複数のコントロールに値を追加する

この記事の内容

概要

式ボックスを使って複数のコントロールに値を追加する

テキスト ボックスを使って複数のコントロールに値を追加する

概要

フォーム テンプレートに、値を追加するコントロールが複数ある場合、計算を実行する式ボックスまたはテキスト ボックスを利用できます。たとえば、イベントに参加する大人の人数をユーザーが入力するテキスト ボックスと、参加する子供の人数を入力するテキスト ボックスが含まれるフォーム テンプレートがあるとします。この場合、イベントの合計参加人数を自動計算する 3 つ目のコントロールを追加できます。

InfoPath フォームの 2 つのコントロールに値を追加する

計算の結果だけを表示し、計算の結果を他の計算で使用しない場合は、式ボックスを使用して、計算を実行します。式ボックスは、データを保存せず、表示するだけです。計算の結果を別の計算で使用する場合は、テキスト ボックスを使用します。

繰り返しテーブルまたは繰り返しセクションに値の列を追加する方法のリンクについては、「関連項目」セクションを参照してください。

式ボックスを使って複数のコントロールに値を追加する

  1. 式ボックスを挿入する位置にカーソルを置きます。

  2. [挿入] メニューの [コントロールの選択] をクリックします。

  3. [コントロール] 作業ウィンドウの [詳細設定] で、[式ボックス] をクリックします。

  4. [式ボックスの挿入] ダイアログ ボックスで、[XPath] ボックスの横の [数式の編集] ボタンの画像 をクリックします。

  5. [フィールドまたはグループの挿入] をクリックします。

  6. フォルダー ツリーで、値を追加する最初のフィールドをダブルクリックします。

  7. [数式] ボックスにプラス記号 (+) を入力します。

  8. [フィールドまたはグループの挿入] をクリックします。

  9. フォルダー ツリーで、値を追加する 2 つ目のフィールドをダブルクリックします。

  10. 追加するその他のフィールドについて、手順 7 から 9 を繰り返します。

  11. [OK] を 2 回クリックします。

フォーム テンプレートに式ボックスが追加されます。

テキスト ボックスを使って複数のコントロールに値を追加する

注: リッチ テキスト ボックスを使うと、数値の計算を実行できます。手順は、テキスト ボックスの使う場合とよく似ています。ただし、数値の計算にテキストは含まれないため、通常のテキスト ボックスではなくリッチ テキスト ボックスを使う実際の利点はありません。

  1. テキスト ボックスを挿入する位置にカーソルを置きます。

  2. [挿入] メニューの [テキスト ボックス] をクリックします。

  3. フォーム テンプレートで、追加したテキスト ボックスをダブルクリックします。

  4. [データ] タブをクリックします。

  5. [既定値] の下で、[数式の編集] ボタンの画像 をクリックします。

  6. [フィールドまたはグループの挿入] をクリックします。

  7. フォルダー ツリーで、値を追加する最初のフィールドをダブルクリックします。

  8. [数式] ボックスにプラス記号 (+) を入力します。

  9. [フィールドまたはグループの挿入] をクリックします。

  10. フォルダー ツリーで、値を追加する 2 つ目のフィールドをダブルクリックします。

  11. 追加するその他のフィールドについて、手順 7 から 9 を繰り返します。

  12. [OK] を 2 回クリックします。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×