複数のテーブルを結合する方法

一方のテーブルにある複数の行を、他方のターゲット テーブルの下にある最初の空白セルに貼り付けることで、テーブルを結合する (組み合わせる) ことができます。テーブルはサイズが大きくなり、新しい行が追加されます。 両方のテーブルの行が一致している場合は、一方のテーブルにある列を他方のテーブルの右側にある最初の空白セルに貼り付けることで、テーブルにある列を結合できます。この場合にも、テーブルはサイズが大きくなり、新しい列が追加されます。

行を結合明快しますですが、注意を要するする場合は、他方のテーブルの行が常に整列されない 1 つのテーブルの行、列をマージします。VLOOKUPを使用すると、いくつかの配置の問題を回避できます。

VLOOKUP 関数を使って 2 つのテーブルを結合する

次に示す例でしたら"Blue"と「オレンジ」の2 つのテーブルの名前を変更します。Blue テーブルでは、各行には、注文の項目です。したがって、受注 ID 20050 2 つの項目、受注 ID 20051 が 1 つのアイテム、受注 ID 20052 が 3 つのアイテムとします。オレンジ色のテーブルの受注 ID 列に一致する値に基づいて、Blue テーブルで"売上 ID"と地域の列を結合します。

2 つの列を別のテーブルに結合する

"注文 ID" 値は Blue テーブルで重複しており、Orange テーブルの "注文 ID" 値は一意になっています。 Orange テーブルからデータを単純にコピーして貼り付けると、受注 20050 の 2 番目の品目で、"売上 ID" と "地域" の値が 1 行分足りません。このままだと、Blue テーブルの新しい列で、以降の値がずれ込むことになります。

内容を確認する場合は、空のワークシートにコピーすることができますが、Blue テーブルのデータを示します。ワークシートにペーストした後 [に、テーブル、およびし、青をテーブルの名前を変更するのには、ctrl キーを押しながら T キーを押します。

受注 ID

販売日

プロダクト ID

20050

2014/02/02

C6077B

20050

2014/02/02

C9250LB

20051

2014/02/02

M115A

20052

2014/02/03

A760G

20052

2014/02/03

E3331

20052

2014/02/03

SP1447

20053

2014/02/03

L88M

20054

2014/02/04

S1018MM

20055

2014/02/05

C6077B

20056

2014/02/06

E3331

20056

2014/02/06

D534X

以下に Orange テーブルのデータをご用意しましたので、同じワークシートにコピーしてください。 ワークシートに貼り付けた後、Ctrl キーを押しながら T キーを押して領域をテーブルに変え、テーブルの名前を Orange に変更します。

受注 ID

売上 ID

地域

20050

447

西部

20051

398

南部

20052

1006

北部

20053

447

西部

20054

885

東部

20055

398

南部

20056

644

東部

20057

1270

東部

20058

885

東部

各受注の "売上 ID" と "地域" の値を、各受注の個々の品目と確実に一致させる必要があります。 一致させるには、テーブルの見出し "売上 ID" と "地域" を Blue テーブルの右側のセルに貼り付け、VLOOKUP 数式を使って、Orange テーブルの "売上 ID" 列と "地域" 列から正しい値を取得します。 これを行うには、次の操作を実行します。

  1. Orange テーブルで見出し "売上 ID" と "地域" をコピーします (2 つのセルのみ)。

  2. これらの見出しを Blue テーブルの見出し "プロダクト ID" の右側にあるセルに貼り付けます。

これで、新しい "売上 ID" と "地域" 列が追加されて、Blue テーブルが 5 列になります。

  1. Blue テーブルで、"売上 ID" の下にある最初のセルに、次の数式を入力します。

    = VLOOKUP (

  2. Blue テーブルで、"受注 ID" 列の最初のセル 20050 を選びます。

数式の一部が、次のようになります。

VLOOKUP 数式の一部

[@[受注 ID]] の部分は、「受注 ID 列から、これと同じ行の値を取得する」という意味です。

  1. カンマを入力して、マウスで Orange テーブル全体を選択すると、Orange[#All] が数式に追加されます。

  2. カンマ、2、カンマ、0 (つまり「,2,0」) と入力します。

  3. Enter キーを押します。入力した数式は次のようになります。

入力した VLOOKUP 数式

Orange[#All] の部分は「Orange テーブルのすべてのセルを参照する」という意味です。2 は「2 つ目の列から値を取得する」、0 は「正確に一致した場合にのみ値を返す」という意味になります。

VLOOKUP 数式を使うと、Excel では、この列の下方のセルに数式がコピーされます。

  1. 手順 3 に戻ります。今回は "地域" の下にある最初のセルに同じ数式を入力します。

  2. 手順 6 で「2」を「3」に置き換えます。入力した数式は次のようになります。

入力した VLOOKUP 数式

この数式と最初の数式には、異なる点が 1 つだけあります。最初の数式では、Orange テーブルの列 2 から値を取得しますが、2 つ目の数式では列 3 から取得します。

これで、Blue テーブルの新しい列で、すべてのセルに値が表示されます。 セルには VLOOKUP 数式が含まれていますが、表示されるのは値です。 次に、これらのセルに指定された VLOOKUP 数式を実際の値に変換します。

  1. "売上 ID" 列にあるすべての値セルを選んで、Ctrl キーを押しながら C キーを押してコピーします。

  2. [ホーム]、[貼り付け] の下の矢印の順にクリックします。

[貼り付け] ギャラリーを表示する [貼り付け] の下の矢印

  1. [貼り付け] ギャラリーで、[値の貼り付け] をクリックします。

[貼り付け] ギャラリーの [値の貼り付け] ボタン

  1. "地域" 列ですべての値セルを選び、コピーして手順 10 と 11 を繰り返します。

これで、2 つの列にある VLOOKUP 数式は値に置き換えられました。

テーブルと VLOOKUP 関数に関するその他の情報

行と列を追加して、表のサイズ変更します。

Excel テーブル数式で構造化参照を使う

VLOOKUP: 用途と使い方 (トレーニング コース)

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×