複数のシートの同じ位置にあるセルまたはセル範囲に対する 3-D 参照を作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

複数のシートの同じ位置にあるセルまたはセル範囲を参照することを、3-D 参照と呼びます。3-D 参照は、同じ種類のデータを含む各ワークシートで同じパターンおよびセルを使用する複数のワークシート (たとえば、組織の異なる部門から予算データを集計するなど) を参照するときに役立つ便利な方法です。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

3-D 参照についてください。

3-D 参照についての説明を変更するときに、移動、コピー、挿入、またはワークシートを削除します。

3-D 参照を作成します。

3-D 参照の名前を作成します。

3-D 参照について

3-D 参照を使用すると、営業 (Sales)、人事 (HR)、およびマーケティング (Marketing) の 3 つの部門で予算配分を別のワークシートに合計することができます。このときに、次の 3-D 参照を使用します。

=SUM(Sales:Marketing!B3)

別のワークシートを追加し、数式が参照する範囲に移動することもできます。たとえば、"Facilities" ワークシートのセル B3 に参照を追加するには、次の例のように、"Sales" および "HR" ワークシート間で "Facilities" ワークシートを移動します。

別のシートを統合対象に追加する

数式にはワークシート名を使って範囲を指定した 3-D 参照 ("Sales:Marketing!B3") が含まれているため、新しい計算が行われる場合にこの範囲内のすべてのワークシートが計算対象として処理されます。

ページの先頭へ

ワークシートの移動、コピー、挿入、または削除による 3-D 参照の変化について

次の例は、3-D 参照に含まれるワークシートを挿入、コピー、削除、または移動したときの結果を示しています。この例では、ワークシート 2 ~ 6 (Sheet2 ~ Sheet6) の範囲にあるセル A2 ~ A5 を合計する数式 =SUM(Sheet2:Sheet6!A2:A5) を使います。

挿入とコピー     Sheet2 と Sheet6 (この例では両端のシート) の間にワークシートを挿入またはコピーすると、追加したワークシートのセル A2 ~ A5 に入力されている値も含めてすべての値が計算されます。

削除     Sheet2 と Sheet6 の間のワークシートを削除すると、削除したシートの値は除いて計算されます。

移動     Sheet2 と Sheet6 の間にあるワークシートを参照されているワークシート範囲の外に移動すると、移動したシートの値は除いて計算されます。

両端のシートの移動     Sheet2 と Sheet6 のいずれかを同じブック内の他の位置に移動すると、ブックの両端の順序を逆にした場合を除いて、移動後の Sheet2 と Sheet6 の間にあるシートの値が計算されます。両端の順序を逆にすると、3-D 参照は両端のワークシートを変更します。 たとえば、Sheet2:Sheet6: への参照があるとします。 ブックで Sheet2 を Sheet6 の後に移動すると、式は Sheet3:Sheet6 を示します。 Sheet6 を Sheet2 の前に移動すると、式は Sheet2:Sheet5 を示すように調整されます。

両端のシートの削除     Sheet2 または Sheet6 を削除すると、削除したシートの値は除いて計算されます。

ページの先頭へ

3-D 参照を作成する

  1. 関数を入力するセルをクリックします。

  2. = (等号)、関数名、左かっこの順に入力します。

    3-D 参照では次の関数を使用できます。

関数

説明

SUM

数値を合計します。

平均値です。

数値の (数学的な) 平均値を計算します。

AVERAGEA

数値、文字列、および論理値を含む値の (数学的な) 平均値を返します。

count

数値が含まれるセルの個数を返します。

COUNTA

空白以外のセルの個数を返します。

MAX 関数

値の集合に含まれる最大の値を返します。

MAXA 関数

数値、文字列、および論理値の集合に含まれる最大の値を返します。

MIN 関数

値の集合に含まれる最小の値を返します。

MINA 関数

数値、文字列、および論理値の集合に含まれる最小の値を返します。

製品

数値の積を計算します。

STDEV

母集団の標本を使って標準偏差を計算します。

STDEVA 関数

数値、文字列、および論理値を含む母集団の標本を使って標準偏差を計算します。

STDEVP

母集団全体の標準偏差を計算します。

STDEVPA 関数

数値、文字列、および論理値の母集団全体の標準偏差を計算します。

VAR

標本に基づいて母集団の分散の推定値 (不偏分散) を返します。

VARA 関数

数値、文字列、および論理値の母集団の標本を使って分散を返します。

VARP 関数

母集団全体の分散を計算します。

VARPA 関数

数値、文字列、および論理値を含む母集団全体の分散を計算します。

  1. 最初に参照するワークシートのタブをクリックします。

  2. Shift キーを押しながら、最後に参照するワークシートのタブをクリックします。

  3. 参照するセルまたはセル範囲を選択します。

  4. 数式の入力が終了したら、Enter キーを押します。

ページの先頭へ

3-D 参照の名前を作成する

  1. [数式] タブの [定義された名前] で [名前の定義] をクリックします。

  2. [新しい名前] ダイアログ ボックスの [名前] ボックスに、参照に使用する名前を入力します。名前には、255 文字まで使用できます。

  3. [参照範囲] ボックスで、等号 (=) と参照を選択してから BackSpace キーを押します。

  4. 参照する最初のワークシートのタブをクリックします。

  5. Shift キーを押しながら、最後に参照するワークシートのタブをクリックします。

  6. 参照するセルまたはセル範囲を選択します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×