複合データを表示するための組み合わせグラフ

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

複合グラフ

複合グラフ複合グラフでは、グラフにさまざまな種類の情報が含まれていることを強調するために、2つ以上のグラフの種類を使います。上の例のグラフでは、1つのデータ系列 (射影) が縦棒グラフの種類として、もう1つは線として表示されています。この種類のオーバーレイ効果を作成するには、グラフ内の1つ以上のデータ系列のグラフの種類を変更します。

第 2 軸を持つ複合グラフ

第2軸さまざまなデータ系列の値の範囲が大きく異なる場合や、データの種類が混在している場合は、 1 つ以上のデータ系列を第2値 (y) 軸にプロットすることができます。第2軸の目盛は、関連付けられた系列の値を反映します。上の例のグラフでは、左側の y 軸に販売された家の数が示され、右の y 軸に平均価格が示されています。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×