の管理を担当する他のユーザーと情報技術 (IT) 部門での作業をする必要があります。このトピックの詳細については、Microsoft TechNet の InfoPath のマニュアルを参照してください。TechNet は、IT プロフェッショナルは正常に計画、展開、管理、および Microsoft 製品をサポートするために使用リソースです。

ページの先頭へ

テンプレート パーツで使用できない機能

テンプレート パーツをデザインする際に、デザインの制限事項を考慮する必要があります。たとえば、特定の機能は、複数のビューを作成するのには、またはフォームのオプション] ダイアログ ボックスで、グローバル テンプレート レベルの設定を指定する機能などのテンプレート パーツではサポートされません。ActiveX コントロールを除くすべてのコントロールのテンプレート パーツで使用できます。テンプレート パーツをデザインする際に、ユーザー インターフェイスで、テンプレート パーツでサポートされていない機能は表示されません。

テンプレート パーツでは、次のようなコントロール、機能、または設定はサポートされていません。

  • ActiveX コントロール

  • 配色

  • 背景画像

  • データを送信するデータ接続

  • Information Rights Management (IRM) の設定

  • スクリプトとマネージ コード

  • Microsoft Script Editor などのコードを作成するための機能

  • 発行ウィザード

  • エクスポート ウィザード

  • 特定のビューに関連する機能、複数のビュー、読み取り専用のビューを作成するのには、既定のビュー、またはビューを印刷します。

  • 印刷に関連する、特定の機能] ページを指定する機能などのオプションを設定し、ヘッダーとフッターを作成します。

  • 特定の機能が、デジタル署名を指定する機能など、全体のサイズをフォーム テンプレートに関連するカスタム作業ウィンドウ、セキュリティ レベルでは、[ユーザー設定保存して動作を開く

  • サーバーで生成されたエラーと警告ブラウザー互換フォーム テンプレート用に設計されたテンプレート パーツを取得するデザイン チェック] 作業ウィンドウで、[サーバー名を確認する] チェック ボックスを使用する機能

InfoPath または Web ブラウザーを使用して開くことができるフォーム テンプレートをデザインできます。フォーム テンプレートを開くには、ブラウザーを使用して、ブラウザー互換フォーム テンプレートを呼び出されます。同様に、ブラウザー対応フォーム テンプレートで使用するための送信先となるテンプレート パーツをデザインできます。このシナリオで、テンプレートのパーツをデザインする際にアクセス権のあるコントロールと機能が少なくなってよりも InfoPath では専用のテンプレート パーツを設計している場合。ブラウザー互換フォーム テンプレートでは、特定のコントロールと機能はサポートされていないためにです。

ページの先頭へ

テンプレート パーツをデザインします。

フォームのデザイン] ダイアログ ボックスで、フォーム テンプレートではなくテンプレート パーツをデザインできます。これを行う場合は、テンプレート パーツでサポートされていない InfoPath 機能が非表示にか、テンプレート パーツで使用していないことを無効にします。

  1. [ファイル] メニューには、フォーム テンプレートのデザインをクリックします。

  2. 新しくデザインフォーム テンプレートのデザイン] ダイアログ ボックスで、[テンプレート パーツ] をクリックします。

  3. に基づいてギャラリー] で、次のいずれかの操作を行います。

    • テンプレート パーツをデザインするには、 データ ソースを定義するには、[空白] をクリックします。

    • テンプレート パーツのデータ ソースとして XML ドキュメント (.xml) ファイルまたはXML スキーマ (.xsd) ファイルを使用するには、 XML、またはスキーマをクリックします。

      注: テンプレート パーツを XML ドキュメントや XML スキーマにした場合、InfoPath には、XML 要素は、ドキュメントまたはスキーマに対応するフィールドとグループで [データ ソース] 作業ウィンドウが表示されます。データ ソースがロックされています。ドキュメントまたはスキーマによってはできないことがありますまたは既存のフィールドおよびグループの一部を変更するのには、データ ソースの一部またはすべてに、新しいフィールドまたはグループを追加します。

  4. テンプレート パーツをInfoPath Forms Servicesに対応するためには、ブラウザーと互換性のある機能のみを有効にする] チェック ボックスを選択します。

  5. [OK] をクリックします。

    新しいテンプレート パーツは、InfoPath で開きます。

  6. テンプレート パーツをデザインします。

  7. テンプレート パーツのデザインが完了したら、[ファイル] メニューで、[保存] をクリックします。

ページの先頭へ

既存のテンプレート パーツのデザインを再利用する

既存のテンプレート パーツを基に新しいテンプレート パーツをデザインする場合は、既存のテンプレート パーツを開くテンプレート パーツのプロパティ] ダイアログ ボックスで、名前変更、ファイル名を区別を新しいテンプレート パーツを保存してください。テンプレート パーツのプロパティ] ダイアログ ボックスでテンプレート パーツの名前を変更すると、テンプレート パーツ ID が自動的に更新されます。この ID をさらには、別の 1 つのテンプレート パーツを区別します。

  1. [ファイル] メニューには、フォーム テンプレートのデザインをクリックします。

  2. フォーム テンプレートを開く フォーム テンプレートのデザイン] ダイアログ ボックスで、[このコンピューター上] をクリックします。

  3. ファイル] ボックスの一覧では、 InfoPath テンプレート パーツをクリックします。

  4. 参照して、テンプレート パーツを開くをクリックし、[開く] をクリックします。

  5. [ファイル] メニューの [プロパティ] をクリックします。

  6. テンプレート パーツのプロパティ] ダイアログ ボックスで、テンプレート パーツの名前] ボックスに新しい名前を入力します。

    これを行うときに、テンプレート パーツ ID ] ボックスに識別するテキストは、新しい名前を反映します。テンプレート パーツ ID は、InfoPath によって自動的に生成されます。これは、が作成した新しい各テンプレート パーツで一意でなければなりません。

  7. [ファイル] メニューで、名前を付けて保存] をクリックし、テンプレート パーツの新しいファイル名を入力します。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×