複数のフォーム テンプレートで再利用するテンプレート パーツをデザインする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

単一のテンプレート パーツをデザインし、それを所属組織の他のフォーム テンプレートの作成者に配布して、フォーム テンプレートで使用してもらうことが可能です。この方法は、複数のフォーム テンプレートで一貫したデザインを実現する場合に便利です。

たとえば、一連のフォーム テンプレートのデザインと管理を行うチームを統括していて、それらの各フォーム テンプレートに会社のロゴと、ユーザーの連絡先情報を収集するための複数のテキスト ボックスを含める必要があると仮定します。ロゴとコントロールをテンプレート パーツ (.xtp) ファイルとしてデザインすると、そのファイルを共有の場所に保存して、テンプレート パーツが使用できることをチームに伝えることができます。チームのメンバがテンプレート パーツを [コントロール] 作業ウィンドウに追加すると、[ユーザー設定] 見出しの下にテンプレート パーツが表示され、フォーム テンプレートに挿入できるようになります。

既存のテンプレート パーツを変更するには、テンプレート パーツを開き、必要な変更を加えます。次にテンプレート パーツを保存し、フォームの作成者に配布します。フォームの作成者がテンプレート パーツの最新のバージョンを [コントロール] 作業ウィンドウに追加すると、その最新のバージョンをフォーム テンプレートで使用できるようになります。テンプレート パーツの古いバージョンを含むフォーム テンプレートを開くと、Microsoft Office InfoPath により、テンプレート パーツを最新のバージョンで更新するように求めるメッセージが表示されます。

このトピックの内容

テンプレート パーツの概要

テンプレート パーツで使用できない機能

テンプレート パーツをデザインします。

既存のテンプレート パーツのデザインを再利用します。

テンプレート パーツの概要

テンプレート パーツは、複数のフォーム テンプレートで再利用するために保存できるフォーム テンプレートの一部です。標準的なテンプレート パーツはコントロールとデータ ソースで構成され、データ接続、データの入力規則、規則などの機能を含むこともできます。

テンプレート パーツを作成して使用することにより、所属組織のフォーム テンプレートに一貫した雰囲気、構造、および動作を持たせることができます。たとえば、人事部では、すべてのフォーム テンプレートで単一の "連絡先情報" テンプレートを使用することができます。

フォーム テンプレートのテンプレート パーツ

フォーム テンプレートには、テンプレート パーツの内容はセクション コントロールに表示されます。通常のセクションからのテンプレート パーツを区別できます単語セクション (テンプレート パーツ: 名) Name は、テンプレート パーツの名前] セクション ラベルとして表示されます。

テンプレート パーツをデザインするには、[フォーム テンプレートのデザイン] 作業ウィンドウで [フォーム テンプレート] オプションではなく、[テンプレート パーツ] オプションを選択する必要があります。テンプレート パーツを開くと、InfoPath のタイトル バーに [(テンプレート パーツのデザイン)] というプレフィックスが表示され、テンプレート パーツをデザインするための適切なモードにいることが示されます。

フォーム テンプレートと異なり、デザインが終了したテンプレート パーツは公開しません。代わりに、テンプレート パーツ (.xtp) ファイルとして保存します。これで、他のフォームの作成者が .xtp ファイルを使用できるようにすることができます。たとえば、所属組織のファイル サーバーに .xtp ファイルをコピーし、テンプレート パーツの目的、テンプレート パーツがある場所、および InfoPath でテンプレート パーツを [コントロール] 作業ウィンドウに追加する方法を記述した電子メール メッセージをフォームの作成者に送信することができます。

フォームの作成者がフォーム テンプレートでテンプレート パーツを挿入すると、そのテンプレート パーツはフォーム テンプレートの一部となり、必要に応じてカスタマイズできるようになります。

注: フォームの作成者がフォーム テンプレートでテンプレート パーツを挿入した後に、テンプレート パーツを変更できないようにする方法はありません。他のユーザーにテンプレート パーツをカスタマイズしてもらいたくない場合は、そのことをテンプレート パーツの配布時に明確に伝える必要があります。

フォームの作成者が InfoPath のフォーム テンプレートでテンプレート パーツを挿入するには、まずカスタム コントロールの追加ウィザードを使用してテンプレート パーツを [コントロール] 作業ウィンドウに追加する必要があります。ウィザードが完了すると、[コントロール] 作業ウィンドウの [ユーザー設定] 見出しの下にテンプレート パーツが表示されます。

[コントロール] 作業ウィンドウのカスタム見出しの下のテンプレート部分

テンプレート パーツを変更するには、InfoPath のデザイン モードでテンプレート パーツを開き、必要な変更を加えて、テンプレート パーツを再保存します。次に、更新したテンプレート パーツを、そのテンプレート パーツの元のバージョンを使用しているフォームの作成者に送信する必要があります。フォームの作成者は、カスタム コントロールの追加ウィザードを使用して、更新されたテンプレート パーツを [コントロール] 作業ウィンドウに追加できます。その後、更新の影響を受ける各フォーム テンプレートを開き、元のテンプレート パーツを新しいバージョンで置き換えることができます。

注: 組織では、多数のテンプレート パーツを作成する場合は、共有フォルダー、Web サーバーでは、Microsoft Windows SharePoint Services サイト上に置かれたフォーム ライブラリなど、会社のネットワーク上の共有の場所からアクセスできるテンプレート パーツのリポジトリを構築できます。テンプレート パーツは、自動的に InfoPath がインストールされているユーザーの [コントロール] 作業ウィンドウに表示されるように、レジストリに InfoPath の設定を構成することはできます。これを実行するには、または組織内の InfoPath の管理を担当する他のユーザーと情報技術 (IT) 部門での作業をする必要があります。このトピックの詳細については、Microsoft TechNet の InfoPath のマニュアルを参照してください。TechNet は、リソース IT プロフェッショナルは正常に計画、展開、管理、および Microsoft 製品をサポートするために使用します。

