複数のセルのテキストを 1 つのセルに結合する

複数のセルのテキストを 1 つのセルに結合する

複数のセルのテキストを 1 つのセルに結合することができます。たとえば、ワークシートのあるセルには人の名が、別のセルには姓が格納されている場合、新しいセル内で姓名を結合することができます。このトピックでは、そのためのいくつかの種類の方法について説明します。

フラッシュ フィル

テキストを結合するデータの行が大量にある場合、すべての行に対して上記の手順を繰り返す必要はありません。たとえば、列 A に姓が、列 B に名が格納されていて、結合した姓名をすべて列 C に入れる場合、列 C に対して結合したテキストの入力を開始するだけで、残りの姓名が自動的に入力されます。

  1. 最初の結合されたテキストを入力するセルをクリックします。

  2. 結合されたテキストを入力します。

  3. Enter キーを押します。

  4. 次の結合されたテキストを入力します。結合されたテキストが入力された残りの列のプレビューが自動的に表示されます。

  5. プレビューを受け入れる場合、Enter キーを押します。

    フラッシュ フィルでデータを連結する

注: フラッシュ フィルは、Excel 2013 for Windows 以降でのみ使用できます。

セルの内容を結合する場合は、アンパサンド記号を使用するのが最も簡単です。入力するには、Shift キーを押しながら 7 キーを押します。次の例では、=A2&" "&B2 を使用して、名と姓を結合します。

  1. 結合されたテキストを格納するセルをクリックします。

  2. = を入力し、次に、結合する 1 つ目のテキスト (名など) が格納されているセルをクリックします。

  3. &” “&」と入力します (スペースを引用符で囲みます)。

  4. 結合するテキストを含む次のセル (姓など) をクリックし、Enter キーを押します。

    名と姓のようなテキストを連結するには、=A2&" "&B2 を使用します。

    ヒント: 3 つ以上のセルのテキストを結合する場合、セルをさらに選択して、選択するごとに「&” “&」を入力します。結合するテキスト間にスペースを入れない場合、「&” “&」ではなく、「&」と入力します。コンマを入れる場合、「&”, “&」と入力します (コンマの後にスペースを入れ、両方を引用符で囲みます)。

    姓、名のようなテキストを連結するには、= B2&", "&A2 を使用します。

アンパサンド (&) の代わりに、CONCAT 関数を使用することができます。

使用例を新規のワークシートにコピーすると、計算結果を確認できます。

  1. 例の中で、"名" で始まり、最後の行の電話番号で終わるテキストを選びます。

  2. Ctrl キーを押しながら C キーを押して、文字列をコピーします。

  3. 空のワークシートのセル A1 を選んで、Ctrl キーを押しながら V キーを押します。

姓   

電話番号

弘穀

河田

555-1875 内線 2007

晃一

木原

555-2306

Jim

Hance

555-1896

Wendy

Wheeler

555-2307 外線705

関数

=CONCAT(A2," ",B2," ",C2)

結果:

河田弘穀 555-1875 内線 2007

前の表例の関数列にある数式は、CONCAT 関数を使用して列 A、B、C の 3 つのセルの内容を組み合わせます。関数では、組み合わせるセルまたは文字列をコンマで区切ります。文字列の間にスペースを追加するには、スペースを引用符 (" ") で囲んで含めます。数式の CONCAT 関数を見ると、A2 の内容にスペース、B2 の内容、もう 1 つのスペース、C2 の内容が組み合わされることがわかります。

ワークシートに例を貼り付けたら、D2 に含まれている数式をセル D3:D5 まで下方にドラッグして、これらのセルの内容を結合します。

注: 一部のブラウザーは、コピーした数式の前にアポストロフィ (') を配置します。これにより、Excel はそれらをテキストとみなします。貼り付けられた後で、数式が結果ではなくテキストとして表示される場合は、数式セルを選択し、F2 キーを押し、アポストロフィを削除し、Enter キーを押します。

CHAR 関数を使用して新しい行を挿入する、類似した使用例を次に示します。この結果は、宛名ラベルに適しています。

姓   

番地

都市

郵便番号

弘穀

河田

4567 Main St.

Buffalo

NY

98052

関数:

=CONCAT("The ",B2," Family",CHAR(10),C2,CHAR(10),D2,", ",E2," ",F2)

説明:

姓を "The" および "Family" という単語と結合し、さらに住所をそれに結合します。新しい行を挿入するには、Char(10) を使用します。新しい行を正しく表示するためには、セルを [折り返して​​全体を表示する] に設定する必要があります。

結果:

The Riley Family
4567 Main St.
Buffalo, NY 98052

CONCAT 関数と同様に、TEXTJOIN 関数を使用することもできます。TEXTJOIN 関数は、複数の範囲や文字列からのテキストを結合し、結合する各テキスト値の間に、指定した区切り記号を挿入します。区切り記号が空の文字列の場合は、範囲が連結されます。

都市

郵便番号

Tulsa

OK

74133

US

Seattle

WA

98109

US

Iselin

NJ

08830

US

Fort Lauderdale

FL

33309

US

Tempe

AZ

85285

US

end

,

,

,

;

関数

=TEXTJOIN(A8:D8,TRUE,A2:D7)

結果:

Tulsa,OK,74133,US;Seattle,WA,98109,US;Iselin,NJ,08830,US;Fort Lauderdale,FL,33309,US;Tempe,AZ,85285,US;end

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

関連項目

Excel の数式の概要

壊れた数式のエラーを回避する方法

数式エラーを確認して修正する

Excel のキーボード ショートカットとファンクション キー

文字列操作関数 (リファレンス)

Excel 関数 (アルファベット順)

Excel 関数 (機能別)

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×