複数のコンピューターで POP3 メール メッセージを読む

既定では、POP3 電子メール アカウントから新しいメッセージを取得すると、メッセージは POP3 メール サーバーから削除され、使用しているコンピューターに保存されます。メッセージは POP3 メール サーバーに存在しなくなるので、別のコンピューターからサーバーに接続しても表示できません。

POP3 電子メール アカウントの設定を変更することで、ダウンロードされた後にメッセージを削除するかどうかを選択できます。

POP3 メール メッセージをダウンロードする複数のコンピューター

1. 1 つ目のコンピューターから POP3 メール サーバーに接続するときに、メール メッセージを Outlook にダウンロードします。

2. 2 つ目のコンピューターから接続するときに、メール メッセージを Outlook にダウンロードします。

3. 3 つ目のコンピューターから接続するときに、メール メッセージを Outlook にダウンロードし、3 つ目のコンピューター上のアカウントの設定で [サーバーにメッセージのコピーを置く] チェックボックスが選択されていないため、サーバーから削除します。これは、ダウンロードされたメッセージを削除するように、コマンドが Outlook から POP3 メール サーバーに送信されます。これ以降、他のコンピューターが、POP3 メール サーバーからこれらのメッセージをダウンロードすることはできません。

ダウンロードしても POP3 メール サーバーからメッセージを削除しない

電子メール メッセージを読み込むだけで、長期的には保存しない各コンピューター上で、次の操作を行います。

  1. [ファイル]、[アカウント設定]、[アカウント設定] の順に選択します。

    backstage ビューの [アカウント設定]

  2. [電子メール] タブで POP3 メール アカウントを選び、[変更] を選択します。

  3. [詳細設定] を選択します。

  4. [詳細設定] タブの [配信] で [サーバーにメッセージのコピーを置く] チェックボックスをオンにします。

    [インターネット電子メール設定] ダイアログ ボックスの [詳細設定] タブの [配信] セクション

    指定日数が経過した後、コンピューターのアイテムを削除したとき、または [削除済みアイテム] フォルダーを空にしたときに、メール サーバーからメッセージを自動的に削除するかどうかを選ぶこともできます。これらの設定を使用して、インターネット サービス プロバイダー (ISP) が設定した最大メールボックス サイズを超えないようにすることができます。

注: ほとんどの ISP は、POP3 メールボックスのサイズ制限を設定しています。サーバーからアイテムを削除しないと、いずれは ISP から割り当てられた上限を超えます。上限を超えると、追加のメッセージを受信できなくなることがあります。また、追加料金が発生する可能性もあります。詳細については、ISP にお問い合わせください。

ダウンロードしても POP3 メール サーバーからメッセージを削除しない

電子メール メッセージを読み込むだけで、長期的には保存しない各コンピューター上で、次の操作を行います。

  1. [ツール] メニューの [アカウント設定] をクリックします。

  2. [名前] で変更する POP3 電子メール アカウントを選択し、[変更] をクリックします。

    注: プロファイルに Microsoft Exchange アカウントが含まれていない場合、メッセージはコンピューターの個人用フォルダー ファイル (.pst) に保存されます。ただし、プロファイルに Exchange アカウントと POP3 の両方の電子メール アカウントが含まれていて、既定の設定ですべての新しいメッセージを Exchange を実行しているサーバーのメールボックスに配信する場合、ダウンロードされた POP3 メッセージは Exchange アカウントに保存されます。各コンピューターで使用するプロファイルが Exchange メールボックスにアクセスできるものであれば、以前にダウンロードした POP3 電子メール メッセージを見ることができます。

  3. [詳細設定] をクリックします。

  4. [詳細設定] タブをクリックし、[配信] で [サーバーにメッセージのコピーを置く] チェック ボックスをオンにします。

    指定日数が経過した後、コンピューターのアイテムを削除したとき、または [削除済みアイテム] フォルダーを空にしたときに、メール サーバーからメッセージを自動的に削除するかどうかを選ぶこともできます。これらの設定を使用して、インターネット サービス プロバイダー (ISP) が設定した最大メールボックス サイズを超えないようにすることができます。