ページの先頭へ

テンプレート パーツで使用できない機能

テンプレート パーツをデザインするときは、デザインに関する制限事項に考慮する必要があります。たとえば、複数のビューの作成や、[フォームのオプション] ダイアログ ボックスでのグローバルなテンプレート レベルの設定の指定など、一部の機能はテンプレート パーツではサポートされていません。ActiveX コントロールを除き、すべてのコントロールをテンプレート パーツで使用できます。テンプレート パーツでサポートされていない機能は、テンプレート パーツをデザインするときのユーザー インターフェイスに表示されません。

次のコントロール、機能、設定は、テンプレート パーツではサポートされていません。

  • ActiveX コントロール

  • 配色

  • 背景画像

  • データを送信するデータ接続

  • Information Rights Management (IRM) の設定

  • スクリプトとマネージ コード

  • Microsoft Script Editor など、コードを作成するための機能

  • 発行ウィザード

  • エクスポート ウィザード

  • 複数のビュー、読み取り専用のビュー、既定のビューを作成する機能や、ビューを印刷する機能など、ビューに関する特定の機能

  • ページ設定オプションの指定や、ヘッダーとフッターの作成など、印刷に関する特定の機能

  • デジタル署名、カスタム作業ウィンドウ、セキュリティ レベル、カスタム保存と開くときの動作の指定など、フォーム テンプレート全体に関する特定の機能

  • [デザイン チェック] 作業ウィンドウの [サーバーで確認] チェック ボックスを使って、ブラウザー互換フォーム テンプレート用にデザインされたテンプレート パーツに対してサーバーで生成されるエラーと警告を取得する機能

InfoPath または Web ブラウザーを使って開くことができるフォーム テンプレートを設計できます。ブラウザーを使って開くことができるフォーム テンプレートは、ブラウザー互換フォーム テンプレートと呼ばれます。同様に、ブラウザー互換フォーム テンプレートで使うことを目的としたテンプレート パーツを設計できます。このシナリオでは、テンプレート パーツを設計するときにアクセスできるコントロールと機能が、InfoPath 専用のテンプレート パーツを設計するときより少なくなります。これは、ブラウザー互換フォーム テンプレートでは一部のコントロールと機能の使用がサポートされていないためです。

ページの先頭へ

テンプレート パーツをデザインする

[フォームのデザイン] ダイアログ ボックスで、フォーム テンプレートではなく、テンプレート パーツをデザインすることを選択できます。その場合、テンプレート パーツでサポートされない InfoPath の機能は、テンプレート パーツで使用できないように非表示または無効になります。

  1. [ファイル] メニューで [フォーム テンプレートのデザイン] をクリックします。

  2. [フォーム テンプレートのデザイン] ダイアログ ボックスの [新しくデザイン] で、[テンプレート パーツ] をクリックします。

  3. [種類] ギャラリーで、次のいずれかの操作を行います。

    • テンプレート パーツのデザイン時にデータ ソースを定義するには、[空白] をクリックします。

    • テンプレート パーツのデータ ソースとして XML ドキュメント (.xml) ファイルまたは XML スキーマ (.xsd) ファイルを使用するには、[XML/スキーマ] をクリックします。

      注: テンプレート パーツを XML ドキュメントや XML スキーマにした場合、InfoPath には、XML 要素は、ドキュメントまたはスキーマに対応するフィールドとグループで [データ ソース] 作業ウィンドウが表示されます。データ ソースがロックされています。ドキュメントまたはスキーマによってはできないことがありますまたは既存のフィールドおよびグループの一部を変更するのには、データ ソースの一部またはすべてに、新しいフィールドまたはグループを追加します。

  4. テンプレート パーツを InfoPath Forms Services と互換性を持つようにデザインするには、[ブラウザ互換の機能のみを有効にする] チェック ボックスをオンにします。

  5. [OK] をクリックします。

    新しいテンプレート パーツが InfoPath で開きます。

  6. テンプレート パーツをデザインします。

  7. テンプレート パーツのデザインが終了したら、[ファイル] メニューの [保存] をクリックします。

ページの先頭へ

既存のテンプレート パーツのデザインを再利用する

既存のテンプレート パーツを基にして新しいテンプレート パーツをデザインする場合、既存のテンプレート パーツを開き、[テンプレート パーツのプロパティ] でテンプレート名を変更し、新しいテンプレート パーツを別の区別しやすいファイル名で保存します。[テンプレート パーツのプロパティ] ダイアログ ボックスでテンプレート パーツ名を変更すると、テンプレート パーツ ID は自動的に更新されます。また、この ID によって、テンプレート パーツを区別することもできます。

  1. [ファイル] メニューで [フォーム テンプレートのデザイン] をクリックします。

  2. [フォーム テンプレートのデザイン] ダイアログ ボックスの [フォーム テンプレートを開く] で、[自分のコンピュータ上] をクリックします。

  3. [ファイルの種類] ボックスの一覧で、[InfoPath テンプレート パーツ] をクリックします。

  4. 開くテンプレート パーツを参照してクリックし、[開く] をクリックします。

  5. [ファイル] メニューの [プロパティ] をクリックします。

  6. [テンプレート パーツのプロパティ] ダイアログ ボックスの [テンプレート パーツ名] ボックスに新しい名前を入力します。

    名前を入力すると、[テンプレート パーツ ID] ボックスの ID に新しい名前が反映されます。テンプレート パーツ ID は自動的に生成されます。新しいテンプレート パーツを作成するたびに、一意の ID が生成されます。

  7. [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックし、テンプレート パーツの新しい名前を入力します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×