注: ほとんどの ISP では、POP3 メールボックスにサイズ制限を設定しています。サーバーからアイテムを削除しないと、アカウントは ISP から割り当てられたサイズを最終的に超えてしまい、それ以上メッセージの受信ができなくなり、追加で課金される可能性があります。詳細については、利用している ISP にお問い合わせください。

Exchange 受信トレイで POP3 電子メール メッセージを保存しない

プロファイルに Microsoft Exchange と POP3 両方のメール アカウントが含まれ、すべての新しいメール メッセージを Exchange メールボックスに配信するように既定の設定がなっている場合、両方のアカウントで受信したすべての新規メッセージは Exchange の受信トレイに保存されます。ダウンロードした POP3 メッセージは、独立した Outlook データ ファイルには保存されず、Exchange アカウントに格納されます。

POP3 のメール メッセージを Exchange アカウントのメール メッセージとは分けて保存したい場合は、POP3 メール アカウントの配信場所を個人用フォルダー ファイル (.pst) に変更できます。このようにすると、個人用メール アカウントなどの POP3 アカウントからのメッセージが、Exchange アカウントのメッセージと一緒に会社のサーバーに保存されるのを避けることができます。

  1. [ツール] メニューの [アカウント設定] をクリックします。

  2. [名前] で、変更する POP3 電子メール アカウントを選択し、[フォルダーの変更] をクリックします。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • 既存の .pst ファイルを使用する   

      個人用フォルダー ファイル (.pst) が既に存在する場合は、そのファイルを使用できます。.pst ファイルは、名前を変更していない限り、既定で "個人用フォルダー" と表示されます。

      1. POP3 電子メール アカウントに送信される新しい電子メール メッセージを保存する、.pst ファイル内のフォルダーを選択します。

      2. [OK] をクリックし、[アカウント設定] ダイアログ ボックスで [閉じる] をクリックします。

    • 新しい .pst ファイルを作成する   

      1. [新しい Outlook データ ファイル] をクリックします。

      2. 任意の .pst ファイルの種類を選択し、[OK] をクリックします。

        Outlook 2002 以前のリリースの .pst ファイルを使用する必要がない限り、[Office Outlook 個人用フォルダー ファイル (.pst)] を使用してください。

      3. [ファイル名] ボックスに .pst ファイルの名前を入力し、[OK] をクリックします。

      4. [Microsoft 個人用フォルダーの作成] ダイアログ ボックスの [名前] ボックスに、Outlook のナビゲーション ウィンドウに表示する名前を入力し、[OK] をクリックします。

        [Microsoft 個人用フォルダーの作成] ダイアログ ボックス

        個人用フォルダー ファイルの名前には、Outlook のナビゲーション ウィンドウに表示する名前を付けることをお勧めします。複数の .pst ファイルを使用して作業する場合は、.pst ファイルの表示名を "個人用フォルダー" から他のわかりやすい名前に変更すると、異なる Outlook データ ファイルどうしを区別するのに役立ちます。

        必要に応じて、データ ファイルにパスワードを追加できます。

        パスワードの文字数は 15 文字までです。

        パスワードには、大文字、小文字、数字、記号を組み合わせた複雑なものを使用してください。これらの文字を混在させたものになっていないパスワードは強力とは言えません。たとえば、House27 は Y6dh!et5 に比べ、推測されやすいパスワードと言えます。長さは 8 文字以上にする必要があり、理想は 14 文字以上のパス フレーズです。

        パスワードは忘れないようにしてください。パスワードを忘れた場合、マイクロソフトでパスワードを回復することはできません。紙に記録したパスワードを、保護する必要がある情報から離れた安全な場所に保管してください。

        重要: マイクロソフト、インターネット サービス プロバイダー (ISP)、電子メール管理者のいずれも、このパスワードにはアクセスできません。

        [パスワードをパスワード一覧に保存] チェック ボックスをオンにした場合は、他のコンピューターでこの .pst を開く場合に備えて、パスワードを書き留めておいてください。このチェック ボックスは、使用する Microsoft Windows ユーザー アカウントがパスワード保護されていて、自分のコンピューター アカウントに他のユーザーがアクセスできない場合に限り選択してください。

      5. [新しい電子メール配信場所] ダイアログ ボックスの [OK] をクリックし、[アカウント設定] ダイアログ ボックスの [閉じる] をクリックします。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×